マネーの拳

三田紀房/著

将来起業したい人のための起業成功マニュアル『マネーの拳』

突然ですが、実はみじんこ、起業しようと思っています。特に理由はないのですが、なんとなく起業したらうまくやれる気がするのです。起業するつもりなら『マネーの拳』は読んでおいたほうがいいよって言われたので、まずは起業の第一歩として読んでみます!

マネーの拳
三田紀房/著

商売の99%は失敗する

やればそこそこいけるかなーという気がしてたんですが、いきなりぎゃっ!商売は99%失敗するものなんですって。

みじんこ @mijin_combi

商売は100人やったら99人は失敗する。

いやでも、なんか自分だけはうまいこといきそうな気がしてるんです。やる気はあるし、決断も早いですっ。

みじんこ @mijin_combi

みんな自分はうまくいくと思ってるんですよ。

えっ。みんなもそう思ってるの…?

起業というのは、ほとんどがうまくいかないものらしいです。なんとなくうまくやれそ、って思いこんだ時点で客観的に自分のことを見てないかもしれません。

「自分だけはうまくいく」って思っちゃってませんか?(みじんこは思ってました)

みじんこ @mijin_combi

客観性を失ってる段階ですでに勝負はついてる。

まずは商売のコツを知ろう

起業するからには確実に儲けたいですっ。商売には必ず儲かる法則があるみたいです。それが、設備投資があまりかからない、売り上げが季節に左右されない、商品のロスが少ない、の3つ。
こんなに具体的にチェックポイントを教えてもらえるのってありがたいですね。なんかうまくいくような気がしてきました。

みじんこ @mijin_combi

商売の三原則:設備投資があまりかからない、売り上げが季節に左右されない、商品のロスが少ない。

なるほどです。でもなんかもっと「絶対に」失敗しない方法ってないのでしょうか。借金抱えて困るとかイヤなんですっ。

みじんこ @mijin_combi

商売を始める前に絶対に失敗しない方法がある。

あるらしい!なんだろ!

みじんこ @mijin_combi

商売をしないことだよ。

えっ。

みじんこ @mijin_combi

えっ。#レスに使えるコマ

なんか禅問答みたいです。起業って商売することだと思うんですが、「商売しない」ってどういうこと!?

成功する者と失敗する者の違い

これまで成功している起業家と失敗した起業家の違いってどこにあるんでしょうか。やるからには成功したいですっ。

みじんこ @mijin_combi

成功する者と失敗する者には決定的な差がある。

成功する者は「嘘に対する感度」が高いようです。

みじんこ @mijin_combi

本物の嘘つきは嘘をつかない。

「嘘」ってなんだろう…。言ったことを全部ホントにしてくってことかな?

自分が商売に向いているかを確かめる質問

『マネーの拳』の1巻の冒頭は特に、会長からの「問いかけ」形式でお話が進むので、これから起業したい人にとっては、「自分ならどうするか」を踏まえて考えながら読むと、とてもためになります。

最後に、お金持ちの会長からこんな提案をされたとしたら、あなたならどうするでしょうか?

【会長から提供してもらえること】

・1億円を事業資金としてくれる。

・絶対儲かる商売を1つ教えてくれる。

【受け取りの条件】

・今やってる事業から完全撤退すること。

みじんこ @mijin_combi

「事業軍資金としてこの一億円をあげる」 言われたいっ!

この問いに対する返答で、あなたの商売人としてのセンスが分かります!答えは『マネーの拳』1巻で!

みじんこはとりあえず、1つの記事を通して素晴らしいマンガをたくさん売る商売人になります!『マネーの拳』買ってね!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています