よしとおさま!

四位晴果/著

12歳のとき唯一の肉親である母が死に、ひとりでハングリーに生きてきた藤善透。高校生活初日、彼が自転車で学校に向かっていると、水たまりにさしかかった所で突如、金髪の男が目の前に飛び込んできた! 避けられずに轢いてしまった善透は、あたり屋と思って逃げようとするが、その男は善透のことを「我が主」と呼び、水たまりから善透を守るための行動だったと告げ…!?

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

タグからマンガを探す