空母いぶき

かわぐちかいじ/著 惠谷治/監修

新刊情報
最新刊 12巻
2019年04月26日

空母いぶき

20XX年、尖閣諸島沖での軍事衝突危機は辛うじて回避されたが日本と中国の軍事的緊張は頂点を迎えようとしていた。日本政府は秘密裏に建造を進めていた事実上の空母「いぶき」の就役を急ぐ決断をする
艦長として選ばれたのは、どんな国が仕掛けてこようとも武には武で応えるという信念を持つ航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。しかしアジア諸国にはイブキの就航に対し、日本が再び軍事大国への道を歩もうとしていると危惧する声があった
そんな中。遂に与那国島に対して軍事侵攻を仕掛けてくる中国。切ってはいけない火蓋が遂に切られてしまった…!軍事マンガ「沈黙の艦隊」「ジパング」で知られるかわぐちかいじ先生だからリアリティはピカイチ。これは明日の日本の物語かも!

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみて下さい!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガがある本棚

このマンガを読んだ人におすすめ!最高必読のオススメマンガ

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿