進撃の巨人

諫山創

既刊31巻

コマ投稿OK

進撃の巨人の無料キャンペーンで試したかったこと

『進撃の巨人』が、大規模な無料キャンペーンを行い、非常に話題になりました。

正確に言うと、新刊が100円で、その他の巻は、一定期間、無料で閲覧できるというキャンペーンです。

『進撃の巨人』全巻99%OFF 最終回まで一緒に読もう!キャンペーン【期間限定|連載10周年感謝企画】

そして、マンガの情報サービスである「アル」は、ブログサービスである「note」と一緒に、このキャンペーンに参加していました。

「進撃の巨人」10周年を記念して、お題企画「#進撃の巨人10周年」を開催します!

そこで、なぜそういう企画をやったのか・・・の意図を紹介します。

無料キャンペーンは効果がある

まず、無料キャンペーン的なものは、いろいろな電子書籍ストアで行われています。

これは「電子書籍であれば、無料で1~2巻を配布しても、コストがあまりかからない」という点と、「無料でも読んでもらえれば、そのあとに継続して読んでもらえる可能性が高い」ということから、ポピュラーな販促として使われています。

また、Twitterで、1話を無料で公開するという手法も増えています。タイトルをうまくつけて、Twitter上で読めるようにしたことで、気軽に広まったり、RTで拡散したりするので、こちらも売上貢献が高いようです。

というわけで、マンガにおいて、無料で一部を読んでもらい、ファンになって、そこから単行本を継続的に買ってくれるようになる、というのはかなり広まっています。

というので、進撃の巨人もこの無料キャンペーンの一つだったわけです。

※余談ですが、これほど売れる作品で、完結間近に、ここまでのキャンペーンをやるのはかなり大胆な施策なので、ずっと進撃の巨人を担当している編集者の方は、飛び抜けてマーケティングセンスがあると思います。

無料キャンペーンで足りないところ

そして、今回、ここまで大幅なキャンペーンを聞いた時に、「こんな話題作が、大胆なキャンペーンをやるのだから、読んだ人だけで閉じるのはもったいない」と思いました。

一方で、無料キャンペーンの効果は実証されているので、これの中身をこねくりまわすのはいけていません。おそらく、その場合、企画者だけが自己満足するものになってしまいます。

なので、「無料のキャンペーンの効果を一切邪魔せずに」「よりキャンペーンの効果を低コストで長期間続くものにできないか」と思って考えて、提案したのが、「進撃読書会」です。

この企画を簡単にいうと「無料期間中に、読んだ人が、ブログサービスであるnoteに感想や考察を投稿してもらう」というものです。インターネット上に、記事として残ることで、数年後にもそのコンテンツが読める。当時の興奮がそのまま残るのではないかと考えたのです。

Twitterで盛り上がると瞬発力はあがります。しかし、1年前のツイートを見ることはなかなかしない。最終回前の、大盛りあがりの興奮を、記事で残すことができたら、無料期間が終わっても、連載が終わっても、継続的に魅力を伝えられるのではないか・・・と思ったのです。

実際の結果

実際の結果はどうだったかというと、、

「#進撃の巨人10周年」の新着タグ記事一覧

こちらを見ていただくとわかるのですが、2019年09月26日現在で200件以上の投稿があります。

どれも、かなり気合のはいったレビューだったり、好きなところを書いていたりします。

進撃の巨人の大ファンである私からみても、かなり読み応えのある記事もあったりして、非常に楽しめました。

ちなみに、アルとしては「企画を提案し、文章を書いたりするところを協力する」ということであり、お金をもらった仕事ではなく、あくまで「こういうの試したらどうですか?」という提案をしただけです。

noteには、アルのコマ投稿を貼り付けられる機能があるので、その意味でも、使ってもらえるチャンスがあるので、それだけでもメリットでした。

作品の魅力を継続的にするには

無料キャンペーンは「知らない人に知ってもらう」というのが目的だと思いますが、今回のように、ストックされる情報として、読者の投稿が増えていくと、どういうことかおこるのでしょうか?

キャンペーンの結果は、他社の私にはわかりませんが、観測した範囲にすぎませんが、

  • 無料を逃した人でも、興味を持つ接点が増える

  • 作品を読んだ人も、記事を読むことで多角的に読めて理解が深まる

  • 昔から読んでたファンにもメリットがあるキャンペーンになる

などです。

すでに購入しているファンにとっては、無料キャンペーンはメリットがないように思えてしまったりするのですが、その瞬間に盛り上がり、考察記事などが増えていくと、ファンが楽しめるコンテンツも増えるので、その点は良かったなと思いました。

次の展開

というわけで・・・。よい面もたくさんあったのですが、もっとよくできそうな気もしたので、今後も無料キャンペーンの効果をあげるにはどうしたらいいのか?というのは考えて行きたいなーと思いました!

「こうしたらいいのではないか?」という案などがあれば、是非はてなブックマークなどで、コメントしていただけると嬉しいです!

はてなブックマークでコメントをする

人気のニュース

新着ニュース

今、無料で読めるマンガ

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

まだコマが投稿されていません。

最高のひとコマを投稿しましょう!

コマを投稿