沈黙の艦隊

かわぐちかいじ

原子力潜水艦の独立国宣言!『沈黙の艦隊』核の抑止力によって維持される世界平和について問う  

海上自衛隊の潜水艦「やまなみ」沈没という衝撃的なニュースが日本を駆け巡った。ソ連の原子力潜水艦との衝突によって沈没した疑いがあり、艦長の海江田四郎以下、乗員70名の命は絶望的だという。しかし、「やまなみ」の乗組員は全員生存、彼らには日本初の原子力潜水艦「シーバット」に乗艦するという極秘任務が与えられていた!

かわぐちかいじ
沈黙の艦隊

沈黙の艦隊(1) (モーニングコミックス)
かわぐちかいじ/著

原子力潜水艦「シーバット」の反乱逃亡

沈没直前に「やまなみ」から乗員と共に脱出した海江田艦長。「シーバット」の艦長に抜擢された海江田は「この艦をアメリカの手先として使うつもりはない」と言い放ち、自らの手で潜水艦の外壁に名前を刻む。その名は「やまと」。極秘裏の試験航海のさなか、シーバットは米潜水艦隊に音響魚雷を放ち逃亡、深海に姿を消した。

原潜が独立国「やまと」を宣言

消えたはずの「シーバット」は突如、米第七艦隊の前に浮上する。

「グッド・モーニング・U・S・A ホンカン・ゲン・シ・リョク・ニテ・コウコウ・チュウ!」

1955年、人類初の原子力潜水艦「ノーチラス」号が打った電文と同じメッセージが、「シーバット」から米艦隊に向けて送られた。危険を冒してまで浮上した海江田は「日本初の原潜として打ってみたかった」と不敵に笑う。さらに海江田は、「シーバット」を撃沈しようと集結した第七艦隊に「本艦は脱走艦ではない、独立国やまとである」と宣言。領海侵犯したのは米軍であり、攻撃権は「やまと」にあると主張、米艦隊に向けて魚雷を放つ!これは「日本」による開戦なのか、独立国「やまと」による防衛なのか!?

「やまと」の魚雷は核か否か

『沈黙の艦隊』の見どころの一つは、逃げ場のない深海での潜水艦バトル。「やまと」のスクリュー音を搭載したおとり魚雷を使って米戦艦を誘導したり、潜水艦の周りを泡で包んで姿を消したり。戦術のおもしろさに加え、気になるのは「やまと」が核兵器を保有しているかどうか。核保持の疑いがある世界最強の原潜が深海を自由に回遊し、いつでも海からの核攻撃を行える状態にあることが、世界中を震撼させる!

各国の思惑が入り乱れる政治バトルもアツい。日本は「やまと」を独立国と認めるのか。海江田の真の目的とは何か。予想を超える展開にハラハラしっぱなし!これは読まないと!

沈黙の艦隊 (全32巻) Kindle版

2019年5月には、かわぐちかいじ先生原作の『空母いぶき』が映画公開。原作は累計500万部を突破するほどの大ベストセラーに。同じく自衛官をテーマにした『沈黙の艦隊』と合わせてこちらもチェックしたい!

かわぐちかいじ/著 惠谷治/監修
空母いぶき