君が僕らを悪魔と呼んだ頃

さの隆/著

かつて、僕は悪魔だった。半年間の失踪を経て、記憶の全てを失ってしまった高校生、斎藤悠介。記憶喪失なりに平穏だった日常は、ある日、突然、破られた。次々に現れる過去を知る者、復讐者たち。覚えのない咎で断罪される瞬間、死肉に突きたてた刃の、幻を見た。━━さて。俺が殺したのは、どこの誰だ?

3行でわかる君が僕らを悪魔と呼んだ頃

高校に入るまでの15年間の記憶を全て失っている少年、斎藤悠介。ある日彼の目の前に、その過去を知る者が現れ言う。お前は「悪魔」だったのだと

リンチ、拷問、レイプ…思いつく限りの「遊び」全てを行った悪魔。その悠介が記憶を失った理由は何か?忘却に上塗りされ平穏だった日々は、再びドス黒い色に染まろうとしていた

過去は時に残酷で、人はそれに囚われ悩み苦しむ。その記憶が無いことに思い悩む主人公と、その記憶とその痕に苦しみ復讐を遂げようとする者達の交錯する物語

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

まだコマが投稿されていません。

最高のひとコマを投稿しましょう!

コマを投稿

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

タグからマンガを探す

はてなブログ タグで「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」をチェック!