光と窓

カシワイ/著

眩しい言葉と涼しい描線。漫画で新たに描き出す清洌な文学作品7篇。デビュー作『107号室通信』がロングセラー。イラストレーターとしても活躍の場を広げ続けるカシワイ、待望の第二作品集。自身が深く影響を受けた日本文学の名作を、柔らかく静謐に描き出します。新しい窓が切り取った、遥かなる光。<収録作品>「夕日の国」「小さいやさしい右手」安房直子「金の輪」小川未明「こうちゃん」須賀敦子「ごびらっふの独白」草野心平「ひとつの火」新美南吉「注文の多い料理店 序文」宮沢賢治

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

タグからマンガを探す