エマ

森薫/著

既刊10巻

貴族ウィリアム・ジョーンズはかつての家庭教師、ケリー・ストウナーを久方ぶりに訪ねた。そこで眼鏡をかけた聡明なメイド、エマと出会い、徐々にふたりは惹かれ合う……ヴィクトリア朝の英国ロンドンを舞台に、伝統と革新のブリティッシュロマンスが始まる!
新刊情報
最新刊 10巻
2014年02月14日

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

エマは、「生き方」について考えさせられる漫画です。 主人公のエマはメイド、もう一人の主人公のウィリアムスは大金持ちのジェントリ。 階級社会が色濃く残るイギリスで、二人は身分違いの恋に落ちます。 登場人物の立場はさまざま。 貴族、資産家、使用人、メイド、料理人、花売り、家庭教師、オペラ歌手、インドの王子、ドイツのメイドなど、多様な身分と価値観を持った人たちが出てきます。 そして、この漫画の最大の特徴は、こういった大きな生まれの差のある彼らが、何の垣根もなしに理解し合える、触れ合える世界観であることです。 エマは物語の途中、ドイツ出身の資産家に雇われることになり、ドイツ人とイギリス人が混じったお屋敷で、個性豊かな登場人物と友情を深めていきます。 歴史的にはドイツとイギリスは、その後戦争状態になりますが、この世界において、ドイツ人とイギリス人は精神的に常に平等で、尊重しあっています。 これは、国に限らず、メイドと資産家、イギリスの資産家とインドの王子、などなど、大きく見れば複雑な背景を抱える両者が、人と人同士の付き合いにおいて平等な世界観が描かれています。 この立場だから偉い。この身分だから偉い。この職業だから偉い。といった価値観はこの世界にはなく、登場人物一人一人の幸福感が丁寧に描かれ、また尊重されているのです。 自分の幸福とは何か、生きていく意味はなにか、あまり深く考える意味はないのかもしれません。 ただ、この作品を読むと、そんな自分の小さな生き方の指針を大事にできると思います。 作者の森薫さんの優しさと、極限までこだわった絵作りが堪能できる名作です。ぜひ一読してみてください。

2019年09月03日

同じ作者のマンガ

このマンガを読んでいる人はこんなマンガも読んでいます

ふらいんぐうぃっち

木幡真琴(こわた・まこと)、15歳。青森で魔女はじめました。――黒猫のチトと一緒に横浜からやってきた真琴は、青森の親戚の家で暮らしはじめました。実は彼女は魔女。今はまだ空をとぶくらいしかできないけれど、またいとこの圭(けい)や千夏(ちなつ)たちと毎日げんきに暮らしてます。

山賊ダイアリー

現役猟師、兼マンガ家。岡本健太郎(おかもと・けんたろう)による狩猟&ジビエ(野生肉)喰い実録日誌。ウサギの唐揚げ、カモのロースト、カラスの焼き鳥etc、山グルメ満載! 山で迷ったときの心得などサバイバル術も満載! 都会を離れ、故郷に戻った男は山に遊び、お気に入りの空気銃「エースハンター」と自作の罠を手に、今日も鳥や獣と勝負する。鳥羽僧正よ、刮目せよ! これぞ二十一世紀の鳥獣戯画だ!(※最後の二文は内容とは関係ありません念のため)

魔法使いの嫁

少女を金で買ったのは、ヒト為らざる魔法使い――……。羽鳥チセ15歳。身寄りもなく、生きる希望も術も持たぬ彼女を金で買ったのは、ヒト為らざる魔法使いだった……。新進気鋭の作家が描く、英国を舞台にした異類婚姻幻想譚が堂々、開演!

刻刻

佑河樹里(ゆかわ・じゅり)は失業中の28歳。家では父・貴文(たかふみ)と兄・翼(つばさ)、じいさん三代のダメ男がヒマを持て余している。ある日、甥・真(まこと)が翼とともに誘拐される。身の代金を渡す期限に間に合わなくなった時、じいさんは佑河家に代々伝わるという「止界術」を使い、世界を“止めた”。 だがあり得ないことに、救出に向かった先で樹里たちは自分たち以外の“動く”人間に襲撃される。そしてパニックの中、異形の存在「管理人」が現れ…

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

タグからマンガを探す