メタモルフォーゼの縁側

鶴谷香央理

新刊情報
最新刊 3巻
2019年06月08日

4巻は、2020年01月06日に発売(電子書籍)

アルが独自に算出

メタモルフォーゼの縁側の記事

 学校で息苦しさを感じている全てのあなたに『メタモルフォーゼの縁側』を

「クラスの人と本音の話はしにくい」「空気は読める、正解はわかる、でもしんどい」「部活の派閥も、クラスのグループもめんどい」中学校や高校でそんな思いを抱えている人、あるいはかつて抱えていた人に紹介したいマンガがあります。紹介したいのは『メタモルフォーゼの縁側』という作品。あらすじをざっくり説明するとこんな感じです。「なんでこれをすすめるの?」と思う方もいるでしょうが、僕なりに理由があるので説明させてください。それでは、いつもの通学路で少しだけ寄り道してみましょう!学校には友達もいるでしょうし、部活や学校行事など楽しいことも多いと思います。でも毎日同じ教室や同じ部室に通っていて、ふと何か違和感を感じることはないでしょうか?教室や部室が、迷路のようにどこまでも続いているような気がしたり。授業中に窓を見て、街の景色がやけに遠く感じたり。家と学校を往復するうちに、それが世界の全てになったように感じたり。このマンガは、女子高生が学校の中とは全く違う「つながり」を作っていく物語です。好きなマンガをきっかけに交流する主人公たちを通して、今いる場所とは違う所に「同じものが好きと言える仲間」がいることの楽しさを感じてほしいのです。学校には、わかりやすいカテゴライズで同じ人が集まっています。年齢、住む地域、偏差値などなど…。そういう意味では主人公2人は違う部分の方が多いでしょう。年齢をはじめ、見てきたものや食べてきたのもの、学校で教わった内容だって違います。そんな2人を繋ぐのは「このマンガが好き」という共通の想い。「それが同じであるだけで、どんな違いも関係なく仲良くなれる」というものが、人生にはあったりするのです。自分の内側から出る想いが、誰かに繋がったら。「◯◯が好き」「〇〇をやりたい」そういったことに共感し、理解し、応援してくれる人がいたら、とても楽しそうだと思いませんか?もちろん学校の中で見つかればそれもいいのですが、人間関係の紐や別の世界への道は、学校の外へも太く続いていると感じてほしいのです。学校の中でふと呼吸がしづらくなった時、この作品を手にとってみてください。きっと通学路の寄り道の先は、知らない世界に繋がっています。

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみて下さい!

同じ作者のマンガ

このマンガがある本棚

このマンガを読んだ人におすすめ!最高必読のオススメマンガ

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿