往生際の意味を知れ!

米代恭 / 著

既刊2巻

『往生際の意味を知れ!』元カノと結婚したい男の人生をかけたリターンマッチ

「あなたの精子ください。」

忘れられない元カノ・日和と奇跡的な再開を果たした市松。しかし、彼女から告げられたのはなんと精子提供のお願いだった。

「これに入れて」と容器を差し出す最強の元カノとの、一筋縄じゃいかない刺激的なやり直しラブストーリー、『往生際の意味を知れ!』の魅力をお伝えします!

作品概要

往生際の意味を知れ!は、週刊スピリッツにて連載中の米代恭先生による作品です。2020年2月22日発売の週刊スピリッツにて連載が開始、2020年の6月30日には単行本第1集、2020年09月30日に第2集が発売となりました。面白さを捕まえるにはまだ間に合う単行本2冊です!

あらすじ

好きなタイプを聞かれれば「元カノと結婚したい。」と真顔で答える男、市松海路(いちまつかいろ)。彼は学生時代にたった1か月だけ付き合った元カノ・日下部日和(くさかべひより)のことを7年間ひと時も忘れることなく過ごしていました。

日和との数少ない思い出と共に暮らしていた市松ですが、ある日そんな思い出の詰まったアパートが落雷で全焼してしまいます。全てを失い絶望する市松が歩道橋から身を投げようとしたその瞬間、日和からの着信が。実に7年ぶりの再会で日和が市松に告げたのは、なんと自分の出産記録を撮影してほしい、そして市松に精子を提供してほしいというまさかのお願いだったのです。

日和からの言葉に面食らいつつも喜ぶ市松でしたが、彼女の口から提案されたもう1つの条件があって…?

登場人物紹介

市松海路

29歳、会社員。元カノ・日和のことを忘れられず、いつか自分の元に戻ってきてくれるのでは。という淡い期待を胸に、彼女との数少ない思い出と共に生きる。学生時代は映画を撮影しており、日和が出演した『降伏』という作品では国際映画賞も受賞している。

日下部日和

市松の元カノ。とあるパーティーで市松と知り合い、彼の映画に出演。その3年後に交際する。母である日下部由紀の著書『星の三姉妹』というエッセイマンガのモデルで実際に三姉妹の長女。7年ぶりに市松と再会し、自身の出産記録の撮影と精子提供を依頼する。

日和の思惑とは…

全てが謎に包まれてる日和。読者も日和の行動や言動に「なぜ…」「どうして…」と思わずにはいられません。物語を通して感じる日和の謎を見ていきましょう!

1.出産記録を撮り劇場公開する目的とは

日和の目的は、出産記録を撮影してもらうこと、さらにその映像を劇場公開して沢山の人に見てもらうことです。

単純に記録として撮影したいなら劇場公開する必要はありません。沢山の人に見てもらいたいと日和は言いますが、もしそれ以外に何か思惑があるとすれば、特に見せたい相手がいる。もしくは多くの人に見てもらった結果として起こる何か、を狙っているのかもしれません。

2.なぜ市松の元を去ったのか

日和と市松の交際期間は実に1か月と短く、さらに2人のデートはただ歩くだけでした。しかし市松の22歳の誕生日、日和は泊まりでの誕生日パーティーを提案します。初めて2人で過ごす夜、同じ布団で日和の体温を感じた市松は全能感で満たされるのですが、なんとその翌朝に日和は市松に別れを告げて行方をくらませてしまいます。

3.なぜ市松なのか

子供を産みたいと言う日和に即座に求婚した市松。しかし日和はその言葉を遮るように扶養や認知、父親や夫の存在は必要ないと言い切ります。そう、あくまでも日和は精子の提供と撮影のみを求めるのです。

市松から提供してもらえない場合、ネットで募集するという選択肢も考えているという日和。果たして精子提供と撮影を市松に頼むことに意味はあるのでしょうか。そして、情緒的な協力を否定し一人で子供を産み育てたいという日和の真意はどこにあるのでしょうか。

往生際のその先へ!

7年の時を超え、再び日和と関係を持つことが出来た市松。このチャンスを逃すまいとして精子提供と出産記録撮影を開始します。そして自分の恋心や執着を悟られないようにして、全力で出産ドキュメンタリーを成功させることを日和に約束し、協力することを心に決めるのでした。

市松は今度こそ日和の心を掴むことができるのでしょうか、彼のリターンマッチは幕を開けたばかり!

週刊スピリッツ公式サイトのビッグコミックBROS.netにて1話~3話の試し読みができます。

👉試し読みページはコチラからどうぞ

どこまでも諦めない男の往生際のその先を見逃すな!

往生際の意味を知れ!(1) (ビッグコミックス)
米代恭/著

最新マンガニュースやお得情報を配信

アル公式Twitter
アル公式LINE

人気のニュース

新着ニュース

今、無料で読めるマンガ

出版社・著者様へ

記事化させていただけるようなニュースがありましたら、ご連絡ください

問い合わせる