亜人

原作:三浦追儺 漫画:桜井画門

既刊15巻

「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返った。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。圭をとりまく環境は一変した。彼は人間たちから逃げ惑うことになる。友人のカイは、怯える圭を助けるために駆けつけ、ふたりで人里を離れて山の中に逃げ込んだ。そんな彼に人間と敵対する亜人たちが接触してきた。――彼は何と戦い、誰と生きればいいんだろう?
新刊情報
最新刊 15巻
2019年11月07日

16巻 (電子書籍)

2020年04月08日発売(アルの予想)

3行でわかる亜人

人間と見た目が同じだけど「死なない」亜人が発見された世界の話。主人公の永井圭は交通事故で自分が亜人だと気づく。

その後、政府に捕まってしまうが、厚生労働省では、亜人への残虐な人体実験が繰り広げられていた・・・。

妹から「クズ」と言われるほど利己的、合理的な圭と、同じく亜人であり戦闘狂の佐藤との頭脳バトルも魅力的!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

亜人の記事

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

【死なないことは喜びだ】 不死身という存在についてあらゆる角度から検討されたある意味変態的な傑作。 「亜人」と呼ばれる死なない人間が現れた。 ラスボスはテロリストの亜人で、敵対する主人公も亜人。お互いに「死なない」ということを最大限に生かした戦いをする。 ストーリーとしてはこんな感じだ。 不死身の活用方法のすごさについてはいろんなところで書かれているのでここでは省略させてほしい。 代わりにぼくが取り上げたいのは、「不死身ということをどう思うか?」の話だ。 このマンガほど死なないことを前向きに捉えた作品はなかったんじゃないかと思う。 過去の様々な作品たちの中に「不死身の人」は登場した。 そしてそのキャラたちの多くが不死身であるがゆえの悲しさを語っていた。 この作品はそうじゃない。ほとんどの場面で、不死身であることはただの特性、上手い下手の基準こそあれ悲しむようなことではないと描かれる。 それは特に敵のテロリストの行動において顕著で、彼は不死身であることを便利な能力としか思っていない。 作中のセリフにもあるが、ゲームのコンティニュー方法である「誰かがコインを入れたみたいだね」としか思っていないのだ。 そう捉えることができれば、不死身であることはただの喜びだ。 何度もゲームをすることができる。 何度も誰かを愛することもできるし。 失敗する可能性が高い賭けに何度も挑むこともできる。 一度しか味わえないかもしれない楽しさを何度でも掴める。 不死身であるからこその喜びを教えてくれたこのマンガが好きだ。

2019年08月27日

このマンガを読んでいる人はこんなマンガも読んでいます

僕だけがいない街

毎日を懊悩して暮らす青年漫画家の藤沼。ただ彼には、彼にしか起きない特別な症状を持ち合わせていた。それは…時間が巻き戻るということ! この現象、藤沼にもたらすものは輝く未来? それとも…。

人形の国

遺跡層におおわれた巨大人工天体「アポシムズ」。危険な「自動機械」や「人形病」に侵された者たちが彷徨う極寒の地表で暮らすエオ、ビコ、エスロー達は行軍訓練のさなか、強大なリベドア帝国の兵士に追われる不思議な少女を助ける。少女から託された「コード」と「七つの弾丸」、それは世界の運命を大きく変えるものだった……!! 『BLAME!』『シドニアの騎士』の弐瓶勉が描くダーク・アドベンチャー・ファンタジー開幕!

とんがり帽子のアトリエ

小さな村の少女・ココは、昔から魔法使いにあこがれを抱いていた。だが、生まれた時から魔法を使えない人は魔法使いになれないし、魔法をかける瞬間を見てはならない……。そのため、魔法使いになる夢は諦めていた。だが、ある日、村を訪れた魔法使い・キーフリーが魔法を使うところを見てしまい……。これは少女に訪れた、絶望と希望の物語。

GIGANT

『GANTZ』奥浩哉が描く圧倒的最新作!人生に巨大な奇跡は起こるだろうか。僕たちはそれに気づくだろうか。映画監督志望の高校生・零がある日、町で目にしたのは、大ファンである「女優」パピコを中傷する張り紙だった。深夜、家を飛び出し張り紙をはがしてまわる零に声をかけたひとりの女性。それは―――。まだ誰も目にしたことのない、全く新しいボーイ・ミーツ・ガールが幕を開ける!!

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

同じタグのマンガ

ゴールデンカムイ

野田サトル/著

既刊21巻

不滅のあなたへ

大今良時/著

既刊12巻

ヒストリエ

岩明均/著

既刊11巻

暁のヨナ

草凪みずほ/著

既刊31巻

タグからマンガを探す