性別「モナリザ」の君へ。

吉村旋著

既刊7巻

【 #次にくるマンガ大賞 】『性別「モナリザ」の君へ。』が描く幼なじみとの三角関係。男でも女でもない十八度目の春

性別「モナリザ」の君へ。』は、ガンガンONLINE(スクウェア・エニックス)にて連載中の吉村旋(よしむら つむじ)先生のマンガです。性別がない世界で幼なじみの不安定な三角関係を描きます!

性別が選べる世界

この世界では、ヒトは幼少期を性別のない身体のまま過ごします。

そして、12歳を迎える頃、自分がなりたい性へと次第に身体が変化していき、14歳になる頃には男性か女性へと姿を変えてゆく。それが”普通”です。

しかし、主人公である「ヒナセ」は、男でもなく女でもない何も変化することなく18度目の春を迎えます。

もはや期待することすらなくなり、普通ではない自分に周りも自分も慣れてきた頃、幼馴染である女の子の「リツ」と男の子の「シオリ」の二人から告白されて…!?

このマンガは性別というとてもセンシティブな内容を題材としていますが、「もし自分が性別を選べる世界にいたら?」など新しい視点でとても考えさせられる作品です!

幼なじみとの不安定な三角関係

幼少の頃から仲が良い幼なじみ三人組の友だちから恋愛関係になる微妙で不安定な関係の描写がとても丁寧に描かれています。

性別をもたない「ヒナセ」に対して、女の子の幼馴染「リツ」は「男の子にする」という告白をし、同じタイミングで男の子の幼馴染であるシオリも「女にする」という告白をします。

その告白が原因かどうかはわからないけど、検診の時にヒナセの男性ホルモンと女性ホルモンの数値が上がります。

そのことを知った二人は、ヒナセを男 / 女にするために自分の恋心のため頑張ることを決意!

しかし、当の本人からしてみれば二人とも大事で大好きな幼なじみで、それが恋なのかどうかなんて判らないしいきなり選べません。

そもそも自分はまだどっちの性別になりたいかもわからないヒナセです。急に周りが変化し、ヒナセは戸惑います。

三人の関係はどうなるのか。そして、ヒナセ自身どう変化していくのか見所です!

次にくるマンガ大賞にノミネート!

『性別「モナリザ」の君へ。』は次にくるマンガ大賞2020「コミックス部門」にノミネートされています!

・投票期間は2020年6月19日から7月3日(金)11:00まで
・各部門1人1回、3作まで投票できます!

投票フォームはこちらから(ログインが必要です)。奮ってご応募ください!

👉吉村旋先生のTwitterアカウントはこちらから

ぜひ読んでみてね!

性別「モナリザ」の君へ。 (全4巻) Kindle版

🧹🐈🍫🦊🌸🧹🐈🍫🦊🌸🧹🐈🍫🦊🌸

たんげむずっ!『ふらいんぐうぃっち』津軽弁クイズ開催中だっぺ!

国際人を目指すなら必ず身につけたい!青森の魅力が詰まったふらいんぐうぃっち』津軽弁クイズを開催中!全問正解目指して挑戦してけ!

ログイン・新規会員登録は不要です。今すぐ挑戦!

最新マンガニュースやお得情報を配信

アル公式Twitter
アル公式LINE

人気のニュース

新着ニュース

今、無料で読めるマンガ