『アマビエが来る』その妖怪を描けば疫病は終息する?!古より伝わる妖怪”アマビエ”がコロナウイルス絶滅に動き出した!

コロナウイルスによる自粛モードは一体いつまで続くのか...と不安な思いで過ごしている方も多いはず。そんな中Twitterでは、コロナウイルスを終息に導くかもしれないとある”妖怪”が大きな話題となりました。

疫病を終息させたければその妖怪を・・

ある日、海の近くを歩いていると”アマビエ”と名乗る不思議な生き物が突如海から現れこう告げます。

突然絵を描いて多くの人に拡散しろだなんて、なかなかハードルが高いことを仰るアマビエ先生。どうにかしてアマビエの絵を書いて多くの人に見てもらおうと試行錯誤するのですが...果たしてアマビエの絵の完成と拡散の行方はいかに?!

👉『アマビエが来る』を読む

👉トキワセイイチ先生のマンガをもっと読む

トキワセイイチ先生の『アマビエが来る』に登場する”アマビエ”。

読み進めていく内にどこか愛くるしさを感じるアマビエですが、創作ではなく実際に江戸時代より伝わる半人半魚の妖怪なのです。

 所蔵:京都大学附属図書館 Main Library, Kyoto University

所蔵:京都大学附属図書館 Main Library, Kyoto University

アマビエは、その昔現在の熊本県である肥後国に海中から現れ、豊作や疫病などの予言をしたと言い伝えられています。

自ら「海中に住むアマビエである」と名乗り、「もし疫病が流行することがあれば、私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったそう。当時は、アマビエの姿を瓦版に描くなどして人々に広めたと言われています。

そんな古より伝わるアマビエの伝説が、コロナウイルスで不穏な空気が漂う現代に再度降臨しました。ハッシュタグ #アマビエ で色々な作品を見ることができますよ!




現代の瓦版 SNSでアマビエ拡散中!

現代の瓦版といっても過言ではないSNS。コロナウイルス終息祈願に!とアップされたアマビエの創作マンガ・イラストが瞬く間にシェアされていく様は、江戸時代からの風習が形を変えて現代に生き続けているようで感慨深いものを感じます。

アマビエ効果の本当の所は分かりませんが、シェアされた作品を眺めていると、どこかシュールで可愛いアマビエに癒されて気持ちが明るくなるのは確か。この機会にご自宅でアマビエの絵を描いてみてはいかがでしょうか?


トキワセイイチ先生から許可を戴き『アマビエが来る』を掲載しています。快く掲載許諾を出していただき感謝いたします。ありがとうございました!

トキワセイイチ先生のTwitter https://twitter.com/seiichitokiwa


✍️🏆🎊✍️🏆🎊✍️🏆🎊✍️🏆🎊✍️🏆🎊

現在、ヤングジャンプが40周年を記念して総額1億円の漫画賞を開催中です。デビューするチャンスは誰にでもアル!


人気のニュース

新着ニュース

今、無料で読めるマンガ