推しが武道館いってくれたら死ぬ

平尾アウリ

既刊6巻

岡山県で活動するマイナー地下アイドル【ChamJam】の、内気で人見知りな人気最下位メンバー【舞菜(まいな)】に人生すべてを捧げて応援する熱狂的ファンがいる。収入は推しに貢ぐので、自分は高校時代の赤ジャージ。愛しすぎてライブ中に鼻血ブーする…伝説の女【えりぴよ】さん! 舞菜が武道館のステージに立つ日まで…えりぴよの全身全霊傾けたドルヲタ活動は続くっ! 『まんがの作り方』の平尾アウリ、待望の最新作!!
新刊情報
最新刊 6巻
2019年11月01日

7巻 (電子書籍)

2020年08月30日発売(アルの予想)

3行でわかる推しが武道館いってくれたら死ぬ

岡山のマイナーな地下アイドルの熱狂的な女性ファンが主人公の話

他の人からドン引きされるほどの熱狂ですが、当のアイドルは塩対応・・・?と思いつつ、実は?

「推し」がいる人は共感しまくってしまうかもしれません・・・。

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

推しが武道館いってくれたら死ぬの記事

これぞ推しの美学!『推し武道』推しに捧ぐドルオタ人生のススメ

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』(通称:推し武道)はCOMICリュウで2015年8月号から現在も連載中の、地方の女性地下アイドルグループと彼女達を応援するファンであるアイドルオタク(通称ドルオタ)の姿を描いた、平尾アウリ先生による作品です。2020年1月からはTVアニメも放送され益々盛り上がりを見せています。地方の地下アイドルという、TVで毎日のように見ることができる日本を代表するアイドル達とはあまりにも遠い距離に位置する、下手したらいつ活動が終わってしまうやも知れないアイドルグループを人生かけて推しているオタク達の生態が本作では赤裸々に描かれます。本作の主人公であるえりぴよさん。7人組アイドルユニット「Cham jam」の中でも1番人気のない女の子「舞菜」を推しに推しています。えりぴよさん達の自分の「推し」に人生を捧げる様は見ていて涙ぐましいです。一般人から見れば正気の沙汰ではないと気持ち悪がられるかも知れませんが、筆者自身も昔とあるアイドルグループを推していた時期があるので、少なからずえりぴよさん達の気持ちが分かるのです。私が推さなきゃ誰が推すんだ!という彼女達の心の叫びが聞こえてきます。事実、えりぴよさんは「舞菜が武道館行ってくれたら死んでもいい!」と公言しているほどの生粋のドルオタでありファンの鏡です。そして『推し武道』は幸いなことにアルでコマ投稿可能な作品です。今回は、作中からえりぴよさん達の推しに懸ける熱量が伝わるコマをピックアップしてご紹介していきます。皆様、指と指の間に挟めるだけのサイリウムを準備して読み進めてくださいね!1.CDは買えるだけ買う握手券つきのCDは買えるだけ買う。だって推しが喜んでくれるから。それ以上の理由は要りません。頭にも乗っけれるだけ乗っけます。バランス感覚もドルオタには必須のスキルです。2.分身の術も使うよブログのコメントだって推しが喜んでくれるなら何人もの人格を生み出してコメントします。これぞ現代版分身の術です。やいのやいの言ってくる輩にはこけしで口を塞いでやりましょう。3.神頼み神様にお願い事をする時はもちろん全て推しのお願いオンリーです。ここまでくると実の親を超えた感すらある包容力という名の愛を感じます。4.運営にもお馴染み何も言ってなくても運営さんからCDを手渡されるえりぴよさん。常連さんって響き、素敵ですよね。5.数秒の接触に命かけてるほんの数秒の接触の間に、どれだけ推しの脳裏に引っかかるワードを伝えられるか。ドルオタは頭をフル回転させて考えた結果、結構な確率で自爆しています。6.無理はさせない推しに無理はさせないえりぴよさん。無理をするのは自分だけでいい。ちなみにえりぴよさんはパン工場でバイトをしており、パンをひっくり返すのがめちゃくちゃ早いのです。7.生きてるだけで推しが生きているだけで自分へのファンサービス。ドルオタの模範的存在、えりぴよさんです。8.また買うさ時には伝えたいことがうまく言えずに、握手券がゴミと化すことも。それでもいい、また買えばいい。だってドルオタ人生はこれからも続くのだから。9.お金なさ過ぎて奇策に出る時に捧げるお金が無くて、もう最終手段くらいの勢いで奇策を口走ることも。それくらい必死で推しのために身を削っているのでどうか引かないでください。10.推しを祝う気持ち故、、推しの生誕祭を祝うために用意したハイクオリティーなケーキ。推しの顔にろうそくをさすなんてできるハズもなく必然的に側面ぶっさしです。11.行き過ぎたプロデュース推しを日の目を浴びる場所に連れていきたいがために行き過ぎたプロデュースをかまそうとしてしまうえりぴよさん。妄想が一人歩きしてしまっています。近くでちゃんとツッコんでくれる人の存在の有り難さですね。12.推しが過ぎて赤ちゃん返り推しを想う気持ちが強すぎて推しの子供になってしまうえりぴよさん。シンプルに怖いです。13.息もできないくらい君に夢中呼吸の仕方を忘れるくらい推しに夢中。もし推しが武道館のステージに立ったらどうなるんだろう。救急車用意しとかねば、なコマ。アニメも始まって絶好調な本作品、未読の方は是非ご一読頂きつつ、自分だけの推しを見つけてえりぴよさんを見習って推していきましょう!

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』アニメが放送開始! アイドルファンなら必見だ!

アイドルファンの共感を呼ぶマンガ、ついに待望のアニメ化!弾ける笑顔や元気な歌と踊りで私達を虜にする「アイドル」という存在。彼女達が頑張っている姿を見ていると、元気と勇気を貰えますよね!そんな彼女達「アイドル」と私達「ファン」の関係を描き、アイドルファンの共感を呼んだマンガ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』がついにアニメ化されるんです!アイドルとファンの関係が尊い!主人公・えりぴよもアイドルに魅了されたファンの一人。えりぴよが推すアイドルは彼女の地元岡山で活動する地下アイドル「ChamJam」のメンバー・舞菜。舞菜はセンターでも、とりわけ人気のあるメンバーではありません。そんな舞菜の個別CDを大量購入し握手会に参加するファンで、タイトル通り「推しが武道館いってくれたら死ぬ」と断言する程の熱狂ぶり。そんな舞菜を応援するえりぴよとは裏腹に、舞菜は塩対応。理由はえりぴよが嫌いだからでは無く、好きだけどシャイで上手く喜びを伝えられないから。それ故にえりぴよと舞菜の想いがすれ違ってしまう場面も。えりぴよの様子を見ていると、推しを応援している時の自分を思い出し胸が熱くなります。もし実際、自分の推しに塩対応をされたら(嗚呼、嫌われてしまったんだな…)と凹んでしまいますが、マンガという第三者の視点で読めることで、推しがいる自分自身をえりぴよに投影して楽しめると同時に「二人がお互いを想っていること、ちゃんと読者はわかっているから頑張って!」と二人の関係そのものを推すことが出来る。それがこのマンガの魅力なのです!アニメ化により更に広がる魅力現在アニメ化が決定し、PVが公開されています!えりぴよが舞菜への熱い想いを語る喋り方、舞菜のシャイな雰囲気。初めて視聴した瞬間、あまりにもイメージ通りのキャラの声と喋り方で驚きと共に興奮を覚えました!PVから「他のキャラはどんな声でどんな風に喋ってくれるんだろう!」とすごくワクワクさせられます。(そしてBGMに流れる「桃色片思い」を聴き、かつてのハロプロアイドル全盛期を思い出し懐かしい気持ちになりました)番組概要TVアニメ:「推しが武道館いってくれたら死ぬ」OPテーマ:ChamJam『Clover wish』EDテーマ:えりぴよ(CV:ファイルーズあい)『♡桃色片想い♡』アニメ公式サイト https://oshibudo.com/アニメ公式Twitter https://twitter.com/anime_oshibudoON AIRTBS 2020年1月9日(木) 深夜 1:28~BS-TBS 2020年1月11日(土) 深夜 2:00~動画配信サービスFOD 2020年1月10日配信開始(毎週金曜日6時最新話配信)※放送日時は予告なく変更となる場合がございます。STAFF​原作:平尾アウリ(徳間書店 リュウコミックス)監督:山本裕介シリーズ構成:赤尾でこキャラクターデザイン:下谷智之/米澤優CGディレクター:生原雄次色彩設計:藤木由香里美術監督:益田健太美術設定:藤瀬智康撮影監督:浅村徹編集 :内田恵音響監督:明田川仁音響効果:上野励音楽 :日向萌アニメーション制作:エイトビットCASTえりぴよ:ファイルーズあいくまさ:前野智昭基:山谷祥生市井舞菜:立花日菜五十嵐れお:本渡楓松山空音:長谷川育美伯方眞妃:榎吉麻弥水守ゆめ莉:石原夏織寺本優佳:和多田美咲横田文:伊藤麻菜美玲奈:市ノ瀬加那©平尾アウリ・徳間書店/推し武道製作委員会第一巻が無料公開中!現在、アニメの特設サイトにて『推しが武道館いってくれたら死ぬ』1巻が丸々読めるキャンペーン実施中です!アニメ視聴の予習に是非読んでくださいね!推しマンガが最高のアニメになったら死ぬ2020年、楽しみしかない年になりそうです!---🏆🏆🏆---2019年に読んだマンガで最高だった3冊を選んでSNSでシェアしよう!ログイン不要ですぐできる!ハッシュタグは #2019年私のマンガBEST3

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿