松浦だるま

全14巻完結

イブニング新人賞出身の新しき才能が『美醜』をテーマに描く衝撃作!! 二目と見られぬ醜悪な容貌を持つ少女・累(かさね)。その醜さ故、過酷な道を歩む累に、母が残した一本の口紅。その口紅の力が、虐げられて生きてきた、累の全てを変えていく――。

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

「この世は不平等だ」 「持って生まれた才能を、使うことも許されない」 「才能を使う機会は、自力でもぎ取るしかない」 「たとえ誰かを犠牲にしてでも」 そんな覚悟と執念がページから滲み出る作品。 ーあらすじー ■伝説の名女優と呼ばれたその人には娘がいた。 ■娘は母譲りの演技の才能と、母とは似ても似つかぬ醜い顔を持っていた。 ■美貌さえあれば大観衆を魅了するだろう才能も、その顔ゆえに陽の目を見ることはなかった。 ■ある日、娘は母の遺品に特別な力があることを知る。 ■「他人と顔を入れ替えられる」その遺品を使って、娘は自分の人生を塗り替えることを決めた。 天才と呼べるほどの才能が、自分にはどうしようもない欠損によって使えない悔しさ。 それを受け入れるしかないとわかっていながら、どうしても抑えきれない演劇への情熱。 誰かを不幸にしてでも、たくさんの人を騙してでも、世界にぶつけずにはいられない怒り。 人の信念や執念、心の裏側にじっとりと張り付くような感情。 そういった、「人を動かすことができるけれど、正しいとは言えない力」を鮮烈に描いた作品です。 登場人物それぞれがそれぞれにねじくれ曲がった心の芯を持っており、それが交差するストーリーも見事。 泥水の中を這い進みながら遠くの光を目指す、そんな物語を求める人におすすめします。

2019年11月11日

同じ作者のマンガ

このマンガを読んでいる人はこんなマンガも読んでいます

昭和元禄落語心中

満期で出所の模範囚。だれが呼んだか名は与太郎(よたろう)。娑婆に放たれ向かった先は、人生うずまく町の寄席。昭和最後の大名人・八雲(やくも)がムショで演った「死神」が忘れられず、生きる道は噺家と心に決めておりました。弟子など取らぬ八雲師匠。惚れて泣きつく与太郎やいかに……!? 昭和元禄落語心中・与太郎放浪篇、いざ幕開け!!

寄生獣

シンイチ…『悪魔』というのを本で調べたが…いちばんそれに近い生物はやはり人間だと思うぞ…他の動物の頭に寄生して神経を支配する寄生生物。高校生・新一と、彼の右手に誤って寄生したミギーは互いの命を守るため、人間を食べる他の寄生生物との戦いを始めた。

宝石の国

今から遠い未来、宝石のカラダを持つ28人は、彼らを装飾品にしようと襲い掛かる月人に備えるべく、戦闘や医療などそれぞれの持ち場についていた。月人と戦うことを望みながら、何も役割を与えられていなかったフォスは、宝石たちを束ねる金剛先生から博物誌を編むように頼まれる。

中間管理録トネガワ

帝愛グループ会長・兵藤和尊(ひょうどう・かずたか)の命で、債務者たちによる「死のゲーム」の企画を任された幹部・利根川幸雄(とねがわ・ゆきお)!! 早速、企画会議を開く利根川を待っていたのは、受難…!! 煩悶…!! そして絶望…!! 会長と黒服の間で苦悩する利根川を描く、悪魔的スピンオフ、始動……!!

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

BEASTARS

板垣巴留

既刊17巻

アクタージュ act-age

マツキタツヤ原作 宇佐崎しろ漫画

既刊10巻

ぼくは麻理のなか

押見修造

全9巻完結

山田くんと7人の魔女

吉河美希/著

既刊28巻

タグからマンガを探す