人形の国

弐瓶勉 / 著

遺跡層におおわれた巨大人工天体「アポシムズ」。危険な「自動機械」や「人形病」に侵された者たちが彷徨う極寒の地表で暮らすエオ、ビコ、エスロー達は行軍訓練のさなか、強大なリベドア帝国の兵士に追われる不思議な少女を助ける。少女から託された「コード」と「七つの弾丸」、それは世界の運命を大きく変えるものだった……!! 『BLAME!』『シドニアの騎士』の弐瓶勉が描くダーク・アドベンチャー・ファンタジー開幕!

作品概要

弐瓶勉(にへいつとむ)先生の『人形の国』は、2017年2月から「月刊少年シリウス(講談社)」で連載開始。人工天体アポシムズを舞台にしたダークファンタジーです。極寒の地表で人形病に怯えながら暮らす人々と、強大な帝国リベドアとの争いを描いています。

👉月刊少年シリウスの公式サイト

あらすじ

アポシムズはそのほとんどが地底空間でできており、50世紀前に地底との戦争に敗れた人々は、極寒の地表での暮らしを強いられていました。徐々に人形のようになってしまう人形病という病気が蔓延し、遺跡層と呼ばれるエリアには攻撃的な自動機械が生息するような過酷な環境で、人々はそれでも生き延びていました。

人形の国

ある日、遺跡層に戦闘訓練に行っていたエスローたちは、リベドア帝国の兵士に襲われている少女を助けます。少女・タイターニアから託されたのは7つの弾丸とコード。しかし、これがきっかけにエスローたちが暮らす町はリベドアに襲われ壊滅。エスローは少女の持っていたコードを使って正規人形と呼ばれる状態になり、タイターニアと共に逃走を開始するのでした。

作品の魅力

機械のような野生生物が存在する世界で、厳しい環境の中で生きる人々はマスクをつけた重装備で生活しています。細部まで創り込まれた世界観に加え、鎧化した時の姿や居住空間となる建造物のデザインが美しく、没入感の高い作品です。

人形の国

作中用語解説

星の構造

地表側から、地表、遺跡層、中央制御層となっており、中央制御層は超構造体殻で覆われ、星を維持するための機械や制御装置などがあります。

人形の国

正規人形

コードに適合した人間がなれる状態で、正規人形になれる人のことは転生者と呼ばれます。正規人形になると酸素なしでも地表で生きることができ、服も自身で合成することができるようになります。鎧化(がいか)という身体全体を鎧で覆われた状態になることで、特殊能力を使うことができます。鎧化するとモニターのような画面が目の前に現れ、鎧化が解除される活動限界までの時間や密閉度などが表示されます。

人形の国

鎧化中はヘイグス粒子を急激に使用し、空になると鎧化が解除されます。鎧化するとヘイグス粒子を放出するために位置が発見されやすくなり、遠くから狙撃する場合にも大量のヘイグス粒子を消費するという特徴があります。ヘイグス粒子のタンクの量は、転化した時に決定していますが、正規人形を倒してエナを奪うことで拡張できます。

人形の国

エナ弾

ヘイグス粒子を大量に消費するため、正規人形の鎧を貫通できる高威力のものは何発も撃つことはできません。

人形病

この世界に蔓延している病気。進行は個人差があり、完全に人形化しないまま一生を終える人もいます。

人形の国

AMB

AMB(アンチ・メガストラクチャー・バレット)は、特別な力をもつ古代の不発弾です。対超構造体弾と呼ばれ、中央制御層を覆う超構造体殻を破壊することができるために、リベドアが奪おうとしています。これを射出する装置がEBTGで、正規人形になったエスローの特殊能力。タイターニアから7発がエスローに託されます。

【これまでに使用された回数】

1発:エイチとの戦闘の際に使用。
2発:ウメの落下を防ぐためにジェイトに向けて使用。
3発:皇帝スオウニチコに向けて発射。

軌道車両

電車のような移動装置。

人形の国

破裂螺子(ねじ)

リベドア軍の補給地の町の人たちが全員つけられている装置で、遠隔操作で人を殺害できる爆弾のようなもの。

人形の国

リベドア帝国

首都モースウルベは移動式。

イフル・ニク

リベドアの侵攻を受けた国で、首都崩壊後、生き延びた人たちで地下200キロのところに里をつくります。王はカジワン。地底信仰者のため、地底からきたタイターニアは神にも等しい存在。歴史が長い国で機械工学が受け継がれています。帝国の侵攻後、地下施設利用に力を尽くしていた王は、戦略資源の発掘に全身全霊を注ぎます。

北合成スラブ地方

ウメのおかげで他の地域より温暖でしたが、ウメの落下後、急激に気温が下がります。

強化ネット

エナの活動を抑える武器。

超構造体

コードや浮遊物質と同様に、地表側の科学力で生産不可能な希少遺物。超高硬度。加工ができないため、取り外せる状態のものだけを発掘して利用しています。超構造体のネジは多くの地域で共通の通貨にもなっています。

準超構造体

超構造体の次に硬いが重い素材。

浮遊物質

地底内の何かに反応して浮かぶ物質。超構造体と同じく通貨としても機能する重要な遺物。

トロム弾

アポシムズで最も比重の大きい合金。

自動機械

深部に生息するものは攻撃的に。サビ喰い、顔面はりつき喰い、オオヘラハギ、クダツナギなど。地ならしはアポシムズ最大の自動機械ですが、攻撃的ではありません。自動機械は食料にもなっています。人型の自動機械は衛人(もりと)と呼ばれます。

恒差廟(ごうさびょう)

天候装置・ウメと交信するための場所。

機械株

周囲の状況を探るのに有用な物質。タイターニアが頻繁に利用しています。

登場人物紹介

エスロー

人形の国

白菱の梁の一族で射撃の名手。町を襲ったイーユを狙撃しようとして逆に反撃に遭い、死にかけたところをタイターニアの勧めで、彼女の持っていたコードを使用し、正規人形になります。

人形の国

正規人形になったエスローの特殊能力EBTGは「女の子以外何でも」という意味で、正式名称は「自在型弾体加速装置」。エナだけでなく、空気や水などその場で手に入るいろんなものを撃ち出せます。エスローのEBTGの真の能力は時空改変で、未来を変える力があります。

コードとの適合率が53%と低かったせいか、ヘイグス粒子の回復速度が遅いよう。エナで新規形状をつくるという高度な技術を使いこなします。

タイターニア

人形の国
人形の国

折りたたみ式の自動機械で中央制御層(地底世界)から、リベドア皇帝の野望を阻止するためにきました。人の心を読むことができます。人の形を長時間維持できないのは、技術流出防止機能のせい。食べ物を消化しやすいように液体に加工することもできます。

人形の国

左手があると、軌道車両や施設の扉を開けるなど、遺跡層内の設備を利用できるようになります。

ゼゾ

人形の国
人形の国

白菱の梁の一族を300年に守ってきた転生者。リベドア軍の砲撃を受けて致命的な損傷を受けます。

シオ、エオ、デイナ

人形の国

白菱の梁の一族。

ビコ

人形の国
人形の国

白菱の梁の出身で、洗脳されイーユに正規人形にされました。北合成スラブ地方第三捕虜収容所でエスローに再会した時には、エスローのことは忘れています。特殊能力は切断系。

イーユ

人形の国

リベドアの転生者で、白菱の梁の一族を殺した人物で、氷を操る特殊能力の持ち主。10年かかると言われていた北合成スラブ地方の精圧を1年で終わらせたことがあります。

リベドア皇帝スオウニチコ

中央制御層を乗っ取り、星の征服をもくろんでいます。特殊能力は未来予知。衛人2体をいつも連れています。

人形の国

ジーオ

人形の国

イーユの部下の正規人形。

フューマ

リベドア帝国の上級転生者。

人形の国
人形の国

アイム

人形の国
人形の国

リベドア帝国の上級転生者。浮遊物質と同じく地殻内に反応して浮かぶ性質があります。フューマを背に乗せて一緒に戦います。

エイチ

人形の国

リベドア帝国の上級転生者。

ジェイト

人形の国

リベドア帝国の上級転生者。自動機械を操ります。

エイルとエイム

人形の国
人形の国

下級転生者の双子。統治する町で人形病患者を集め、攻撃的な自動機械と戦わせる闘技会を行っていました。

ケーシャ

人形の国
人形の国

イルフ・ニクの姫で転生者。カジワン王の妹。人形病患者に擬態してエイルとエイムの闘技会に参加していました。イルフ・ニクの国王の命を受けてタイターニアを探していました。雷使い。

カジワン27世

人形の国

イルフ・ニクの第128代国王でケーシャの兄。かつて転化に失敗し、体の半分を失った上に人形病も患っており、ほとんど動けない体に。転生者となったケーシャとエスローに嫉妬しています。心を読めるタイターニアに危険思想を読み取られ、コードの適合補助を拒否されました。ユーゾウと共にタイターニアの左腕を奪い取ったところ、彼女の左腕が体に癒着します。恒差廟を操作して天候装置・ウメを帝国の首都に落下させようと試みますが、ジェイトに軌道をずらされ、逆に北合成スラブ地方に落下し、被害を拡大させてしまいます。体内にできたコブからタイターニアの複製人形が出現。その後、王国に伝わるコードを使って転生者となります。複製人形が人形病患者を再生させられることを知り、地表人形病患者を集め、真地底教会を設立し教主に。再生者を生み出します。人形の軍勢を率いて地表を制定すれば地底に招かれると信じています。

ジナタ、フィーサ、タスリ

真地底教会の信徒で再生者。転生者を倒し、エナを回収しています。

アルト

人形の国
人形の国

リベドア帝国の転生者。貧しく人形病患者が多いエリアの出身。母が妊娠中に人形病を発症し、アルトが一人で生きられるようになった時には、アルトの母は完全に人間ではなくなっていました。母の影響で人形になった人々を好ましく思っています。上級転生者を目指している風使い。上級試験でトオスに倒されます。

トオス

人形の国
人形の国

リベドア帝国の転生者。アルトと共に上級試験に参加して上級転生者に。記録では試験の3日前に転化したばかりの新人となっています。物質操作系。リベドアの英雄、帝国最強の兵士と呼ばれ、適合するコードが見つからないまま寿命が限界を超えますが、コード適合者の肉体に脳移植することで復活。イルフ・ニクの里を襲います。

タシツマ

人形の国

兵器局勤務。人工コードの研究者で、ジェイトの巨大クローンを生み出します。ダストアレルギーのため、常時マスクを着用。マスクのためにアヒヒという音が出ます。祖父が転生者だったために首都モースウルベに居住していましたが、タイターニアとの戦いで死亡し、責任を取らされたために居住権も失います。コード適合者のシヨバが転化に失敗したことから、コードの研究者を目指し、転生成功率100%の人工コードの開発を進めてきました。

アジェイト

人形の国
人形の国

タシツマの生み出したジェイトのクローン。人工コードの大きさに合わせ、クローンサイズも巨大化。副産物としてエナの容量が増大しました。

ワサブ

帝国に洗脳されて正規人形にされた少年で脱走者。正規人形になってから1年程度。特殊能力は飛行。

リナイ

物質転送能力をもったリベドアの転生者。

豆知識

弐瓶勉先生の作品『BLAME!』『BIOMEGA』『シドニアの騎士』に出てくる東亜重工という会社が本作にも登場します。

👉東亜重工のホームページ

作者情報

福島県出身の弐瓶勉先生は1995年に講談社のアフタヌーン四季賞で『BLAME!』が審査員特別賞を受賞、2015年に『シドニアの騎士』で講談社漫画賞を受賞されています。

弐瓶勉先生の担当さんのTwitterアカウントはこちら。

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

まだコマが投稿されていません。

最高のひとコマを投稿しましょう!

コマを投稿

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

タグからマンガを探す

はてなブログ タグで「人形の国」をチェック!