違国日記

ヤマシタトモコ

35歳、少女小説家。(亡き母の妹) 15歳、女子中学生。(姉の遺児) 女王と子犬は2人暮らし。少女小説家の高代槙生(こうだいまきお)(35)は姉夫婦の葬式で遺児の・朝(あさ)(15)が親戚間をたらい回しにされているのを見過ごせず、勢いで引き取ることにした。しかし姪を連れ帰ったものの、翌日には我に返り、持ち前の人見知りが発動。槙生は、誰かと暮らすのには不向きな自分の性格を忘れていた……。対する朝は、人見知りもなく、“大人らしくない大人”・槙生との暮らしをもの珍しくも素直に受け止めていく。不器用人間と子犬のような姪がおくる年の差同居譚、手さぐり暮らしの第1巻!

あらすじ

少女小説家である高代槙生(こうだい・まきお)は、姉夫婦の葬式で、遺児の田汲朝(たくみ・あさ)を引き取った。

朝との同居生活がはじまるも、槙尾は「家の中に自分以外の誰か」がいることに困難を感じるように。槙尾の人見知りは、亡くなった姉である実里(みのり)と深く根付いていた。そして朝もまた、15歳という多感な時期に、自分の中にある母・実里の記憶と葛藤していた。

槙尾は、少女小説家として培った「言葉のちから」によって、朝の苦しみをひとつひとつ解いていく。それは実里に苦しめられていたかつての自分への救済でもあった。

「人と隔絶して生きることを選んだ」槙尾と、「ある日突然孤独になってしまった」朝、異なる孤独を抱えた二人は、同居をきっかけに、人との繋がりを取り戻していく。

豆知識

槙生が朝の親友・えみりに貸したDVDのタイトルは『フライドグリーントマト』。
朝に勧めたのは『マッドマックス 怒りのデスロード』

受賞歴

・このマンガがすごい!2020 オンナ編:第10位
・このマンガがすごい!2019 オンナ編:第4位
・俺マン2019:第4位

掲載誌

祥伝社の「フィール・ヤング」にて2017年から掲載

作品の魅力

主人公の槙尾(まきお)はとても人見知り。読んでいる私たちの中にも、程度の差はあれど「槙尾」がいます。

現実に生きる私たちも、人とうまく付きあえなかったり、それを責められてさらに心を閉ざしたり、ということをしばしば経験しますよね。まして、朝と同じ15歳の頃には、人からすれば些細なことに、深く傷ついたり…

少女小説家である槙尾が、15歳の朝に向けた、まっすぐで柔らかい、言葉たち。私たちのだれもが経験する多感な時期の、蓄積された心の”澱(おり)”を、丁寧に掬いとってくれます。

槙尾の言葉は、いつも解決策を教えてくれるわけではありません。ただ、あるがままを提示するだけだったり、ときには槙尾本人も分からなくてぐるぐるしたり。それでも、槙尾が選んだ言葉たちは、私たちの心の孤独な部分を、ほんのりと照らしてくれます。

作者情報

作者のヤマシタトモコ先生は、「ねこぜの夜明け前」で2005年アフタヌーン四季賞(夏)を受賞。
『FEEL YOUNG』等の女性誌、『月刊アフタヌーン』等の青年誌で、作品を執筆している。

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

タグからマンガを探す