ブルーロック

金城宗幸原作 ノ村優介漫画

既刊8巻

2018年、W杯、日本代表ベスト16敗退…。これを受け日本フットボール連合は、W杯優勝のため、300人の高校生を集めた育成寮“青い監獄(ブルーロック)”を設立。コーチを務める男・絵心甚八は、日本に必要なのは「エゴイズムにあふれるストライカーだ」と断言。無名のFW・潔 世一たちは、己をエゴイストに変える蹴落とし合いの選別に挑む!
新刊情報
最新刊 8巻
2020年03月17日

9巻 (電子書籍)

2020年05月15日発売(アルの予想)

3行でわかるブルーロック

異色すぎるサッカーマンガとしてネットで炎上?!300人からたった1人のストライカーを創り出す実験がはじまった・・・

W杯で優勝するために、デスゲームのように様々な試練を与えられる極限の練習が繰り広げられる

サッカーファンからブーイングを受けながらも、過激な発言にやみつきになる人も・・・!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

ブルーロックの記事

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

このマンガを読んでいる人はこんなマンガも読んでいます

DAYS

少年たちは全力で、笑い、泣き、走る!! 心をジンジン刺激する! 激熱サッカー漫画!! ――何のとりえもない、特技もない。けれど人知れず、熱い心を秘めた少年・柄本(つかもと)つくし。孤独なサッカーの天才・風間陣(かざま・じん)。嵐の夜、交わるはずのないふたりが出会ったとき、高校サッカーに旋風を巻き起こす、灼熱、感動、奇跡の物語が幕を開ける!!

フェルマーの料理

ライドンキング

武術・格闘技の達人であり、強い男を尊ぶプルジア国民から絶大な支持を受けている男、プルジア共和国終身大統領アレクサンドル・プルチノフ。ある日、愛虎アスランにまたがり政務に向かう途中、テロリストの襲撃を受ける。テロリストは難なく返り討ちにした大統領だったが、この襲撃で起きたあることをきっかけに気を失ってしまう。目覚めた大統領の目の前に広がる光景、それは人間とモンスターが共生する異世界だった!

さよなら私のクラマー

中学時代輝くことなく終わったウイング、周防(すおう)すみれは、ライバルである曽志崎緑(そしざき・みどり)から誘いを受ける。「一緒のチームに行こうよ、一人になんてさせないから」。そんな真摯な言葉に、周防が出した答えは……。たくさんの個性豊かな選手が集まり、今物語の幕が開く!!

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

同じタグのマンガ

アオアシ

小林有吾(著) 上野直彦(取材・原案協力)

既刊19巻

GIANT KILLING

ツジトモ/著 綱本将也/著

既刊54巻

タグからマンガを探す