夏目友人帳

緑川ゆき/著

25巻の発売予想日 (アルが独自に算出)

夏目友人帳

👁
その「目」は妖怪を見ることが出来る
📝
「友人帳」に封印されたその名前を取り戻し、自分を取り戻そうとする妖怪たち
妖怪たちとの出会いと別れが紡いでいく物語

夏目友人帳のあらすじ

妖怪が見えるという特殊能力を人には言えずまた理解されず、孤独に苛まれている主人公夏目貴志は、その見えてしまった妖怪から逃れる際にニャンコ先生(妖怪マダラ)の封印偶然にも解いてしまう。先生から聞かされる祖母レイコの名前、そして祖母が残した「友人帳」という存在。それは妖怪と勝負し勝った相手の名前を奪うことで子分とする、その約束の紙が束ねられたものだった。名前を取り戻そう、またあるものはその貴志の力で願いを叶えてもらおうと、あるものは貴志を食べようと様々な妖怪が様々な思いの元、貴志の前に現れるようになる。 緩やかに流れる人と妖怪の関わり合いをしっとりとしたタッチで表現した作品です。田舎を舞台で、その結果都会の高校にいがちなやんちゃな人達がほぼ存在せず、安心して読むことが出来るのも本作の特徴になっています。

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみて下さい!

このマンガがある本棚

このマンガを読んだ人におすすめ!最高必読のオススメマンガ

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿