憂国のモリアーティ

三好輝/著 竹内良輔/編集 コナン・ドイル/企画

既刊11巻

時は19世紀末、大英帝国最盛期のロンドン──。 この国に根付く階級制度に辟易するモリアーティ伯爵家長子・アルバート。孤児院から引き取ったある兄弟との出会いによって、世界を浄化するための壮大な計画が動き出す。名探偵シャーロック・ホームズの宿敵、モリアーティ教授の語られざる物語の幕が開く──!!
新刊情報
最新刊 11巻
2020年03月04日

12巻 (電子書籍)

2020年07月05日発売(アルの予想)

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズが好きで、題名だけで手に取りました。登場人物、「ジェームズ・モリアーティ」「セバスチャン・モラン」「アイリーン・アドラー」「マイクロフト・ホームズ」、もちろん「ジョン・H・ワトソン」と「シャーロック・ホームズ」そんな人物がヴィクトリア朝のイギリスでというだけで気になって仕方ないのですが、主人公はシャーロック・ホームズの宿敵犯罪界のナポレオン、モリアーティ。その過去から丁寧に描かれて行って「最後」までどうなるのか楽しみで気が気ではありません。 原作を読む人から、推理の穴を指摘されてしまうシャーロック・ホームズがいる一方でそんな名探偵の宿敵、最悪の犯罪者という肩書きのモリアーティに惹かれるファンも多いらしく、このモリアーティを主人公としたパスティーシュも多いです。(私が読んだのではアンソニーホロヴィッツの「モリアーティ」がモリアーティの視点からシャーロックを見ているというのでとても面白かったです。) そんな中でも特にこの漫画はモリアーティの持つ野望が、その類稀なる才知によって進められて行く様にわくわくしてしまいます。原作をなぞっていくときは文字通り小躍りします。まだ一巻しか読んでいませんが。

2020年03月25日

このマンガを読んでいる人はこんなマンガも読んでいます

さよなら私のクラマー

中学時代輝くことなく終わったウイング、周防(すおう)すみれは、ライバルである曽志崎緑(そしざき・みどり)から誘いを受ける。「一緒のチームに行こうよ、一人になんてさせないから」。そんな真摯な言葉に、周防が出した答えは……。たくさんの個性豊かな選手が集まり、今物語の幕が開く!!

夢で見たあの子のために

幼少期に家族を惨殺された中條千里は、ただ復讐を果たすためだけに生きている。生活の全て、学校の全て、復讐という目的を果たすのに必要な力とお金を得るため、自分が汚れるのも厭わない…。心配する幼馴染み、残された肉親の思いも振り切って果たそうとする、人生の全てを懸けた復讐劇の先にあるものは、果たして千里に何をもたらすのだろうか?メディアミックスで話題になった「僕だけがいない街」の著者が新たに紡ぎ出すヒューマン・サスペンスがここに開幕する!!

空挺ドラゴンズ

龍を追って、世界の空を往く捕龍船『クィン・ザザ号』。大物を捕まえれば一獲千金、獲りたての肉も食べ放題。でも、失敗したらもちろんお陀仏。空と龍に魅せられた乗組員たちの大冒険の旅&世界グルメ紀行!

薬屋のひとりごと

「小説家になろう」発! ヒーロー文庫の大人気タイトル『薬屋のひとりごと』が、待望のコミカライズ! 中世の宮中で下働きをする少女・猫猫(マオマオ)。花街で薬師をやっていた彼女が、帝の御子たちが皆短命であるという噂を聞いてしまったところから、物語は動き始める。持ち前の好奇心と知識欲に突き動かされ、興味本位でその原因を調べ始める猫猫の運命は――…!?※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です。

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

タグからマンガを探す