アルキメデスの大戦

三田紀房著

戦艦「大和」を阻止せよ!!! 日本の未来を1人の数学の天才が変える!? 時は1933年。日本海軍の中枢・海軍省の会議室で、次世代の旗艦を決める新型戦艦建造計画会議が開かれ、2つの陣営が設計採用を争う事に。これからの海戦を見据え、高速の小型戦艦を打ち出す“航空主兵主義”派に対し、海軍内で権力を握る“大艦巨砲主義”派の計画は、世界でも類を見ない超巨大戦艦の建造だった――!!

3行でわかるアルキメデスの大戦

世界恐慌は日本も例外では無く国は疲弊の一歩を辿っていた。軍部は国力の回復を狙い中国大陸への進出を企て、満州国樹立を宣言。だかそれはそのまま欧米列強との対立を意味し、帝国海軍はそれを理由として軍備増強を図ろうとした

新型戦艦建造計画会議は大艦巨砲主義派と航空主兵主義派に二分された。そこで提示された大艦巨砲主義派からの建造費は対抗案のおよそ半額。数字を操作していることは明らかだったが決定までにそれを覆すにはあまりに時間が足りなかった

そこで航空主兵主義派が担ぎ出したのが数字の天才、元帝大数学科の学生だった櫂直。その依頼を一度は断る直だったが、戦争の悲惨さに思いを巡らす内翻意する。「戦争を止めなくては!」その思いの元、彼は軍部へ身を投じていく

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

まだコマが投稿されていません。

最高のひとコマを投稿しましょう!

コマを投稿

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

タグからマンガを探す