ブルーロック

金城宗幸 / 原作 ノ村優介 / 漫画

既刊12巻

コマ投稿OK

300人の点取り屋がサバイバル!?史上、最もイカれた異色のサッカーマンガ『ブルーロック』がアツい! 

金城宗幸原作 ノ村優介漫画
ブルーロック

ブルーロック』は、『ジャガーン』、『僕たちがやりました』、『神さまの言うとおり』などのヒット作を手掛け、一躍有名になった金城宗幸先生原作の異色な大人気サッカーマンガです。

ブルーロック(1) (週刊少年マガジンコミックス)
金城宗幸/著,ノ村優介/著

これまでのサッカーマンガと言えば、少年サッカーや部活、プロチームなどをテーマに爽やかな青春と成長を描くものが「普通」で、そういったものばかりでした。ですが、そこは流石、金城宗幸先生原作、【青い監獄(ブルーロック)】を舞台にした一味違うサッカーバトルが繰り広げられています。


日本サッカーの救世主を生み出せ

2018年のW杯で日本代表は無残に散り、その次の大会もベスト16止まりでそれ以上になかなか行けない。でも、日本サッカーのおえらいさん「日本フットボール連合」はその状況を打破していこうという気がまるでない。

アジアでは強豪と言われ、組織力は世界レベルと言われる日本サッカー。だが、そんなことは、もう聞き飽きた!

悲願“W杯優勝”のための大きな課題は、絶対的な「救世主」=エースストライカーの不在。最重要コーチとして絵心甚八(えごじんぱち)が、現状の日本サッカーをぶち壊す役目を背負ったところから物語はスタートします。

hayate

あの本田や香川に、、、


青い監獄(ブルーロック)とは?

ゴールに飢え、勝利に渇き、試合を一変させる革新的な“1人”を作るべく、日本フットボール連合は、絵心甚八指揮のもと、300人のユース年代FWの選手達を青い監獄(ブルーロック)に招集します。

hayate

抗えない本能。

主人公はまだ無名の高校2年生・潔世一(いさぎよいち)。己のエゴを以って299人を蹴落とし、生き残ることで革新的な“1人”を作るための場所、それが「青い監獄(ブルーロック)」なのです。

hayate

それでも昂ぶるこの気持ち。

登場人物が全員“俺様”、エゴに満ちた300人の点取り屋が集まった【青い監獄(ブルーロック)】。その中では何が行われるのか?果たしてそこから革新的な“1人”が生まれるのか?

ch4c0

これまでのスポーツマンガにはないギリギリ感や疾走感、何が起こるかわからないハラハラ感など、原作者さんの色が強く出てるからバトルマンガ好きな人にぜひ読んで欲しい!


スポーツマンガジャンルを超えたサッカーマンガ

史上、最もイカれたエゴイストFWサッカーマンガです。

けんすう👀🚀

それが勝利だっ…

もちろんスポーツマンガとしても面白いのですが、サバイバル要素やバトル要素、デスゲームの要素などが強く、金城宗幸先生ファンも間違いなく楽しめる作品です。これまでスポーツマンガをあまり読んで来なかった方にこそ読んでほしいです!

ブルーロック (全5巻) Kindle版


最新マンガニュースやお得情報を配信

アル公式Twitter
アル公式LINE

人気のニュース

新着ニュース

今、無料で読めるマンガ

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

まだコマが投稿されていません。

最高のひとコマを投稿しましょう!

コマを投稿

出版社・著者様へ

記事化させていただけるようなニュースがありましたら、ご連絡ください

問い合わせる