信長のシェフ

画/梶川卓郎,作/西村ミツル

既刊25巻

現代の料理人・ケン。彼が目を覚ますとそこは戦国時代だった。京で評判の料理の噂を聞きつけた信長は、強引にケンを自分の料理人にするが…!?戦と料理が織りなす前代未聞の戦国グルメ絵巻!コラム&レシピ「戦国めし」も必見!
新刊情報
最新刊 25巻
2020年03月16日

26巻 (電子書籍)

2020年12月17日発売(アルの予想)

信長のシェフの記事

このマンガを読んでいる人はこんなマンガも読んでいます

テラフォーマーズ

「全く見た事のないものと出会う時、人間は人間ではいられない。」 西暦2599年──。火星のテラフォーミングが進行し、その地表は一面の苔とある生物で覆われていた。そして、選ばれし15人の若者達は重要任務の遂行を期待され、有人宇宙船『バグズ2号』に搭乗し、火星へと向かう。かの地で彼らを待つ、想定外の進化を遂げた生物の正体とは…!?

異世界居酒屋「のぶ」

古都アイテーリアの裏路地に繋がった、居酒屋「のぶ」。異世界の住民達は、馴染みのない異国風の料理と冷えた「トリアエズナマ」のあまりの美味さに次々と虜になっていくのだが…!?異世界グルメファンタジー開幕!

とんがり帽子のアトリエ

小さな村の少女・ココは、昔から魔法使いにあこがれを抱いていた。だが、生まれた時から魔法を使えない人は魔法使いになれないし、魔法をかける瞬間を見てはならない……。そのため、魔法使いになる夢は諦めていた。だが、ある日、村を訪れた魔法使い・キーフリーが魔法を使うところを見てしまい……。これは少女に訪れた、絶望と希望の物語。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-

【『るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編―』デジタル版では紙コミックスに収録されている設定資料ページは収録されておりません。デジタル版限定特典としてフルカラーイラストギャラリーページが収録されています。】伝説の人斬り・抜刀斎こと緋村剣心――明治十六年の東京で、時に倭杖を手に困窮している人のため剣を振るうも、妻・薫、息子・剣路と平穏に日々を過ごしていた。ある時、一枚の写真から、薫の亡父・越路郎が北海道で生きていることが判明。剣心達は北海道に向かうが…!? “不殺”の流浪人の新たな浪漫譚、開幕……!!

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

レイリ

室井大資漫画 岩明均原作

全6巻完結

へうげもの

山田芳裕/著

全25巻完結

創世のタイガ

森恒二/著

既刊5巻

衛府の七忍

山口貴由/著

既刊8巻

食戟のソーマ

森崎友紀/著 附田祐斗/原著 佐伯俊/著

既刊35巻

フェルマーの料理

小林有吾

既刊1巻

ジョジョリオン

荒木飛呂彦/著

既刊22巻

忘却バッテリー

みかわ絵子

既刊6巻

ドリフターズ

平野耕太/著

既刊6巻

信長協奏曲

石井あゆみ/著

既刊19巻

タグからマンガを探す