南国トムソーヤ

うめ(小沢高広) /著  うめ(妹尾朝子) /著

南国トムソーヤ

男の子にとって大切なのは誰よりも遠くへ行くことだ、母が一番好きだった歌のその言葉のままにチハルが赴いたのは沖縄、その最果ての地・羽照那島だった。地平線の彼方で待っている、その誰がそこにいる!
転校した先で友達になった野生児リンドウ、神の声を聞くことができる少女ナミ。美しい海と森と空に満ちた南の島で、チハルは友情を知り、歴史を知り、沖縄の物語を知ることになる
緩やかに流れる時間。自然とともに生活する人々。歪んだイデオロギーでなく、その地に住む人々の暮らしを通して沖縄を知る。おーりとーり南国トムソーヤ!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみて下さい!

このマンガを読んだ人におすすめ!最高必読のオススメマンガ

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿