「アルでライターに転生したら、オタクがスキルになったよ」という話をします。

マンガオタクの皆様、溢れる愛を持て余してはいませんか

推し作品にできることは「作品を買う」「ツイートする」「ファンレターを書く」などがありますが、最強の推しメソッドを紹介します。

それが、「アルで記事を書く」です。

どのあたりが最強なのか。
実際にアルでライターをしている筆者から、魅力をお伝えします!

わたなべ

自分の人生をかけたいと思える仕事があるって幸せかもしれない。

働きマン


1.オタクがスキルになる

私は、アルのライターをするまでは、いちオタクでした。

好きなものを追い続けて、深掘りし、聞いてくれそうな人を捕まえては布教するという、どこにでもいるオタク。
「ライター」ってなんだか響きがキラキラしていて、自分とは無縁の世界だとさえ思っていました。

えーき

覚悟決めたww

私がモテてどうすんだ

ところが、けんすうさんのつくったこの「アル」のコンセプトが「愛で作る」と知って「それなら私、得意です!」と思い、ライターに応募しました。
批評的なコメントがつきもののマンガレビュー。
ただただ「これいいよね!」と語れる場所を作ろうとしていることに、大賛成でした。

ハパ

「変じゃない!自分が好きになったものを信じろよ」 #三玖 #みく #風太郎 #名言

五等分の花嫁


「愛」というと聞こえはいいですが、ひたすらに推しをリサーチしまくる自分の気持ち悪さを正当化する場所がほしかったのかもしれません。
それは否めません。ただ、書いた記事に「熱量がすごい!」という評価がついたとき、オタクはスキルに変わりました。

ハパ

マンガ 死ぬこと以外かすり傷


2.布教活動がはかどる

いまの時代、どうやら個人を売り込むことは武器になるようですね!
アルをはじめるまでは何者でもなかった筆者ですが、今では「アルでライターをしています」と言えるようになりました。ブランドがついたのです。

こうしょう

人生はじまったと思ったら、大声で叫ぶ!

原作版 左ききのエレン


「ブランドなんてなんぼのもんじゃい、ワシはアンダーグラウンドで生きていくのだ!」という反骨精神は正直ありました。でも、自分にブランドがあることで、オタクにはたまらない付加価値があることに気がつきました。それは、「布教活動がはかどる」ということです。
オタクという生き物は、布教ができると、その日は安眠できるのです。

ハパ

#名言 #金森氏に学ぶビジネスの心得

映像研には手を出すな!


3.作者と関われる!!!

これは本当にびっくりしたのですが、記事を作者さんがツイートで紹介してくれるのです。アルすごい。けんすうさんすごい。
筆者はいま、『映像研には手を出すな!』という作品を推しに推しています。そしてありがたいことに、作者の大童澄瞳(おおわら・すみと)先生のタイムラインに、筆者の記事が度々、登場しています。

注意点

いいことばっかり言ってもなんか胡散臭いぞ、と思っちゃう私みたいな人のために、注意点も書いておこうと思います。
それは、「全然怒られない」ということです。むしろ、めっちゃ褒めてもらえます。なんだ、いいことじゃないかと思いますよね。いや、実際、いいことだとは思うのです。ただ、その分「自分で自分に厳しくなる」ということが必要な気がしています。

ハパ

「あなたプロでしょ━━。プロでしょ━━!!」 #ヨウコ #レスに使えるコマ #この顔なに

ザ・ファブル


このあたりのことは、けんすうさんvoicyで言っていて、グサリときました

この特権、ぜひ味わってほしい

以上、アルでライターをする魅力をお伝えしました。
おさらいをすると

  1. オタクがスキルになる

  2. 布教活動がはかどる

  3. 作者と関われる


です!特に、この「3.作者と関われる」は、ファンとして抜けがけしているような後ろめたさまで感じております!
ぜひ、この特権を、味わってほしいです。


torai0115

最高の誘い方に使えるセリフ!

王様達のヴァイキング



▼応募はこちらから!




最新マンガニュースやお得情報を配信

アル公式Twitter
アル公式LINE

人気のニュース

新着ニュース

今、無料で読めるマンガ

出版社・著者様へ

記事化させていただけるようなニュースがありましたら、ご連絡ください

問い合わせる