かくかくしかじか

東村アキコ/著

全5巻完結

自分は絵がうまい。本気でうぬぼれていた林明子(高3)は竹刀を持った絵画教師・日高先生に罵られ…!? 少女まんが家を夢みたあの頃を描くドラマチック・メモリーズ!

かくかくしかじかの記事

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

【「生きろ」と言われた気がした】 自分が生まれた証をどうしても残さないと気が済まない人種がいる。 そいつらは自分ができる手段で、隙あらばこの世に爪痕を残そうとしている。 絵で、音楽で、文章で、物語で、 芝居で、動画で、ダンスで、 企画で、アイディアで、ビジネスで、 「自分にしかできないことを」 「自分がやる意味のあることを」 「この世に自分が生まれた意味を」 そんな言葉を呪いみたいに自分にまとわせて、爪痕を残そうといつも虎視眈々だ。 だけどまあ、それがわかっていてもできなくなったりもする。 爪痕を残すってことは、自分自身を見える形にするってことだから。 自分の至らなさや不具合、いびつなところも全部吐き出す。 そういったことを続けて、初めて世界に引っかき傷ができる。 だからそういった行為から逃げたくなるのもすごくわかる。 でも、そういった人たちがそういった行為をやめるのは、鷹が空を飛ばなくなるようなもので、パンダが笹を食べなくなるようなもの。 その人生のどこかで虚しさが襲うって、自分でもわかってる。 この作品の最後に「自分の作品を作り続けろ」というメッセージがある。 それはもう、端的にいってしまえば「生きろ」ってことなんだと思う。 ああそうだ。生きてるって楽しいな。

2019年09月17日

同じ作者のマンガ

このマンガを読んでいる人はこんなマンガも読んでいます

マージナル・オペレーション

ラノベやゲームを愛好するニート・新田良太(あらた・りょうた)。7年続けたニートの立場に耐えかね一念発起、ネットで見つけた外資系軍事企業PMSCsの好条件に魅力を感じ出来心で応募するが……。30歳ニート、異国で知る世界の現実に震える! 『ガンパレード・マーチ』の芝村裕吏が描く人気小説に、気鋭のイラストレーター・キムラダイスケが挑む! これまでのミリタリーアクションとは一線を画す、このうえなくリアルな戦場成長シリーズが開幕!

中間管理録トネガワ

帝愛グループ会長・兵藤和尊(ひょうどう・かずたか)の命で、債務者たちによる「死のゲーム」の企画を任された幹部・利根川幸雄(とねがわ・ゆきお)!! 早速、企画会議を開く利根川を待っていたのは、受難…!! 煩悶…!! そして絶望…!! 会長と黒服の間で苦悩する利根川を描く、悪魔的スピンオフ、始動……!!

イブニング新人賞出身の新しき才能が『美醜』をテーマに描く衝撃作!! 二目と見られぬ醜悪な容貌を持つ少女・累(かさね)。その醜さ故、過酷な道を歩む累に、母が残した一本の口紅。その口紅の力が、虐げられて生きてきた、累の全てを変えていく――。

レイリ

長篠の戦いから4年、黄昏ゆく武田帝国と勃興する織田軍団の血戦のはざまで、数奇な運命を生きる少女の名はレイリ。巨匠渾身の原作を新感覚の鬼才が作品化! 衝撃の本格戦国時代劇、開幕!!

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

同じタグのマンガ

ブルーピリオド

山口つばさ/著

既刊7巻

原作版 左ききのエレン

かっぴー/著

既刊15巻

マンガ サ道〜マンガで読むサウナ道〜

タナカカツキ/著

既刊3巻

岡崎に捧ぐ

山本さほ/著

全5巻完結

タグからマンガを探す