ブルーロックベストシーン総選挙

『ブルーロック』推しストライカーのベストシーンに投票しよう!

『ブルーロック』第10巻発売記念企画!124万票投票された推しストライカー総選挙の上位11名による本選企画!あなたの推しストライカーのベストシーンに投票して描き下ろし色紙がもらえるチャンス!投票期間中は何回でも投票OKというエゴイズムあふれるルール!

参加方法

11人の推しストライカーたちの、ベストシーンの中から、あなたのイチオシのシーンに投票してね!アツいシーンに投票するも良し、推しキャラのシーンに投票するも良し!

さらに投票結果をシェアすると、ノ村優介先生による描き下ろし色紙が当たるチャンス!

※投票期間:2020/09/16(水)〜09/30(水)

ログイン・新規会員登録は不要です

ブルーロックってどんなマンガ?

2018年、W杯、日本代表ベスト16敗退…。これを受け日本フットボール連合は、W杯優勝のため、300人の高校生を集めた育成寮“青い監獄(ブルーロック)”を設立。コーチを務める男・絵心甚八は、日本に必要なのは「エゴイズムにあふれるストライカーだ」と断言。無名のFW・潔 世一たちは、己をエゴイストに変える蹴落とし合いの選別に挑む!

「絶対王者の逆鱗!ナンバー1の支配的プレーが今、始まる…」

推しストライカー総選挙1位:糸師 凛

一度勝利を収めたことがある上に、ぬるいとまで罵った相手に出し抜かれた凛。常に冷静だった凛が初めて熱くなる。青い監獄でナンバー1を走り続ける凛の本気のプレー、戦場の支配が今、始まる…

(第9巻76話「もう戻れない」)

「支配的傀儡サッカー!敵も味方も彼の手の平で踊り続ける」

推しストライカー総選挙1位:糸師 凛

白熱する4thステージバトル。驚異的な先読みを発揮する潔をはじめ、敵も味方も限界を超えたプレーを見せていたが、そのすべては凛の手の平の上だった…。戦場に立つ者は等しく彼の操り人形と化す!

(第10巻77話「本気」)

「正々堂々のスーパーヒーロー ぶれない想いで世界一を夢見る…」

推しストライカー総選挙2位:國神 錬介

潔のアシストにより得点を挙げることができた國神。潔にパスのお礼を伝えると、サッカーをする理由をきかれ、子どもの頃から憧れたストライカーというスーパーヒーローへの夢を語る。恥ずかしいことなんて何もない!

(第2巻9話「スーパーヒーロー」)

「スーパーヒーロー覚醒の瞬間!」

推しストライカー総選挙2位:國神 錬介

二次選考進出を賭けたチームVとの試合。勝利のために”進化”を模索する國神だったが、得意のミドルシュートを警戒する敵に対して攻めあぐねる。そんな中、潔からの激励を受け、今の自分のレベルを超えたロングシュートを放つ。

(第4巻29話「進化の一閃」)

「エゴイストが魅せた執念のルーズボール!」

推しストライカー総選挙3位:雷市 陣吾

DFにはばまれボールがコート外に出そうなところを、異常なスタミナで執念のボールキープ。自分のゴールにこだわっていたエゴイストの雷市がチームの勝利のために泥臭く貢献したシーン。

(第5巻36話「いまここにある」)

「裏切者への制裁。許しの正拳が火を噴く!」

推しストライカー総選挙3位:雷市 陣吾

チームVとの戦いになんとか勝利を収め、次のステージにコマを進めたチームZは歓喜する。そんな中、喜びの輪に入ることができない裏切り者の久遠に対する渾身の一発。男気溢れるこの正拳に仲間も許さざるを得なかった。

(第5巻38話「もっと」)

「「絶体絶命」こそワクワクの舞台!蜂楽、覚醒スタート」

推しストライカー総選挙4位:蜂楽 廻

チームV戦、相手チームの3人の圧倒的な攻撃により、一気に3点を奪われ絶望的な局面に。戦意喪失する選手たちの中、ただひとり、蜂楽だけは状況を楽しんでいた。スーパースペシャルにはスーパースペシャルをと、蜂楽が個人技でゴールを狙う!

(第4巻28話「スーパースペシャル」)

「初期衝動に従って自らがかいぶつとなる」

推しストライカー総選挙4位:蜂楽 廻

幼い頃から染み付いている、空想のかいぶつを探すサッカー。しかし、それでは潔・凛の2人には追いつけないこと、空想のかいぶつは今や呪縛であることを蜂楽は悟る。呪縛を解き、自らがかいぶつとなった蜂楽が、3連続の股抜きを決めて一人でゴールを狙う!

(第10巻84話「初期衝動」)

「引き分けなんてありえねぇ 決意の瞬間!」

推しストライカー総選挙5位:御影 玲王

試合時間残り3分。スコアは同点。無理に攻めずにボールを回していれば負けることはない。そんな状況でも玲王には相手チームを”潰す”以外の選択肢はない。エゴイスト同士のぶつかり合い、クライマックス!

(第5巻35話「ラストチャンス」)

「待ちわびた復讐の決戦!奪還への熱き想いが溢れ出す」

推しストライカー総選挙5位:御影 玲王

凪の才能に惚れ込みサッカーを教えた玲王は、凪を宝物のように思っていた。しかし、「潔とサッカーがしたい」と凪に見捨てられてしまう。潔から凪を奪い返そうと復讐に燃える玲王は、闘志を剥き出しに潔との戦いに挑む。

(第8巻59話「三者融合」)

「友との離別 そして更なる高みへ…」

推しストライカー総選挙6位:凪 誠士郎

3人1組を作ることから始まる2ndステージ。潔との戦いで初めて悔しさを味わった凪は、潔とサッカーをするため、これまで共に歩んできた玲王との関係を断ち切り、次のステージへ進む。

(第6巻43話「3人1組」)

「怠惰な天才が魅せた進化の必殺技」

推しストライカー総選挙6位:凪 誠士郎

個人技中心だったTOP3+蜂楽チームの進化を見て、更なる進化を渇望する凪。凛とのマッチアップで自身の武器である「トラップ」を進化させた新必殺技「二段式空砲直蹴撃」を炸裂させる。

(第9巻76話「もう戻れない」)

「俺こそがストライカー!俺こそがエゴイスト!!」

推しストライカー総選挙7位:潔 世一

チームY戦の終盤。潔に似たプレーをする二子はチャンスの場面でシュートではなくパスを選択する。そのパスを読みボールを奪った潔は、俺はストライカーだと言わんばかりの強烈なシュートをゴールにぶち込む。

(第2巻13話「生まれ変わるのは」)

「天才ゆえの死角 潔がついに凛を喰う!」

推しストライカー総選挙7位:潔 世一

凛が自分を読み切っていると気づいた潔。自分の思い描いた未来の決定機を、凛ならば潰してくると仮定した。そして最終局面、潔は一度シュートを撃たずに凛の最後の一歩を出させ、反転し、ヒールでボールをゴールに突き刺した。

(第10巻81話「最終行動(ラスト・アクション)」)

「復活のレッドパンサー!走り出した彼は誰にも止められない」

推しストライカー総選挙8位:千切 豹馬

脚に爆弾を抱える千切。爆発すれば二度とサッカーができなくなるという恐怖に囚われ満足にプレーできずにいたが、潔の奮闘を見て熱くなっている自分に気付く。そして、再び世界一になるため走り出すのだった!

(第3巻20話「滾り」)

「このスピードは誰にも支配できない!」

推しストライカー総選挙8位:千切 豹馬

潔・凪の「化学反応」によって支配された試合の中で、ただ一人進化を続ける千切。弱点だったトラップの際の減速をなくす新走法でDFをブチ抜きゴールを奪う!

(第8巻63話「埋もれる人間(エゴ)」)

「天才ミッドフィルダーの気まぐれ」

推しストライカー総選挙9位:糸師 冴

低レベルな日本でプレーするなんて死んでも嫌だ。そう言っていた冴だったが、「青い監獄(ブルーロック)」というイカれたプロジェクトの存在を知り、一体どんなFWが日本に生まれるのか確かめたいと思うようになる。

(第1巻4話「今こそ」)

「絶対的な自信!世界一以外興味がない俺様の嘆き」

推しストライカー総選挙9位:糸師 冴

新世代世界11傑に選ばれている天才MFの糸師冴。圧倒的な自信、俺様っぷりを見せる冴は、日本には自分のパスを受けられるFWがいないと嘆く。

(第1巻4話「今こそ」)

「光を喰らう悪役王 これが新たなるキングの形だ!」

推しストライカー総選挙10位:馬狼 照英

これまでフィールド上の王様であり続けた馬狼は、潔の圧倒的なゲーム支配に初めて敗北を感じる。そんな敗北をバネに新たな自分だけのゴールを生み出す。潔という光を喰らうことにより生まれた、馬狼の覚醒の瞬間。

(第8巻66話「敗北者の岐路」)

「予測不能なイレギュラー 悪役王の狩りの瞬間」

推しストライカー総選挙10位:馬狼 照英

4vs4で戦う4thステージ。凛によってフィールド全体を支配され、攻め手に欠いていた。そんな時、味方からボールを奪う予想できない馬狼のプレー。王様・馬狼がエゴを剥き出しにして存在感を示す。

(第10巻78話「イレギュラー」)

「長すぎる手足...!反則級の身体をもつ男、降臨」

推しストライカー総選挙11位:蟻生 十兵衛

長すぎる手足に半端ないジャンプ力。反則級の身体を持つ蟻生の最初のゴールシーン。相手が完全に保有しているボールを撃ってゴールに叩き込む!蟻生にしか撃てないシュートだ。

(第6巻46話「TOP3」)

「まだ見ぬオシャへの道」

推しストライカー総選挙11位:蟻生 十兵衛

滞空時間の長い蜂楽のパスは、落下点まで待っていては敵のモノになってしまう。そこに意図を感じた蟻生は、自分にしか許されない空中到達点でボールを捕らえ、豪快なヘディングシュートをゴールに叩き込む。

(第9巻75話「乱舞」)

推しストライカー総選挙とは?

総勢25名のストライカーたちによる、推しストライカーNo.1を決める総選挙企画!
「一人何回でも投票OK!」というエゴイズムあふれるルールで開催され、2週間で124万票もの投票を集めた。
総選挙の結果を知りたい方はこちら!

ブルーロック

金城宗幸 / 原作 ノ村優介 / 漫画

制作協力:アル開発室 マンガサポーターズ (@おこめ @おがさん @はやて)

アルってどんなサイトなの?

好きなマンガの発売日にLINEが来る!