3月のライオン

羽海野チカ

3月だけじゃない!コマで見る春夏秋冬で楽しめる『3月のライオン』の世界

『3月のライオン』は2007年よりヤングアニマルで連載されている羽海野チカ先生による将棋を題材にしたマンガです。主人公の桐山零をはじめ、登場人物達の織り成すドラマが胸を打つ魅力満載の作品です。2016年にはアニメも2シリーズに渡って作成され、2017年には実写映画も公開されました。

3月のライオン
羽海野チカ

季節感が美しい『3月のライオンの世界』

『3月のライオン』の魅力の一つに、春夏秋冬それぞれの季節感を感じさせてくれる美しいコマ描写があります。そこで今回は、四季折々の季節を感じさせてくれるコマを厳選した「3月だけじゃない!春夏秋冬で楽しめる『3月のライオン』の世界」と称してご紹介していきたいと思います!それでは早速いってみましょー!

4月のライオン 桜をバックに、、

一発目から桜をバックに渾身の一発ギャグをかます辻井さんという謎チョイス。本人は自信満々の様ですが市民の皆様にはちょっと響かなかった模様。

もり氏

かまし過ぎて桜が散りかねない危うい一コマ

5月のライオン 五月人形?

ぷっくりして玉の様な体躯をお持ちの二階堂おぼっちゃま。五月人形のような子供の日にピッタリのイメージなので、5月のライオンコマに認定です。

くまみ

もっちりつややか

6月のライオン 神様がついてくる

大雨の中、将棋の神様宗谷と零が歩くどこか幻想的でもあるシーン。雨なので6月という安易な選定です。

もり氏

神様が雨に紛れてついてくる。

7月のライオン 線香花火の切なさ

零君とひなちゃんの幸せそうな表情が印象的な夏の一コマ。

自分達が思っているより、世界はもっと、自分に優しいと思えるという言葉にもじんわりハートを持っていかれます。

おこめ

#夏のコマ #心に響いた一コマ

8月のライオンその1 お盆

お盆シーズンの少し物悲しい情景が沁みる一コマ。天国に行ってしまった大事な家族が、今日は帰って来ているのかな。あかりさんの表情がなんともいえない。

もり氏

お盆ですね、、

8月のライオンその2 流しそうめんに舌鼓

学校に作られた特設流しそうめんセットに大興奮のひなとももちゃん。中々上手くそうめんが掴めない2人にそっとアドバイスをする野口君は先生ではなく生徒なのですよ、と念を押しておきたい一コマ。

もり氏

本当に学生なのか野口、、、落ち着きがもはや初老クラス

9月のライオン その1

文化祭の出し物で化け猫の仮装をしているひなちゃんがただただぐうカワな一コマ。

もり氏

文化祭でこんな可愛い化け猫に会いたかった。。

9月のライオン その2 文化祭

ひなちゃんが学校を楽しんでいる姿を誰よりも見て欲しかったのが零君。文化祭の最後の最後に駆けつけた零君が優しく頷く姿も胸が暖かくなる一コマ。

もり氏

嬉しくて流す涙。優しく受け止める桐山君もステキ。

12月のライオン その1

幼き零君とすれ違う後の名人宗谷。その強さはもはや人外の者のそれか、な一コマ。

もり氏

天才を超えた存在。それは憧れかはたまた畏怖か。

12月のライオンその2 大晦日

その1とは打って変わって日本の大晦日の原風景を切り取ったかのようなほのぼのな一コマ。シリアスとほのぼのの対比も『3月のライオン』のたまらない魅力です。

もり氏

大晦日はおコタで紅白。

1月のライオン 会長は釣りがお好き

日本将棋連盟から届いた年賀状のアクの強さがたまらない一コマ。くせ者達が集う将棋連盟の会長たるものこれくらい将棋そっちのけで自分をアピール出来るくらいでないと務まらないのかも。。


もり氏

年賀状のクセがスゴい!

2月のライオン 受験シーズン!

ひなちゃんと共に試験会場に向かう零君。町は一面の雪。受験前の子にすべるは禁句ですよー!な一コマ。


もり氏

受験前は会話もナーバスになりますよね。

3月のライオン ひなまつり

本来のタイトル『3月』まで戻ってまいりました。ひなまつりに向けたお菓子お重の準備に心が弾むあかりさんとひなちゃん。可愛い和菓子にテンションが上がっている二人を見ているだけでほっこりな一コマ。

もり氏

あかりとひなちゃんのイキイキした顔がイイんだな、うん。

いかがでしたか?四季が織り成す季節ごとの描写も美しい『3月のライオン』の世界観が伝わったでしょうか?他にも本作品には思わず投稿したくなるコマが満載です!こちらのページから早速自分のお気に入りのコマを投稿してみましょう!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています