ブルーロック

金城宗幸 / 原作 ノ村優介 / 漫画

既刊16巻

コマ投稿OK

『ブルーロック』のサッカー好きも唸るコマ10選

埼玉県大会決勝で敗北した潔世一(いさぎ よいち)に、なぜか日本フットボール連合からの招集がかかる。手紙に導かれ、辿り着いた先に待っていたのは18歳以下のストライカー300人。

世界一のストライカーを作る実験場「青い監獄(ブルーロック)」で生き残りをかけ、299人を蹴散らすバトルマンガ。

えんどう

デザイン好き

自分自身、学生時代に10年ほどサッカーをしていた経験があるのですが、恥ずかしながら目から鱗な視点が満載でした。

そこで、特にゾクリとしたシーンを10個集めてみました。これを読んで『ブルーロック』が読みたくなっていただけたら嬉しいです!

ブルーロック
金城宗幸原作 ノ村優介漫画

ブルーロック(1) (週刊少年マガジンコミックス)
金城宗幸/著,ノ村優介/著

サッカーとは

えんどう

サッカーとは

「相手より点を多く取るスポーツ」それがサッカーである、と本作では明確に定義しています。

えんどう

ONE TEAM

「サッカーは11人でやるスポーツだよね」と主人公は第1話で考えていて、僕も普通に共感しました。

しかしながらブルーロックの管理人「絵心甚八(えごじんぱち)」は、サッカーはFW(フォワード)から生まれるものである、と強く主張しています。

えんどう

サッカーとは チームとは

日本代表は二流だ

えんどう

日本サッカーの組織力は世界一、でも

サッカー日本代表をディスるシーン。

日本代表は弱い

この国の言ってはいけない事実を、第1話からズバズバと吐き捨てていきます。

W杯優勝してなくない?

hayate

あの本田や香川に、、、

続けて日本代表をディスるシーン。マガジンでこれを掲載する勇気がすごいです。

挑戦的な作品ですが、大久保嘉人選手などリアルのサッカー選手のファンもいらっしゃるようです。

ストライカーのためのマンガなので、共感する点は多いのかもしれません。

仲良し絆ごっこしたいなら帰れ

けんすう👀🚀

終始こんな感じ笑😅😅

「俺らのチームみんな仲良いし、チームワークではどこの相手にも負けてない!」

「チームメイト、コーチ、保護者、応援してくれる後輩、みんなのおかげで勝てました!」

そんな風に考えていた自分をボコボコにしてくる絵心甚八。

自分が主役な「エゴイスト」こそ、サッカーには欠かすことができないと終始主張しています。

その瞬間のためだけに生きろ

えんどう

だってこんなの 誰も教えてくれなかった

集めた300人を掻き立てるためのセリフ。

テレビなどで「俺にはサッカーしかないんですよ」とインタビューで答えるプレイヤーを目にして、そんなことないんじゃないかなあと思ったりもしていました。

しかし一流となると、

「俺」=「サッカー」

移項すると、

「俺」ー「サッカー」=0

という数式が、一つのことを極めた人の中では成り立ってしまうんじゃないか、そう思えてしまうシーンでした。

本来は11人全員FWで、当たり前なんです

えんどう

ゼロからサッカーを創る

暴論のように思えて、真理かもと思える一コマ。

FW(フォワード)がいて、MF(ミッドフィルダー)がいる。その後ろにディフェンスラインがあって、ゴールキーパーがいる。

それらは全て刷り込みであって、全員が貪欲にゴールを奪うことこそが自然な状態である!と第1巻から常識をぶち壊してくれます。

それが”勝利”だ

けんすう👀🚀

それが勝利だっ…

落選したら、一生日本代表に選ばれることがない「ブルーロック」

主人公のひと蹴りによって脱落者が一人出てしまい、その人の日本代表になる夢は途絶えるわけなのですが、不謹慎にも気持ちの昂りを抑えられない主人公。

それこそが「勝利」であると絵心は言います。

えんどう

俺のゴールが相手チームの夢を潰した

ストライカーとは”破壊者”だ!

えんどう

ストライカーとは

サッカーにおいてゴールというのは、相手チームがこれまで練習してきたフォーメーション、個人で積み上げてきたディフェンススキルの敗北、チーム全体のモチベーションの低下という、様々なものを破壊する行為です。

ゴールすることは気持ちがいい、破壊することは快感である、絵心はそう主張しています。

例えばですが「REEASTROOM(リーストルーム)」という娯楽施設をご存知でしょうか。

衝撃的な動画かもしれませんが、ツイートは4.5万いいねを獲得しており、動画内で利用客は楽しそうに物を壊しています。

もしかすると、人間は本能的に「破壊」が好きな動物なのかもしれません。

武器を持て

えんどう

己だけの”武器”を!!

「一流のストライカーという生き物は皆、何者にもない唯一無二の武器を持っている!!」

「見極めろ!!思考しろ!!その肉体と脳でお前に何が出来るのかを!!」

就活などでも「強み」といったようにオブラートに言い換えられますが、「武器」というのは、要は他人を蹴落とす道具ということですよね.....

個人的にすごく刺さったシーンでした。

えんどう

メッシの真似をしたって、お前の武器は輝かない

己のゴールを産み出すための”方程式”

えんどう

たまたま勝つな

えんどう

勝つべくして勝ち奪れ

「お前らはまだ偶然の中で生きている!」

現実世界の読者にも問いかけているような、メッセージ性の強いシーンです。

「己の武器 」×「それが活きるシチュエーション」

それこそがゴール(成功)につながる方程式であると『ブルーロック』は教えてくれます。

『ブルーロック』はコマ投稿ができます!

『ブルーロック』は独自のサッカー論に加えて、コマをぶち抜くど迫力の絵も魅力的です。

本作を読んでゾワっときたところがあれば、コマ投稿をしてみてください!

そして、最新6巻が絶賛発売中です!お見逃しなく!

ブルーロック (全6巻) Kindle版

最新マンガニュースやお得情報を配信

アル公式Twitter
アル公式LINE

人気のニュース

新着ニュース

今、無料で読めるマンガ

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

まだコマが投稿されていません。

最高のひとコマを投稿しましょう!

コマを投稿