地獄楽

賀来ゆうじ/著

新刊情報
最新刊 7巻
2019年09月04日

8巻は、2019年12月05日に発売

アルが独自に算出

地獄楽は以下のサービスで無料で読めます。

[特別イラスト2]地獄楽

少年ジャンプ+

[特別イラスト3]地獄楽

少年ジャンプ+

[特別イラスト4]地獄楽

少年ジャンプ+

地獄楽の記事

不死の妙薬を巡る人と異形の壮絶バトル『地獄楽』。生き残りを賭けて戦う忍者は愛する妻に会えるのか!?

死罪人として処刑場に連れてこられた小柄な忍者、その名も画眉丸(がびまる)。死を渇望していた画眉丸だが、火炙りにされても四肢を牛に引かせても死ぬことができない。画眉丸自身も気づかぬうちに死を拒んでいた理由は、「妻を愛していた」こと。容赦ない殺戮を繰り返してきた画眉丸につけられた通り名は「がらんの画眉丸」。画眉丸の心を愛情で満たし、人の心を蘇らせたのは、かけがえのない妻の存在だった。「殺し」を請け負っていたはずの画眉丸の「殺したくないのは当然だろう」という言葉に、処刑を家業とする山田浅エ門・佐切(さぎり)の心は揺らぐ。多くの死罪人を処刑し、命の重圧を感じていた佐切は、「殺した命を背負う覚悟があったのか」と自らに問いかける。画眉丸を含む十人の死罪人は、担当の死刑執行人である山田浅エ門一族と共に異形の島に送られた。彼らが死刑から逃れる方法は、異形の島から不老不死の仙薬を持ち帰ること。しかし、無罪放免されるのは「一人」だけ。たどり着いたのは、魚面の巨大坊主が闊歩し、刺した部分を花に変える妖力をもつ虫が飛び交うような異形の島だった。キャラクター一人ひとりの背景が奥深いのも『地獄楽』の魅力。少年ジャンププラスで行われた第一回キャラクター人気投票では、応募総数一万四千票を超えるほどの白熱ぶり。妻の話になって照れる画眉丸の表情や戸惑いのしぐさなど、人物の心の機微が伝わる賀来ゆうじ先生の表現力が凄すぎる!!人物同士の呼び方の違いもキャラクターの性格を伝える要素の一つ。細部の作り込み要素が半端ない!キャラ人気第1位の士遠(しおん)は盲目の剣豪。茶目っ気のある士遠は、「見栄え」を気にしたり、「見逃」そうとしたり、「見る」ことを揶揄したジョークを連発。…笑っていいか悩めるところ。人間を使って仙薬の開発・研究を行っているのが天仙と呼ばれる七人の仙人。類いまれな再生能力と破壊力をもつ天仙に、次々と仲間たちが屠られていく。天仙が守りを固める宮殿から仙薬を盗み出せるのか。今後の展開も目が離せません!

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみて下さい!

同じ作者のマンガ

このマンガがある本棚

このマンガを読んだ人におすすめ!最高必読のオススメマンガ

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿