シュトヘル

伊藤悠/著

既刊14巻

見知らぬ時代、見知らぬ国の戦場。その凄惨な光景を毎夜、夢に見る高校生の須藤。ある日、楽器の工場である彼の家に、転校生の鈴木さんが訪ねてくる。彼女がその場で馬頭琴を奏で“シュトヘル”と唱えた途端、須藤は時空を越え、夢で見た国の女戦士に姿を変えていた。そして目の前には、鈴木さんに瓜二つの少年が。その少年は須藤に“シュトヘル”と呼びかけ…。
新刊情報
最新刊 14巻
2017年05月12日

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

現代の高校生が13世紀にタイムスリップして、モンゴル軍から「文字」を守る物語です。 現代日本の高校生、須藤はあるきっかけで意識が過去に飛び、気がつくと13世紀初めの西夏で女戦士の体を借りていました。 混乱する須藤を助けてくれた少年は言います。「もうすぐモンゴルがこの西夏を滅ぼす。そして西夏の文字を地上から消すだろう」 その少年の名はユルール。モンゴル軍に属する一族の王子でしたが、西夏文字を守るために味方を裏切りました。 須藤はユルールと共に、モンゴル軍から文字を守るための旅に出ます。 モンゴル軍とのバトルが熱いとか、登場キャラがそれぞれ信念あって魅力的とか、いろいろ面白ポイントはあるんですが、僕が紹介したいのは次の一点! 「文字と人間の関わり」という歴史そのものみたいな題材が描かれてることです! ざっくり説明すると「文字を守ることは過去を守ること」ってことだと思ってます。 文字は過去を記録することができて、たとえ人が忘れても「誰々がここにいた」という情報をずっと残してくれる。 もしも文字がなかったら、人に忘れられた人や物はもう未来に知られることはない。 だから文字を守ることは過去を守ることに等しい。 ってことだと思います! 少しとっつきにくい話かもしれませんが大丈夫です。 伊藤悠先生の繊細かつ迫力のある絵とストーリーでものすごくドラマチックに表現されてるので、胸スッと入ってきます! 歴史モノが好きな人はもちろん、バトルが熱いのでアクションが好きな人、そして何よりも本やマンガや映画など、誰かがつくった「情報記録」が好きな人はきっと心に刺さるものがあるはずです!!

2019年09月10日

同じ作者のマンガ

このマンガを読んでいる人はこんなマンガも読んでいます

双亡亭壊すべし

大正時代より、東京・沼半井町に傲然とそびえ立つ奇怪な屋敷、名を「双亡亭」。立ち入った先で闇と出会ってしまったら、もはや己は己でなくなるだろう。遺恨を辿る者達はその門戸へと導かれ、集い、挑む。おぞましき屋敷を破壊する為に…!!

マージナル・オペレーション

ラノベやゲームを愛好するニート・新田良太(あらた・りょうた)。7年続けたニートの立場に耐えかね一念発起、ネットで見つけた外資系軍事企業PMSCsの好条件に魅力を感じ出来心で応募するが……。30歳ニート、異国で知る世界の現実に震える! 『ガンパレード・マーチ』の芝村裕吏が描く人気小説に、気鋭のイラストレーター・キムラダイスケが挑む! これまでのミリタリーアクションとは一線を画す、このうえなくリアルな戦場成長シリーズが開幕!

宝石の国

今から遠い未来、宝石のカラダを持つ28人は、彼らを装飾品にしようと襲い掛かる月人に備えるべく、戦闘や医療などそれぞれの持ち場についていた。月人と戦うことを望みながら、何も役割を与えられていなかったフォスは、宝石たちを束ねる金剛先生から博物誌を編むように頼まれる。

無限の住人

父を殺し、母を攫(さら)った剣客集団『逸刀流(いっとうりゅう)』に復讐を誓う少女・浅野 凜(あさのりん)は、「百人斬り」の異名を持ち、己の身体に血仙蟲(けっせんちゅう)という虫を寄生させることで不死の肉体を持った剣士・万次(まんじ)を用心棒として雇い、逸刀流の統主である宿敵・天津影久(あのつかげひさ)を追う旅を始める――。

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

タグからマンガを探す