水は海に向かって流れる

田島列島/著

「あの人、本当は怒りたいんじゃないの?」高校への進学を機に、叔父の家に居候することになった直達。だが最寄りの駅に迎えにきたのは見知らぬ大人の女性、榊さんだった。案内された家の住人は、親に黙って脱サラしたマンガ家(叔父)、女装の占い師、ヒゲメガネの大学教授、どこか影のある25歳OLと、いずれも曲者揃い。そこに高校1年生の直達を加えて、男女5人での一つ屋根の下、奇妙な共同生活が始まった。共同生活を送るうち、日々を淡々と過ごす25歳OLの榊さんに淡い思いを抱き始める直達だったが、彼女と自分との間には思いも寄らぬ因縁が……。少年が家族の元を離れて初めて知る、家族の「罪」。自分もその被害者なのかもしれないが、加害者でもあるような気がする。割り切れないモヤモヤした思いを抱きながら、少年は少しずつ家族を知り、大人の階段を上っていく。前作から4年の沈黙を破った田島列島が、ユーモラスかつセンシティブな独特の筆致で描くのは、家族の元を離れて始まる、家族の物語。家族の元を離れて始まる、家族の物語。高1春、曲者揃いの住人たちと男女5人の共同生活を始めた直達。彼が淡い想いを寄せる25歳OLの榊さんとの間には、思いも寄らぬ因縁が……。「別冊マガジン」連載時より作家、著名人、漫画読みから絶賛の声が続々!宝島社「このマンガがすごい!2015」オトコ編第3位、マンガ大賞2015第2位など各漫画賞を総ナメにした名作『子供はわかってあげない』の田島列島、待望の最新作!

あらすじ

高校進学を機に両親の元を離れ、親戚の叔父さんの家に下宿することになった直達(なおたつ)。
彼は叔父さんが1人暮らしをしている家に住むと思っていましたが、連れてこられたのはシェアハウスで、しかも同居人は個性的な人ばかりでした。

水は海に向かって流れる



そんな想像とはちょっと違う状況に戸惑いつつも、初めての一人暮らしは無事始まります。
しかし、その家に住む26歳OL・榊さんとの出会いをきっかけに、直達は今まで知らなかった家族の秘密を知ることに…。
『水は海に向かって流れる』は、そんな直達が様々な思いを抱えながらその秘密に向き合っていく姿を描いた物語です。

水は海に向かって流れる



受賞歴

・このマンガがすごい!2020 オトコ編:第5位
・俺マン2019:第1位

掲載誌

講談社の「別冊少年マガジン」で2018年から連載中。
同社のマンガアプリ「マガジンポケット」でも連載。

作品の魅力

15歳男子高校生と26歳OLの行く末が気になる!

15歳男子高校生・直達は、わがままも言わず、自分よりも他人の気持ちを優先し、言われたことには素直に従う、まさに「いい子」です。
しかし、家族の秘密を知った彼は「いい子」のままでいいのかと考えるようになります。

水は海に向かって流れる



そして、その秘密に深い関わりのある26歳OL・榊さんは、波風を立てぬよう大人として直達と関わっていましたが、巡り合わせと少しずつ変わっていく彼に徐々にそのペースを崩されることに…。

水は海に向かって流れる



そんな2人の関係性がどうなっていくのか、目が離せません!


巧みな言葉で構成される物語

個性的なキャラクターたちが日常の中で繰り広げる軽快な会話劇がたまりません。
言葉の1つひとつにユーモアもあり、ふとしたときにそのセリフを思い出しては頭の中で反芻してしまうほどクセになります!

水は海に向かって流れる



また、シリアスなシーンでは登場人物たちの複雑な心情が、美しい比喩表現や心地の良い間のあるセリフを通して描かれています。
作品のやわらかい雰囲気にマッチした言葉の数々にあなたも心を打たれるはず!

水は海に向かって流れる


インタビュー記事

マンバ通信

作者情報

作者:田島列島(たじまれっとう)先生
2008年に短編作品『ごあいさつ』(モーニング)でデビュー。第24回MANGA OPEN 新人賞で「さだやす圭賞」を受賞。当時のペンネームは田谷野歩(たやのあゆみ)。
2014年に「モーニング」で掲載された『田島列島読み切り縦断ツアー』を機にペンネームを田島列島に変更。
同年に『子供はわかってあげない』(モーニング)で連載デビュー。「このマンガがすごい!2015 オトコ編 第3位」や「マンガ大賞2015 第2位」などを受賞。
2018年に『水は海に向かって流れる』(別冊少年マガジン)の連載を開始。「このマンガがすごい!2020 オトコ編 第5位」などを受賞。
2019年に『田島列島短編集 ごあいさつ』(モーニング)を出す。これまでに掲載された7つの短編作品が収録されている。

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

まだコマが投稿されていません。

最高のひとコマを投稿しましょう!

コマを投稿

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

タグからマンガを探す