【体験記事】誰でもマンガが作れる!「World Maker」気をつけたいポイントや魅力を徹底解説

「少年ジャンプ+」発の誰でもマンガが作れるWebサービス「World Makerをご存知でしょうか?なんと、たった4つのステップで、あなたの頭の中にある物語をマンガにして世の中に公開することができるんです!

9月22日に全ての人が体験できるオープンβ版がリリースされ、話題沸騰中の「World Maker」。今回は「マンガは描いたことないけど月に100冊以上マンガを読むほどマンガが好き...!」と叫ぶアルライター・ちゃんめいが「World Maker」で実際にマンガを作ってみました。

World Maker」を使用する前に

まず、「World Maker」へアクセスする前に、本サービスはスマートフォンのみ対応なので要注意。さらにログインする際はTwitterアカウントが必須になるので事前に準備しておきましょう。

また、「World Maker」は多くのメモリを必要とするため、下記の端末、ブラウザでの体験を推奨しています。


<推奨端末>
iPhone:X以降の端末
Android:2、3年以内発売のハイエンド端末
※上記以外の端末でも体験は可能ですが不具合が起きる可能性があるので、予めご了承ください。

<推奨ブラウザ>
Safari 最新版、Chrome 最新版
※ブラウザの他タブを閉じることで、利用中のクラッシュを軽減できます。


使用環境の確認とログイン準備が済んだら、いざ「World Maker」でマンガ作り!

意外と難しい?!4ステップでマンガを作る

絵が描けなくても、スマートフォンがあればたったの4ステップでマンガが完成する「World Maker」。

ステップ 1|スマホでセリフやあらすじを入力
ステップ 2|自動でコマ割り化、複数のコマ割りの中から内容にあったコマ割りを選択する
ステップ 3| 背景やキャラクター、オノマトペなど約60万点の素材を自由に配置
ステップ 4|完成したマンガを公開して、SNSでの反響や編集部からのコメントを楽しむ

では、早速作ってみましょう!ちなみに、今回マンガ化したい物語は以下の通り。

10年来の友人が再会するたびに「ジャンプ読んでる?」って聞いてきて、一通り今注目している作品について話した後に「マジで今ジャンプ黄金期来てるわ〜」って一生言っている様子が個人的に面白かったので、この思い出をマンガにするぞい!

アルライター / ちゃんめい

ステップ1|脚本を書く

コマを区切りながら、ふきだしやナレーションを入力していく作業です。ちなみにマンガを描いたことがない私にとっては既にこの作業が難しかったです!
自分が区切ったコマや入力しているふきだしやナレーションが、最終的にどのように配置されるのかが全く想像がつかないため、いざこの先の作業に進んだ時にイメージと違い脚本からやり直す...ということを数回繰り返しました。

参考までに、完成形の画像と一緒に脚本を並べてみました。

ふきだしやナレーションの数は、後から追加したり削除することが可能なので、この工程では、自分が描きたい物語の再整理とコマの区切りに全集中することをおすすめします。

ステップ2|自動でコマ割り化

ステップ2に進むと、自動でコマ割りがされています。複数のコマ割りの中から内容にあったコマ割りを選択しましょう。

私は2コマ目の「今週のジャンプ読んだ?」と騒ぐ友人を目立たせたかったので、2コマ目が見せゴマになっているコマ割りを選びました。

ステップ3| 背景やキャラクター、オノマトペを配置

背景やキャラクター、オノマトペを配置していきます。背景、キャラクターの顔、体の向き、オノマトぺ、さらには「いらすとや」など、使える素材は全部で約60万点。スマホにある個人の写真をアップロードすることも可能です。

ちなみに、素材の一部は「少年ジャンプ+」で『トゥーヤング・トゥーアダルト』『生ゴミ』などの読切を掲載中の髙野陽介先生が手がけています。

ステップ4| 完成

*左から順番に読んでくださいこうして完成したのがこちら。タイトルは「いつでも黄金期。」です。

たった3ページですが私はトータルで4時間かかりました。一番時間がかかったのはやはりステップ1の脚本。そしてステップ3で素材が豊富過ぎてどれを選ぶのかに迷い、かなり時間を使いました。

実際に体験した感想を一言で言うならば「気軽にチャレンジはできるけど決して簡単ではない!」です。マンガをこの世に生み出すマンガ家さん、アシスタントさん、編集さん...みなさまへの畏怖と敬意の念が一層高まりました。

著名人やマンガ家、小説の先生までも続々と利用している「World Maker」。普段なかなかお目にかかれない、豪華クリエイター陣によるマンガは要チェックです!

声優・小野賢章さん

マンガ家・四谷啓太郎先生

マンガ原作者・嗤ヰ声先生

マンガ・大石浩二先生

なんと『トマトイプーのリコピン』番外編...!

小説家・成田良悟先生

World Maker」の価値

絵を描く、文章を書くならなんとなくチャレンジしやすいけれど「マンガを作る」となると途端にハードルが上がる印象があります。決して簡単ではないけれど、World Maker」を使うことでマンガを作る上で欠かせない物語のビジュアル化をサポートしてくれるのはとても心強いですよね。

また、気軽にマンガ作りにトライできるのはもちろん、脚本作成、コマ割り、セリフ入れ、キャラ配置、背景...といった一般的なマンガの制作過程を学べるのはとても面白い体験です。「World Maker」の登場、そして更なる進化によって、私たちの最も身近な表現手段の一つとしてマンガが定着する日はそう遠くはないのかもしれません。スマートフォンさえあれば、どこでもいつでも誰でもマンガという表現手段にチャレンジできることこそ「World Maker」の価値なのでないでしょうか。

第1回 World Maker ネーム大賞」開催中!

World Maker」オープンβ版のリリースを記念し、なんと「World Maker ネーム大賞」を開催中です。

3つのお題の中からいずれかを選択し、「World Maker」で制作した1ページから最大4ページまでのマンガネームを応募するというもの。大賞に選ばれた方は、30万円の賞金と共に宇佐崎しろ先生と大石浩二先生に各大賞の作画をしていただく権利と「少年ジャンプ+」掲載が付与されます!

これを機に「World Maker」を利用してマンガにチャレンジしてみませんか?

OGPは筆者によるWorld Makerでの作成途中画像より
記事内画像はPR TIMESより
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000432.000014685.html
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000447.000014685.html

最新マンガニュースやお得情報を配信

アル公式Twitter
アル公式LINE

人気のニュース

新着ニュース

今、無料で読めるマンガ