原作版 左ききのエレン

かっぴー/著

『左ききのエレン』神尾楓珠・池田エライザのW主演でTVドラマ化!「天才になれなかった全ての人へ」届くメッセージがある! 

左ききのエレン』はかっぴー先生が執筆し『cakes』にて公開されている作品で、また漫画アプリ『少年ジャンプ+』ではリメイク版としてnifuni先生が作画を担当し、現在単行本8巻まで発売されている人気作品でもあります。オリジナルとリメイクが同時に連載されるほどのこの大人気マンガがドラマ化されることを多くのみなさんが待ち望んでいたことでしょう。

なぜならこの作品は非常に「リアルな」物語だからです。

原作版 左ききのエレン
かっぴー/著

左ききのエレン
nifuni/著 かっぴー/原著

天才でない人々の物語

左ききのエレン』は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー「朝倉光一」がいつか有名になることを夢見てがむしゃらに働く話がメインストーリーとなっています。また、その周りの先輩や、いわゆる天才の人々が話を引き立てています。

朝倉光一は決して主人公としての素質を持った人ではありません。そう、非常に凡人なのです。同じ会社で働く人々も天才たちではなく、むしろ夢を諦めその途中で自分が選ばれた人間でないことを悟った人たちです。

この社会で生きている人たちは大半がそうなのでしょう。だからこそ彼らの生きざまが刺さるのです。

原作版 左ききのエレン(1): 横浜のバスキア
かっぴー/著

神尾楓珠さんと池田エライザさんのW主演!

実写化に伴い、キャスティングも一部公開されました!

「朝倉光一」を演じるのは「アンナチュラル」など近年多くのドラマに出演している俳優・神尾楓珠さん!そして本作品のもう一人の主役、類まれなる才能を持つ天才「山岸エレン」役にはモデルやドラマ、主演映画など多岐にわたる才能を発揮している池田エライザさん!

お二人とも原作を知っており、自身も刺激を受けていたそう。ドラマでは原作ファンも唸る、まさにキャラクターが生きているような演技が見られそうですね!

左ききのエレン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
かっぴー/著,nifuni/著

実写だからこそのリアリティ

『左ききのエレン』は非常にリアリティに溢れた作品です。そのため、実写化も親和性が高いことが予想されます。光一が自分の企画を通す場面や、エレンと邂逅する場面など主人公が軸となる話はもちろんその感情や熱量が伝わるような映像を期待していますが、私個人としてはその周りの人々の物語がどこまで描かれるかが気になります。

例えば光一と同じ会社に勤める営業で、光一たちのチームとともに商品のCM広告を担当した「流川」。彼一人を取り上げても、その人生や考えなどに影響されるほどの登場人物の想いが描かれています。この物語は、そしてこの社会は一人の天才によって作られているのではないことを感じさせられるのです。

この社会の現実のような物語、それが『左ききのエレン』です。実写化にあたり多少の変更が見られるとのことですが、こうしたメッセージを感じられるドラマになることを1人のファンとして楽しみにしています!

『左ききのエレン』ファンも、原作を知らない人も、『左ききのエレン』を絶対に、もっと、好きになります!

10月より放送される実写ドラマ『左ききのエレン』!「天才になれなかった全ての人へ」、必ず私たちに刺さる何かがあるでしょう!


MBS:2019年10月20日(日)より毎週日曜日24:50~ ※初回は25:15~

TBS:2019年10月22日(火)より毎週火曜日25:28~

原作版 左ききのエレン(14):平成の終わり
かっぴー/著

左ききのエレン 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)
かっぴー/著,nifuni/著