ピーナッツバターサンドウィッチ

ミツコ / 著

29歳、がけっぷちアラサーOL4人の婚活奮闘記。女性誌withの公式WEBサイトで不動の人気ナンバー1を誇る大人気連載を電子書籍化。連載開始からの累計PVは驚異の5000万PV!!! with読者へのアンケートや、座談会を元にしたリアルなOLの婚活エピソード、お役立ちな婚活情報を盛り込んだ共感度満点の婚活マンガ! 実際いい男がいる婚活アプリって? 婚活パーティーって実際どうなの? 長く付き合った彼とのマンネリ解消法は?? リアルデータとマンガのコラボレーションでお届け! 努力すれば何でも手に入ると思っている、バリキャリOL沙代。誰もが振り向く美貌の高嶺の花なのに、どこか陰のある秘書、茜。求められるとすぐ応じてしまう、自己評価の低すぎる信用金庫OL美和。長すぎる交際に、結婚への希望も薄まっていく看護婦、美晴。共感度満点のストーリーに、読者取材から導き出した、最新婚活トレンドがてんこ盛り!

作品概要

『ピーナッツバターサンドウィッチ』は4人のタイプの異なる婚活女子に焦点を当てた婚活恋愛マンガで、作者のミツコ先生により2017年11月27日からWith onlin(女性ファッション誌「With」公式サイト)にて大人気連載中です。

2020年4月にはMBSのドラマ特区にて矢作穂香さん、伊藤健太郎さんのダブル主演でテレビドラマ化もされました。略称はピナバタ、PBSなど。

あらすじ

「女性は結婚して当たり前」そんな古い価値観の時代は去り、女性の人生の選択の幅が大きく広がった現代でも様々な理由で結婚を願う女性は多くいます。王子様はガラスの靴を持って現れてはくれない。そんな20代の魔法が解け始める29歳という年齢は、こと"婚活女性"にとって「20代女性」から「30代女性」というカテゴリーに変わる重要なターニングポイントと言われています。

バリキャリOLの沙代、交際6年目の彼氏と同棲中看護師の美晴。自己評価が低くセフレ体質の美和、美人秘書で謎の多い茜。商社マンに合コンをドタキャンされた4人は、沙代の提案でビジネス街のナンパスポットである”銀座コリドー街"に繰り出すことに。

そしてなぜか、そんな4人を尾行する不穏な影がありました…

コリドー街での女子会がお開きになった後、沙代と茜は西麻布のバーへ向かうのですが、そこで紗代は思いがけない人物と再会することに。一方帰宅した美晴は、家事もせずにスヤスヤ眠る同棲中の彼氏を見ながら「このままでいいのかな…」そんな風にため息をこぼしていたのでした。

作品の魅力

📝現実のアンケートの結果を反映?!

『ピーナッツバターサンドウィッチ』の魅力は何といっても共感必至のリアルさです。

例えば、マッチングアプリのハウツーについて美和が説明するシーンや、茜の婚活パーティや合コンで使えるテクニックは目から鱗が落ちるような詳しさ。また、作中で登場する様々な婚活女子に関する調査報告書の内容がとってもリアル。その秘密はなんと、実際の「With」読者アンケートや座談会でのエピソードがストーリーの中に組み込まれているからなんです!

・マッチングアプリに潜む年上男性の実態についてのエピソード
・恋人と長く付き合って別れた理由のエピソード
・浮気したことがあるかどうか、またその時のエピソード
・セックスについて、レスの解消方法やパートナーへの不満エピソード
などなど

思わず「リ…リアル…」と口に出してしまいそうな赤裸々なエピソードが満載。気になる結果は是非、本編で確かめてみて下さい!

🔎婚活女子を研究調査する謎の組織ピーナッツバターサンドウィッチーズ

本作では4人の主人公の他に忘れてはならない要素が存在します。それが、謎の政府機関ピーナッツバターサンドウィッチーズ。3名の構成員から成るその組織は、婚活女子に焦点を当てて研究・サポートを行うことを目的として登場します。彼らは物語の中で4人の女性たちを追いかけながら、時には読者と同じ目線で彼女たちを見守り、現実世界のアンケート結果を調査報告書として扱うことで我々読者と物語の世界の橋渡し役となってくれているのです!

彼らは、基本的に調査対象(沙代、美晴、美和、茜、また彼女らと深くかかわる人物)への接触は基本的に禁止されています。しかし、調査のための尾行や潜入捜査など常に彼女らの周りで活動するうち様々なハプニングも起こってしまうもの!

果たして無事にその役目通り4人を幸せな結婚へ導くことが出来るのか。そんなピーナッツバターサンドウィッチーズの活躍も見逃せません。

登場人物

🔎ピーナッツバターサンドウィッチーズ(政府機関"PBS")

・椿

ピーナッツバターサンドウィッチーズの新人研究員。ピュアで真っすぐな性格ゆえに頑固な一面も。また女性で調査対象と年齢が近い為、婚活パーティなど潜入捜査も行う。

・小林

ピーナッツバターサンドウィッチーズのブレーン的存在。データ至上主義者で分析を得意とするが、人の感情には少し疎い部分もある。長身で眼鏡をかけており寡黙な性格だが、お人好しで面倒見の良い一面も。

・権田所長

ピーナッツバターサンドウィッチーズの所長。ふざけた言動や行動をしているようだが、婚活女子の生態や恋愛事情に精通しており的を得た発言も多い謎の人物。無類のピーナッツバターサンド好き。

👗4人の主人公(29歳婚活女子)

・沙代

大手IT企業で働くバリバリのキャリアウーマン。20代を仕事に捧げ、同世代女性の平均よりも高収入。結婚相手に求める条件は高望みしていないつもりだが、そもそも自分が求める「普通」の基準が高いことに気づいていない。自信家で自分の意見をはっきり主張する性格。たまに美晴と衝突することもあるが、美晴からの深夜の呼び出しに駆けつけるなど基本的に仲が良い。

口癖は「普通でいい」

・美晴

看護師で現在は6年交際している彼氏と同棲中。29歳になっても一向にプロポーズされる気配もなく焦る日々を送っている。散々待ち続けた末にプロポーズされぬまま破局してしまったら…ということに恐怖を感じており、沙代たちと合コンに参加したりマッチングアプリに興味を持ったりと新しい出会いに積極的に動き始めている。

口癖は「このままでいいのかな?」

・美和

信用金庫勤務のOL。自分に自信がなく、相手に認めてもらおうと要求に何でも答えてしまうことから都合の良い扱いを受けやすいセフレ体質。現在好意を寄せている男性とも真剣交際に至らず悩んでいる。日常的にダイエットをしており小食、レオという猫を飼っている。

口癖は「喜んでくれるかな」

・茜

社長秘書。華やかなルックスから男性からかなりモテるのでそれなりに自信もありプライドも高い。また女子会の席でも「お金持ちにしか興味ないもん」と宣言するほど好みのタイプがはっきりしている。歴代の恋人やデートの相手は軒並みハイクラスな男性ばかりだが交際は長く続かない。六本木や西麻布などのバーに詳しい。

口癖は「つまらない人生なんて罪だと思う」

実写化情報

2020年4月よりMBS他、各テレビ局にて実写ドラマ化された本作。婚活女子たちの繊細な心理描写が、実写化でよりリアルで魅力的に!

With onlineの記事でミツコ先生のドラマ化が決まった時のインタビューが掲載されています!
👉With online ドラマ化決定記事はコチラ
👉ドラマ公式HPはコチラ
👉ドラマ公式Twitterはコチラ

制作スタッフ・キャスト情報

監督:椿本慶次郎、山岸一行
脚本:伊達さん、下田悠子
制作:ソケット
製作:「ピーナッツバターサンドウィッチ」製作委員会・MBS

椿:矢作穂香
小林:伊藤健太郎
権田所長:伊藤修子

片桐沙代:堀田茜
森本美晴:瀧本美織
山下美和:筧美和子
松岡茜:Niki

時田優斗:奥野壮(O-AOX)
田中涼太:佐藤流司
金子慎:吉田仁人(M!LK)
青木晴空:濱正悟
濱尾ノリタカ:五十嵐修
津田健二:一ノ瀬竜
笹山巧:忍成修吾

主題歌

・オープニング主題歌
「Shekebon!」ビッケブランカ(avex trax)
・エンディング主題歌
「I JUST WANNA BE A STAR」植田真梨恵(GIZA studio)

出演キャストが「Shekebon!」に合わせてダンスする特別映像はコチラ!

作者情報

マンガ家、イラストレーターとして活躍する作者のミツコ先生はInstagramやTwitterなどSNSでの活動も精力的に行われています。特に多くの女性が関心のあるコスメや美容や料理といったコンテンツをレポマンガとして多く投稿されており、読者が知りたいと思うツボを盛り込みながらマンガで分かりやすく伝えてくれる愛ある投稿はどれも必見です。

また、『ピーナッツバターサンドウィッチ』の他にもWith onlineの中で2本の連載作品をお持ちです。

💄ミツコスメ
ミツコ先生の心をときめかせる珠玉のコスメや愛用品を溢れんばかりの愛と情熱で紹介するコスメレポマンガ。先生が本気で良い!と思ったものだけを紹介されています。

🍋おみつごはん
人生で何回「おいしい!」と思えるかが勝負。そんな食べることも大好きなミツコ先生が、日常の中で感じたとっておきの「おいしい」を届けれくれるごはんマンガ。今後は先生のお気に入りのお店の紹介レポも予定されています。

・ミツコ先生の公式SNSアカウントはコチラ!
👉Instagramアカウント
👉Twitterアカウント
👉noteアカウント
👉Pixivアカウント
👉Blog(羊男のドーナツ)アカウント

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

タグからマンガを探す