最適な道を描け!ストレングスファインダー ”戦略性”持つあなたにおすすめのマンガ4選

マンガを読む切っ掛けは人それぞれ。様々な理由でその作品に辿り着き、ワクワクしドキドキしハラハラし、数多くの感情を抱えながら作品を読み進めます。そしてそんな時、「このマンガは自分のためにあるのでは?」と思ったことはないでしょうか?

フェルマーの料理

自分と主人公の大事にしていることだったり思考パターンが同じだったりして「わかる…!」となった経験、覚えがある人もいるのでは?

もし、そんなマンガとの幸せな出会いが増やせたら、もっとステキだと思いませんか。そこで使えるのが、もしかしたらもう耳にしたことがあるかもしれません、自分の資質を見つける才能診断ツール「ストレングスファインダー」なんです!

ストレングスファインダーってなに?

人生で役立つ自分の強みを34種類の資質に分けて教えてくれる分析ツール、それがストレングスファインダーです。200万人の社会的成功者へインタビューをして成功要因を分析し、それを34種類のパターンに分類して作られました。

日本でも多くのビジネスマンが利用し、その精度の高さは「当たりすぎて気持ち悪い」と言われるほど!

ストレングスファインダーの公式サイト
(ストレングスファインダーは有料のサービスです)

この記事では34種類の資質の1つ、「戦略性」を持っている人におすすめなマンガを紹介します。

戦略性ってどんな資質?

戦略性を一言で言えば「目的への最適ルートを描き出す才能」です。

例えば部活の試合、目的はもちろん「勝つこと」だとしても、その場所へ至るルートはいくつもあります。

敵チームのスタミナ不足を突き、前半はあえて攻めさせて後半で点を稼ぐのか?それとも経験不足を突き、速攻で得点した後に守りを固めるのか?

自チームの強みは?敵チームの強みは?自チームの強みを発揮しつつ敵チームの強みを発揮させない状況は、どうやったら作り出せる?

人材、物資、地形、メンタル、流れる川面のように変化する状況を踏まえ、今できる最善の一手を考え続ける。それができるのが「戦略性」の資質を持った人です!

そして「戦略性」を持っている人におすすめなマンガはこちら!

まおゆう

王道なファンタジー世界を舞台としていますが、序盤から「魔王と勇者が手を組む」というちょっと変わったことをしている作品です。

組んだ2人の目的は世界を救うこと。しかし物語の核となるのはその方法です。

魔法や伝説といったものをほぼ使わず、農業改革や産業改革、国家外交などの現実的アプローチで世界を救おうとします。

小さな寒村の立て直しから始まり、国家運営にまで及ぶ魔王の打ち手はとてもクール!

何度苦境に立たされても「状況の把握→課題の発見→解決方法の立案」の手順で、常に諦めず最適な一手を探すスタンスを見たとき、あなたの中の戦略性がうずきだすでしょう!

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」(1) (角川コミックス・エース)
石田あきら/著,水玉蛍之丞/イラスト,toi8/イラストその他,橙乃ままれ/その他,水玉螢之丞/その他

辺獄のシュヴェスタ

魔女狩りの嵐が吹き荒れる、16世紀初めのヨーロッパ。親を魔女として殺された少女の復讐譚です。

とにかく推したいポイントは主人公の冷徹な思考力、それが生み出す戦略のドラマ!

主人公は復讐を果たすために仇に近づこうとするのですが、その道は困難を極めます。強制的に入れられた悪徳修道院での過酷な生活。そこでも待ち受ける異教徒狩りや洗脳の罠。

辺獄のシュヴェスタ

それらの課題を正面から見据え、「今できる最適解」を探し続ける。狂気さえ感じるほどの冷徹な戦略に、脳の奥がゾクゾクします!

辺獄のシュヴェスタ (全6巻) Kindle版

ゴブリンスレイヤー

舞台は王道ファンタジー。しかし主人公が倒すのは、魔王でも龍でもなくゴブリンのみ。

「え、ザコ狩り?」と思うかもしれませんがそれは違います。

例えば現実でクマに襲われるより車にはねられる機会のほうが多いように、ファンタジー世界の住人にとって身近な恐怖は「小さいけれど侮れないモンスター」なのです。

1番の魅力はゴブリン退治のシビアな描写、言い換えれば「解像度の高さ」です!

  • 狭い洞窟の戦闘に向いた武器は何か?

  • ゴブリンの寝込みを襲う方法は?

  • 敵に囲まれず常に1対1で戦うには?

こういった臨場感たっぷりの工夫がたくさん出てきます。

自分が持つもの全てを使って、泥臭く「勝つための工夫」を積み上げる。血の匂い漂う勝利への道を行く姿にシビれるでしょう!

フェルマーの料理

数学者の道に挫折した数学少年が、天性の論理能力とひらめきを使って料理の新しい世界を切り開く物語。

出てくる料理がなぜ美味しいのか、ロジカルに説明してくれる珍しい作品です。

フェルマーの料理

しかし僕が推したいポイントはそのロジカルさではなく、その裏側にある狂気!

目的達成のために手段を選ばない姿勢なのです!

フェルマーの料理

主人公は「美味しい料理を作る」という目的のためにレシピなどを組み立てます。天才少年なのでその道筋はほぼ正しいです。

でも論理としては正しくても、常識的には異常なことがあったります。それを当たり前のように実行してしまう。だって料理が美味しくなるから。

「最適な方法を描き、実行する」ための、自然体で素朴な狂気。

フェルマーの料理

それを目にした時、快感があなたの脳を突き抜けるでしょう!

フェルマーの料理(1) 【『アオアシ』コラボイラスト特典付き】 (月刊少年マガジンコミックス)
小林有吾/著

最適な道を描く楽しさを、マンガで

持っているものを工夫して目的を達成するのは楽しいもの。その楽しさをマンガの中でも見つけてもらえたら嬉しいです!

✍️🏆🎊✍️🏆🎊✍️🏆🎊✍️🏆🎊✍️🏆🎊

現在、ヤングジャンプが40周年を記念して総額1億円の漫画賞を開催中です。デビューするチャンスは誰にでもアル!


人気のニュース

新着ニュース

今、無料で読めるマンガ