惡の華

押見修造/著

全11巻完結

ボードレールを愛する、文学少年・春日高男(かすが・たかお)。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた大好きな佐伯奈々子(さえき・ななこ)の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ者の少女・仲村佐和(なかむら・さわ)に見られていたことが発覚!!バラされたくない春日に、彼女が求めた“契約”とは……!?話題沸騰!!奇才・押見修造が描く背徳的純愛ストーリー!

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

【誰もが出会う闇の、その先の物語】 「クロロホルムさえあれば」 「時間さえ止まれば」 「もし自分の罪だけが許されるなら」 思春期という長いトンネルで、誰もが目にする暗がりがあります。 そいつはとても魅力的で、気を抜いたら手を伸ばしてしまう。でもそれはできない。できてしまってはいけない。 このマンガは、あの懐かしく痛々しい闇へ、手を伸ばしてしまった少年の物語。 ーあらすじー ・何もない田舎町に14歳の文学少年がいた ・ある日、誰もいない教室、1人、少年は ・「好きな人の体育着を盗んでしまう」 ・その日から全てが変わった この作品の面白さは、誰もが心に一度はかすめる闇を実際に行動におこした「ありえたかもしれない世界」を見せてくれることにあると思っています。 主人公の少年は徹底してただの少年。どこにも突出したところはなく、奇抜さもありません。 しかしストーリー展開は過激でドラマチック。読者の感受性を有刺鉄線で縛り上げるようなシーンが続きます。 そんな展開にすんなり入れるのは、主人公の心情に共感できるから。その欲望が、ふと誰でも抱いてしまいそうなものだから。 「もしかしたら自分もそうなっていたのでは?」 と思わせる力があるから。 このマンガを読んで、あの頃のあの教室のあの一瞬の、ありえたかもしれない自分に会いに行きましょう。

2019年10月03日

同じ作者のマンガ

このマンガを読んでいる人はこんなマンガも読んでいます

昭和元禄落語心中

満期で出所の模範囚。だれが呼んだか名は与太郎(よたろう)。娑婆に放たれ向かった先は、人生うずまく町の寄席。昭和最後の大名人・八雲(やくも)がムショで演った「死神」が忘れられず、生きる道は噺家と心に決めておりました。弟子など取らぬ八雲師匠。惚れて泣きつく与太郎やいかに……!? 昭和元禄落語心中・与太郎放浪篇、いざ幕開け!!

新世紀エヴァンゲリオン

西暦2000年、南極に隕石が落下。かくして有史以来の大カタストロフィー「セカンド・インパクト」が起こった。それから15年、新たな危機が人類を襲う。「使徒」襲来である。使徒に対抗すべく、人類は汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」を開発。そして、パイロットに選ばれた「3人の少年少女」たちの戦いが、今、始まる――。

シドニアの騎士

対話不能の異生物・ガウナ(奇居子)に太陽系を破壊されて千年。人類の繁殖と生産を維持しながら宇宙を旅する、巨大なる播種船・シドニア。シドニアの最下層で育った青年・谷風長道(たにかぜ・ながて)は、衛人(モリト)と呼ばれる大型兵器の訓練生となり、歴史的名機・継衛(ツグモリ)への搭乗を許される。長道の命を賭(と)した戦いが今ここに幕を開ける!

マイホームヒーロー

頼れる妻と、ちょっと反抗期気味だけど可愛い高校生の娘。鳥栖哲雄の人生はそれなりに幸せだった。娘の顔に殴打の傷を見つけるまでは。「100万の命の上に俺は立っている」の山川直輝、「サイコメトラー」「でぶせん」の朝基まさしの異色コンビが描く、罪と罰、愛と戦いの物語、開幕!

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

同じタグのマンガ

からかい上手の高木さん

山本崇一朗/著

既刊14巻

思い、思われ、ふり、ふられ

咲坂伊緒/著

既刊12巻

図書館の大魔術師

泉光/著

既刊3巻

イムリ

三宅乱丈/著

既刊25巻

監獄実験-プリズンラボ-

著者:貫徹,著者:水瀬チホ

全10巻完結

タグからマンガを探す