『ぬらりひょんの孫』椎橋寛先生の新連載 『岩元先輩ノ推薦』ウルトラジャンプ2021年3月号にてスタート!

2008年から2012年まで週刊少年ジャンプにて連載されていた人気作品『ぬらりひょんの孫』。妖怪同士の任侠戦争を描いた本作の作者である椎橋寛先生の新連載が、ウルトラジャンプ3月号より新しくスタートとなりました!

新連載タイトルは『岩元先輩ノ推薦』。椎橋先生の画力や表現力が光るダークファンタジーな和モノ浪漫奇譚ということで、大勢の読者からの注目が集まっています。

待望の新作!『岩元先輩ノ推薦』ってどんな作品?

2月19日に発売されたウルトラジャンプ3月号から連載スタートとなった『岩元先輩ノ推薦』。椎橋先生の連載としては、2019年に週刊少年ジャンプに掲載されていた『神緒ゆいは髪を結い』以来1年以上ぶりの新作です。

とはいえやはり椎橋先生といえば、『ぬらりひょんの孫』のような和を意識した作画イメージを持っている方も多い様子。今作の『岩元先輩ノ推薦』は、大正時代を舞台とした浪漫奇譚。元々妖怪モノを得意とする椎橋先生の和モノダークファンタジー作品に、期待を寄せるファンも多いのではないででしょうか。

本作『岩元先輩ノ推薦』の舞台は1910年代、大正時代を生きる中学生の少年が主人公となっています。もちろん主人公となる岩元胡堂は、ただの一介の中学生ではありません。なんと彼は、軍事利用が可能な超常現象を収集・研究する機関で任務を遂行する学生。そんな主人公である岩元が機関からの命を受け、様々な事件に直面していく物語となっています。

椎橋先生の美麗な和モダンイラストは健在!

連載開始を記念してウルトラジャンプ3月号の表紙を飾ったのは、鮮やかな紅色の中に曼殊沙華と共に佇む、大正時代の軍服を身に纏った主人公・岩元。艶やかで妖艶なその美しいイラストに、思わず目を引かれた方もいるのでは?

さらに第1話の扉絵となったイラストは、見開き一面に咲き誇る鮮やかな曼殊沙華と共に描かれた数名の軍服男子。大正浪漫、和風奇譚が大好き!という方にとっては、無条件で反応してしまうような要素が満載の魅力的すぎる扉絵ともなっています。

元々『ぬらりひょんの孫』の連載時より、力強く美しい迫力満点な和テイストの作画には定評のあった椎橋先生。そんな先生の作画の魅力が、120%発揮されています!

少年ジャンプ+での読み切り掲載を経て、今回ウルトラジャンプで連載開始となった『岩元先輩ノ推薦』。主人公の岩元はもちろんの事、初掲載時の扉絵にはこれからの登場が非常に楽しみな見た目も個性豊かなキャラクターたちが多数。今後の物語の展開が非常に気になる作品です。

今後の展開をお楽しみに!

椎橋先生の作風の魅力が、初回から前面に押し出された『岩元先輩ノ推薦』。これからどのようなストーリーが展開されていくのか、どのようなキャラクターたちが作品を彩っていくのか。今後の展開から目が離せない、そんなマンガとなること間違いなしの作品です!

OGP及び記事内画像は集英社 ウルトラジャンプ 2021年03月号 発売ページより https://jumpbookstore.com/item/SHSA_ST01M01181302103_57.html©SHUEISHA Inc. All rights reserved.

最新マンガニュースやお得情報を配信

アル公式Twitter
アル公式LINE

人気のニュース

新着ニュース

今、無料で読めるマンガ

出版社・著者様へ

記事化させていただけるようなニュースがありましたら、ご連絡ください

問い合わせる