あなたのおすすめの新連載を教えてください

新連載ランキング

Twitterのシェア数を集計して、毎朝9時に更新!

話題の新連載

やまげん 〜イマ、ココにいます。〜

やまげん 〜イマ、ココにいます。〜

いわみせいじ(著者)

【あらすじ】東日本大震災から1年間で宮城県石巻市に関わったボランティアはなんとのべ28万人に及んだという。ボランティアの多くの力が復興支援の支えになり、そして人々の気力の支えになった。そんなボランティアの一人に、復興自立支援のため、浜と人々を繋ぐプロジェクトを企画した『やまげん』がいた-。●プロフィール:漫画家・大阪芸術大学客員教授。1960年和歌山県海南市生まれ。1981年『まんがタイム』誌において新人賞受賞後『おーい!ダンくん』連載開始。2000年、韓国・済州道での「ジャパンフェスティバル」にて2週間で2000人の似顔絵を描くなど国際的にも活躍。訪問国はイギリス、ドイツ、南アフリカなど10数ヵ国に及ぶ。2010年、文化庁より“平成22年度文化交流使”の指名を受け1年間、海外で活躍。現在、国内外で漫画ワークショップ、特別講義、漫画ライブショー等、幅広く広く活動天満天神繁昌亭、神戸喜楽館、動楽亭…等、寄席に出演。ABCテレビ「正義のミカタ」のイラストを担当。代表作:『浪速泣く友タイガース』(まんがスポーツ)、『写漫スープレックス』(ビッグコミック)、『ボンちゃん』(大阪新聞)、『ダボ助くん』(サンケイスポーツ) 等。日本漫画家協会会員、マンガジャパン会員、関西演芸協会会員

ヒーローズ・カムバック

ヒーローズ・カムバック

ゆうきまさみ 島本和彦 藤田和日郎 高橋留美子 細野不二彦 石森プロ 椎名高志 荒川弘 かわぐちかいじ 吉田戦車 石ノ森章太郎

「ヒーローズ・カムバック 3.11を忘れないために」とは…大震災後、被災地でのサイン会に参加したり漫画単行本を送ったりと、チャリティー活動を経験した細野不二彦先生が、「漫画家なら漫画を描くことで貢献したい」との思いから、大震災からの復興支援と「3.11を忘れない」ために、かつての人気キャラクターたちが復活するという企画を提案。その思いに賛同した8人の人気漫画家たちにより、ビッグコミックスピリッツ・少年サンデー・ゲッサンのコミック3誌に『ギャラリーフェイク』『サイボーグ009』『うしおととら』『犬夜叉』『銀の匙SilverSpoon』など、大ヒット作の新作読み切り8作品が掲載されました。この復興支援読み切りシリーズ「ヒーローズ・カムバック」と、2012年3月発売のビッグコミックに掲載された震災を題材にしたかわぐちかいじ先生の『俺しかいない〜黒い波を乗り越えて〜』を併載して2013年に単行本化したのが「ヒーローズ・カムバック 3.11を忘れないために」です。本書は、その必要経費を除くすべての収益と印税を寄付することで、復興支援の輪を広げるためのアンソロジー集です。※期間限定の特別企画となります。※掲載内容は当時の情報となります。