新世紀エヴァンゲリオン

貞本義行 / 漫画 カラー / 原作

西暦2000年、南極に隕石が落下。かくして有史以来の大カタストロフィー「セカンド・インパクト」が起こった。それから15年、新たな危機が人類を襲う。「使徒」襲来である。使徒に対抗すべく、人類は汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」を開発。そして、パイロットに選ばれた「3人の少年少女」たちの戦いが、今、始まる――。

3行で少しわかる新世紀エヴァンゲリオン

  • 10数年ぶりに再会した父に、突然世界を救うため「エヴァンゲリオン」に乗ることを命令される主人公・シンジ

  • シンジは人類を脅かす謎の脅威「使徒」を倒し、人類滅亡を回避できるのか

  • 人類の行く末を託された、シンジの苦悩と葛藤、成長を描いた物語

作品概要

マンガ版『新世紀エヴァンゲリオン』は、アニメーション制作会社ガイナックス(現在は知的著作権も含め全て映像制作会社カラーが所有)が制作したTVアニメ版を原作としてコミカライズした作品です。手がけたのは貞本義行先生、TVアニメ版の脚本を貞本先生独自の解釈でマンガとして表現されており、ファンの間では「貞本エヴァ」とも呼ばれています。また、貞本先生はTVアニメ版のキャラクターデザインも担当していることで知られています。

1995年2月号より「月刊少年エース」(後にヤングエースへ移籍)にて連載スタート。

途中休載期間を得て、2013年7月号に掲載された「96話・旅立ち」をもって完結しました。

最終回が掲載された雑誌ヤングエース7月号(6月4日発売)が全国の書店にて完売店が続出し、マンガ雑誌では異例の次号再掲載されるという伝説を残しています。

単行本は全14巻、KADOKAWAより刊行されており、2014年時点で シリーズ累計発行部数2,500万部を突破(11月発売のコミックス第14巻・通常版の帯より)している大ヒットコミックスです。

2021年1月26日よりコミックス2巻分を1冊に収録し、各巻ごとに豪華なグッズが付いた【愛蔵版】新世紀エヴァンゲリオンの発売が開始。

愛蔵版『新世紀エヴァンゲリオン』特設サイト

エヴァンゲリオン公式Twitter

貞本義行先生のTwitterアカウント

2007年から新たなシリーズとして「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」「:序」「:破」「:Q」の3作が公開されてきました。

2021年3月8日いよいよ最新作、第4部「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の劇場公開予定となっています。

あらすじ

西暦2015年、未曾有の大災害「セカンド・インパクト」に見舞われた人類は、その半数を失いながらもようやく立ち上がり、復興の兆しを見せていました。しかし、謎の巨大戦闘兵器「使徒」の襲来により人類は再び危機に。

人類が「使徒」に対抗すべく開発したのは、汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」。なんとそのパイロットに選ばれたのは主人公・碇シンジをはじめとする14歳の子どもたちだったのです。人類の運命を背負うことになったしまったシンジたちの闘いが始まります。

貞本エヴァの魅力

繊細で臆病、どこか冷めている主人公・碇シンジ、感情や表情をほとんど見せないミステリアスな美少女・綾波レイなど絶大な人気を誇るキャラクターたち。

選ばれしヒーロー、ヒロインでありながら、それぞれに傷や問題を抱えた彼らが葛藤しながら自身と向き合い、成長していく心の動きが丁寧に描かれています。

ときには逃げ腰だったり、投げやりなところをみせたりと完全無敵のヒーローではないからこそ、壮大で難解なストーリーにも関わらず多くの読者を惹きつけ熱狂させてきたのです。

登場人物

碇シンジ

10年以上もの間、伯父の家に預けられて育つ。碇ゲンドウの息子で14歳。初号機のパイロットとして選ばれたサード・チルドレン。(貞本先生がキャラクターデザインを手がけた『不思議の海のナディア』のナディアをモデルにデザインされたことがコミックス巻末の貞本先生のインタビュー記事で語られている)

綾波レイ

零号機のパイロットでマルドゥック機関によって選ばれたファースト・チルドレンという以外の経歴は不明の14歳。その正体はリリス(ネルフ地下に磔にされている謎の白い巨人)の心の一部とシンジの母、碇ユイの遺伝子により生み出された生命体。(貞本先生が過去に描いたマンガ『孤島の鬼』のウキナをモデルにデザインされたことがコミックス巻末のインタビュー記事で語られている)

惣流・アスカ・ラングレー

4巻でドイツから来日した弐号機のパイロット、セカンド・チルドレン。14歳にして大学を卒業しているほど頭脳明晰、操縦センス抜群のパーフェクトな美少女。(但し性格は除く。)加持リョウジが好き。母親が精子バンクより買った精子で試験管の中で生まれた。

渚カヲル

9巻で登場するフィフス・チルドレン、生年月日がセカンド・インパクトと同日であること以外謎に包まれた少年。(物語の後半でその正体がセカンド・インパクトの際に生まれた最後(12番目)の使徒・タブリスであることが明かされる。アダム(1番目の使徒)の魂が入っており、ゼーレにその命の主導権を握られている。

葛城ミサト

ネルフ本部戦術作戦部作戦局第一課所属。国際公務員でシンジの直属の上司にあたる。ハツラツとした性格でシンジのよき理解者。花の独身29歳。

碇ゲンドウ

シンジの父で特務機関ネルフの最高司令官。任務至上主義で冷酷。実の息子シンジに対しても任務以外では関心を示さない。年齢は48歳。ゼーレのメンバーとともに人類補完計画を試みるが、それは妻であるユイとの再会と世界への復讐のためだった。最後は赤木リツコの手により射殺される。

赤木リツコ

ネルフ本部技術開発部技術一課所属。エヴァ開発の責任者。クールな常識人で30歳。母(ナオコ)と同じくゲンドウを愛し、支えてきたが人類補完計画最終局面でゲンドウとともに自爆を試み失敗。ゲンドウの手により殺害される。

加持リョウジ

ネルフ特殊監察部所属でありながら、政府内務省の調査部員でもあるダブルスパイ。ミサトの学生時代の恋人。

碇ユイ

シンジの母でゲンドウの妻。優秀な生物工学の先駆者。

冬月

ゲンドウとユイが通っていた京都の大学の教授で現在ネルフの職員。

ペンペン

温泉ペンギン、葛城ミサトのペット。

鈴原トウジ

シンジのクラスメイト。フォース・チルドレンに選出され、妹の病気の治療を条件に引き受けるが搭乗したエヴァ参号機が「使徒」に乗っ取られてしまい、暴走を止めるためシンジの乗った初号機により破壊されてしまう。40話にて死亡。

相田ケンスケ

シンジのクラスメイト。

洞木ヒカリ

シンジのクラスの委員長。トウジのことが好き。

真希波マリ

最終巻14巻の巻末に収録されている短編で登場。16歳にしてユイと同じ京都の大学に通う学生だった。シンジの母親・ユイに何かにつけてつっかかるが実はユイのことが好き

映像化

1995~1996

TVアニメシリーズ

テレビ東京列他で全26話が放送。

1997

劇場版(旧)

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生

1997

劇場版(旧)

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に

1998

劇場版(旧)

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に

2007

新劇場版

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

2009

新劇場版

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

2012

新劇場版

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

2021(3月8日~)

新劇場版

シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖

マンガ版とTVアニメ版の比較

※注意、下記の表はネタバレを多く含みます。

見たくない人はこちらをクリック☞

単行本

あらすじ

TVアニメ該当

TVアニメとの違いと見どころ

1.使徒、襲来

10数年ぶりに父ゲンドウと再会したシンジ。

ゲンドウから突然エヴァンゲリオンに搭乗し、使徒と闘うよう命じられる。

第壱話~使徒、襲来

第弐話~見知らぬ、天井

TVアニメでは名台詞「逃げちゃだめだ」が登場!

この有名な台詞は実はマンガ版ではカットされています。

2.ナイフと少年

シンジは転校生として通学を始めるがクラスメイトとなじめないでいた。

そんな中、第4の使徒との戦闘が始まる。

第参話~鳴らない電話

マンガではシンジの勝手な判断で、トウジとケンスケをエントリープラグに載せてしまいます。

(TVアニメ版ではミサトの指示。)

3.白い傷跡

他人に心を開かない綾波レイと自分に冷酷なゲンドウ、2人の関係が気になりだすシンジ。

そんな中で第5の使徒が現れ、失敗が許されないヤシマ作戦が始まる。

第四話~雨逃げ出した後

第伍話~レイ、心のむこうに

第六話~決戦、第3新東京市

エヴァの見どころの1つであるヤシマ作戦が決行、この作戦をきっかけにレイとシンジの距離が近づいていきます。

シンジの名台詞「笑えばいいと思うよ」が登場します!

4.アスカ、来日

第2のヒロイン・アスカが登場し、第6の使徒を華麗に撃退。

次に現れた第7の使徒は分裂するため同時攻撃が撃退には必須。

アスカとシンジが息を合わせるため特訓を開始します。

第八話~アスカ、来日

第九話~瞬間、心重ねて

アスカの登場でレイとダブルヒロイン体制へ。

5.墓標

母ユイの墓参りをきっかけにゲンドウに歩み寄ろうとするシンジ。

しかしシンジを突き放すゲンドウ。

その後、宇宙空間から落下してくる第8の使徒が出現する。

第拾弐話~奇跡の価値は

見どころは第8の使徒との闘い。

特にアニメでは、エヴァがクラウチングスタートで走るアクションが満載。

エヴァファン必見の名シーンとなっています。

6.四人目の適格者

参号機がアメリカから日本へ運ばれ、トウジがフォース・チルドレンに選出される。

しかし、トウジが搭乗した参号機は9番目の使徒に浸食されてしまっていた。

第拾七話~四人目の適格者

第拾八話~命の選択を

トウジが乗っているエヴァ参号機の撃退命令が出されるが拒否するシンジ。

ダミーシステム自動操縦モードに切り替えられてしまい参号機ごと使徒を撃退。

トウジがアニメでは重症、マンガでは死亡してしまう。

7.男の戦い

トウジの死を受け入れられないシンジは、ネルフを去ろうとする。

そこに新たな使徒(10番目)が襲来。

それでも傍観していたシンジだったが、加持の話を聞き再びエヴァに乗る決意を固める。

第拾九話~男の戰い

マンガでは加持の過去が明かされていきます。

(アニメではアスカの惨敗、レイの自爆と惨劇が描かれています。)

8. MOTHER

エヴァに取り込まれてしまったシンジのサルベージ作戦が開始。

一方でゲンドウとユイの出会い、セカンド・インパクトなど冬月による過去の回想シーンが始まります。

第弐拾話〜心のかたち人のかたち

第弐拾壱話〜ネルフ、誕生

初号機に取り込まれてしまい精神の世界を漂うシンジ。

マンガではレイが初号機に溶け込んでいるシンジとユイに語りかけることでシンジのサルベージに成功。

(アニメではレイは登場せず、ミサトがシンジに呼びかけます。)

9.フィフス・チルドレン

シンジは取り込まれていた初号機から生還するも、トウジのことで落ち込んでいた。

そこへ謎の少年・渚カヲルが登場。

一方で次なる使徒(11番目)が襲来。

敗北続きで精神的に不安定なアスカが精神汚染されてしまう。

第弐拾弐話~せめて、人間らしく

マンガではアニメより早く渚カヲルが登場!

マンガでのカヲルはアニメよりも喜怒哀楽をはっきりと持ち、人間っぽく描かれています。

(アニメでは第弐拾四話での登場となります。)

10.

11番目の使徒をロンギヌスの槍で撃退したレイだったが、次の使徒(12番目)により今度はレイの精神が侵蝕されてしまう。

その戦いの中でシンジへの気持ちに気づいたレイ、シンジを守るために使徒とともに自爆してしまう。

第弐拾参話~涙

マンガでは精神汚染で再起不能になっているアスカ。

(アニメでは落ち込むアスカをクラスメイトのヒカリが慰めるシーンが描かれます。)

そしてエヴァの多くのファンに衝撃を与えたレイの秘密が明かされます。

11.手のひらの記憶

謎の少年、渚カヲルが最後の使徒だったことが明かされます。

第弐拾四話~最後のシ者

カヲルはシンジたち人類に未来を与えるため自らの死を選びます。

12. 父と子

人類補完計画を急ぐゼーレとゲンドウが対立、ゼーレによるネルフ侵略が始まる。

アニメ該当なし

人類補完計画の全貌が明かされていきます。

13.Calling

人類補完計画が遂行されていき、サード・インパクトが始まってしまう。

アニメ該当なし

リリスの魂を持つレイがゲンドウとの融合を拒絶。

人類の行く末はシンジにゆだねられることに。

14.旅立ち

ついに起こったサード・インパクトにより人類のA.T.フィールドが消滅。全人類は1つの生命体へ。

そしてシンジはL.C.Lを漂う中でレイと対話を始めます。

アニメ該当なし

貞本先生の解釈により、マンガオリジナルの最終回を迎えます。

シンジは他者と融合し、傷つくこともさみしさも感じることのない世界と、元の自分と他者がいる世界どちらを選ぶのでしょうか?

そして巻末にはゲンドウとユイが大学生だった頃の短編も掲載されています。

エヴァがよくわかるための用語

エヴァンゲリオン

人類が「使徒」に対抗すべく開発した、汎用人型決戦兵器(外部装甲型人造人間)。「使徒」と同様の力を持ち、A.T.フィールド(絶対領域)を持っている。通称エヴァ(EVA)

零号機

レイがパイロット

初号機

シンジがパイロット、シンジの母親ユイの魂が取り込まれている

弐号機

アスカがパイロット

エヴァシリーズ

9体の人工的に作られたエヴァンゲリオン

使徒

本来地球に存在するはずだった、アダムより生まれし謎の生命体。次々にネルフ本部があるジオフロントに現れ、人類に多大な被害をもたらす。

(それは人類の手に渡ってしまったアダムの代わりに、ジオフロントに眠るリリスと結合し、人類に代わって自身が新たな生命体となりこの星で生き残るためだった。)

特務機関NERV(ネルフ)

国連直属の非公開組織。正式名称を国際連合直属非公開組織 特務機関NERV(ネルフ)と言い、前身のゲヒルンを解消して2010年に設立された。

ゲヒルン

ネルフの前身の調査組織。

マルドゥック機関

エヴァンゲリオンのパイロット選出のために設けられた人類補完委員会直属の諮問機関。

実際には存在していない架空の機関、陰で操っているのはネルフ

ゼーレ

古より世界を裏で動かしているといわれている権力者の集団。ネルフの資金源。死海文書を所有している。

死海文書

人類がこの世に生まれた時にはすでに存在していたとされる謎の古文書。

預言書のようなもので人の歴史のすべてが示されているとされている。

ロンギヌスの槍

人類補完計画に必要とされている二叉の巨大な槍

第3新東京市

ネルフ本部を狙って襲来する「使徒」を迎撃するための対「使徒」迎撃要塞都市。神奈川県に位置する。地下にはジオフロントが広がっており、高層ビルを収容することが可能。

ジオフロント

第3新東京市の地下にある、巨大な空洞。中央にはネルフの基地があり、世界再建の要で人類の砦とも呼ばれている。

周りにはリニアレールが螺旋状に敷設されており、上の都市との行き来が可能。地下中心部にはセントラルドグマがあり、その先にターミナルドグマがある。

ジオフロントの正体はファーストインパクトを起こしたと言われる巨大な天体(黒き月)が地球に衝突した際にできた空洞であり、その際に地中深くに残されていったのが生命の源であるリリスの卵。

A.T.フィールド

物語序盤では使徒とエヴァだけが持つ強固な光のバリアーとされていたが、その実態は誰もが持っている心の壁、本来何人にも侵されない聖なる領域、心の光。

L.C.L.

エヴァンゲリオンのコックピット(エントリープラグ)中に注水される液体。肺の中に満たすことでガス交換をすることが可能。A.T.フィールドを失うと生命は形を保てなくなり、生命の源である液体L.C.L.の状態となる。

ヤシマ作戦

3巻16話~19話(アニメでは6話)で5番目の「使徒」を撃退するために行われた。エヴァによる超長距離からの直接射撃のため、国内総電力を徴発。高エネルギー集中帯による一点突破を狙った作戦。

ポジトロン(陽電子)ライフルでシンジが砲手担当、レイは盾による防御を担当。

シンジは1射目を外し、レイの盾により2射めで撃退に成功。

人類補完計画

ゼーレとゲンドウはそれぞれにこの謎の計画を遂行するために動いている。

その実態はサード・インパクトにより、不完全な群体である最後の使徒(人類)を完全な単体としての生物へと人工進化させるための計画。

計画を遂行するためにはエヴァ・アダム・リリスに加え、ロンギヌスの槍と(レイの中にある)欠けたリリスの心が必要であるとゲンドウが言及している。

アダム

地球が太古の昔から宿していた生命の卵。第1使徒と呼ばれており、自身を含む12の使徒を生んだとされている。

(作中ではターミナルドグマに磔にされている白い巨人のことをアダムと呼称していたが、後にそれはリリスであることが判明した。)

アダムが南極大陸の地下に存在していることを発見したゼーレとゲンドウらは2000年、他の使徒が覚醒する前にアダムを卵にまで還元することに成功。その代償としてセカンドインパクトが起きてしまう。実働部隊だった葛城ミサトの父を含む調査隊はミサトを残し全滅。後に、胎児状にまで還元されたアダムは、加持リョウジによって碇ゲンドウに横流しされる。その後ゲンドウが胎児状のアダムを経口摂取し、自らの肉体に取り込む。ゲンドウが人類補完計画を実行に移そうとした際には、ゲンドウの左手に現れていた。

リリス

ファースト・インパクトで地球に外部からやってきた生命の卵(黒き月)。アダムと同じように1つの使徒(13番目の使徒)を生みだします。それが本来は地球に生まれるはずのなかった生命体・人間だったことが物語の終盤で明かされます。

ジオフロントのターミナルドグマに磔にされている白い巨人はリリスの肉体とされており、リリスの欠けた魂を持つレイと使徒(カヲル)が接触すればサード・インパクトが起こるとされている。

リリン

人類、地球の偽りの継承者、リリス(黒き月)より生まれた生命体

重要事件

ファーストインパクト

その昔、ひとつの天体と共に生命の卵が地球に落ちてきました。その時に起きた大爆発がファースト・インパクトです。このときに落ちてきた天体は砕け、宇宙の塵となりその一部が衛星(月)となったとされています。(そしてその際に地球の地中深くに残されていった生命の卵がリリス。)

セカンド・インパクト

2000年人類は最初の「使徒」とされる人型の物体・アダムを南極で発見します。その調査中に起きた原因不明の大爆発がセカンド・インパクトです。物語後半では、他の「使徒」が覚醒するのを未然に防ぐためアダムを卵にまで還元(もど)そうとした結果、人為的に起きた事故だったと明かされます。

この際、地球全域で水位上昇、天変地異、経済崩壊、民族紛争、内戦などが起こり世界人口は約半数に激減。地軸が移動するほどの大爆発により南極大陸は消滅、多くの都市が水没し、日本では四季が無くなり年中夏の気候となってしまいました。

サードインパクト

ネルフの地下に眠る白い巨人・リリス(物語前半ではアダムと呼ばれている)と「使徒」が接触するとサードインパクトが起こり人類が滅亡するとされています。このサードインパクトを防ぐために人類はエヴァンゲリオンを造り出し「使徒」を撃退していきます。(厳密には滅亡ではなく、リリスに接触した生命を含め地球上の全ての種が滅び、1つに結合し新たな生命体として生まれ変わる。

作者情報

マンガ版エヴァンゲリオンの作者、貞本義行先生は日本を代表するアニメーターでマンガ家です。

過去「ふしぎの海のナディア」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」など多くの人気アニメのキャラクターデザインを手がけてきました。
Twitter上ではこんなエヴァに関する裏話もツイートされています。

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

タグからマンガを探す