デス・オブ・キャプテン・アメリカ

エド・ブルベイカー著 スティーブ・エプティングイラスト マイク・パーキンスイラスト ブッチ・ガイスイラスト ロバート・デ・ラ・トーレイラスト 秋友克也翻訳 石川裕人翻訳 近藤恭佳翻訳

既刊0巻

超人登録法の是非を巡る対立は、ついにヒーロー同士の内戦=シビル・ウォーへと発展した。 登録法反対派を率いるキャプテン・アメリカは、アイアンマンら、圧倒的な戦力を誇る支持派に対し、ゲリラ戦を仕掛けるも、人々の命を守るという己の使命を見失っていた事を悟り、自らマスクを脱いで投降した。 ここにシビル・ウォーは集結し、全超人は政府の管理下に置かれる事となったのである。 キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースの初公判が迫る中、行動を開始する地下に潜った反対派達。 だが、これを好機と見たのは、彼らだけではなかった……。 自由のシンボルたるキャプテン・アメリカの死を描き、全米に衝撃を与えた話題作。 『シビル・ウォー』の衝撃が冷めやらぬ中、前後編で刊行開始!

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿