骨が腐るまで

内海八重/著

11歳の夏、人を殺して、洞窟の奥に死体を埋めた。それから毎年、5人の幼なじみは、夏休みの夜に儀式をする。罪を忘れず、友情を裏切らぬための儀式を。そして5年。16歳の夏。白骨化した死体。暴かれる嘘。姿のない脅迫者。鳴り響く電話と、命の千切れる音。骨は腐らず、罪は朽ちず。――いま、地獄がはじまる。

3行でわかる骨が腐るまで

幼なじみ5人組にはある秘密があった。それは11歳の夏に殺人を犯し、死体を埋めたこと。

彼らは、毎年夏祭りの日に、死体を確認する儀式を行う。

事件から5年が経った夏、死体は何者かに盗まれてしまう。そして謎の男からの脅迫電話を受け…

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

タグからマンガを探す