メテオ

林 ふみの/著

平穏な日常に何の前触れも無く降りてきた大破壊。自暴自棄気味に心を閉ざし、無気力な毎日を送っていた15歳の少女・川名友子は、夏休みの学校に向かうバスの中、突如として極限状態に放り出されてしまった。見慣れた風景は瓦礫の山と化し、辺りには人々の死体と呻き声。一体何が起きたというのか…?心のどこかで望んでいたのかも知れない、「もうどうでもいい」日常の破壊。しかし現実にそれを目の当たりにした時…それはあまりにも…。

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

タグからマンガを探す