もやしもん

石川雅之/著

全13巻完結

菌が見える特殊能力を持つ、もやし(種麹)屋の次男坊、沢木惣右衛門直保。彼は東京の某農大に入学する。農大を舞台に、沢木と研究室その他の仲間達、そして菌が活躍したりしなかったりのキャンパスライフ。大学生活のモラトリアム感と、菌が満載の「もやしもん」。あなたもぜひ、かもされてみてください。カバーや本体表紙もきっちり収録!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

もやしもんの記事

菌の世界へようこそ!『もやしもん』  農大でモラトリアムを謳歌する若者たちの物語

『もやしもん』は、『惑わない惑星』や『純血のマリア』などを手掛ける石川雅之先生の作品です。全13巻完結済みで、アニメ化、ドラマ化もされています。菌がテーマとなっており、世界中の人々の食生活に欠かせない発酵食品や農業に関する知識がたくさん出てきます。知らないことを知ることが好きという方には特におすすめなマンガです!あらすじ醤油や味噌、日本酒作りに欠かせない種麹(たねこうじ)を販売するもやし屋の次男で、跡取り息子である沢木は農業大学に入学します。肉眼で菌を見たり、菌と会話できるという不思議な力を持つ沢木は、菌に関する研究の権威である樹教授に目をつけられ、「樹ゼミ」の活動に参加することに。ちなみに沢木から菌たちはこんな風に見えています。「樹ゼミ」に集まるメンバーは、白衣にボンテージ姿のお嬢様や「笑い飯」の西田さん似の先輩、ゴスロリといった個性的な面々ばかり。『もやしもん』は、そんな沢木たちののんびりとした大学生活を描いた物語です。菌の世界にようこそ!「樹ゼミ」では漬物や味噌、お酒など、菌の働きによって作られた発酵食品を食べたり、飲んだり、作ったり、その成分や歴史について学んだりしています。内容は専門的なものも多くありましたが、詳しく丁寧に解説が書かれているため、菌の世界に入っていきやすいです。デフォルメされたかわいい菌たちによるコラムもおもしろいです。作品で得た知識も相まって、実際にそれを口にしてみたいという想いに囚われることは避けられません!モラトリアムを謳歌するここで言うモラトリアムの意味は次の通りです。『もやしもん』の登場人物たちは大学生活というモラトリアムを謳歌します。時と場所を気にせずお酒を飲みまくったり、興味の赴くまま研究・実験に打ち込んだり、大学の変なイベントに全力で乗っかったり、ときには勢いで海外へ飛び出したりすることも…そんなことやっていいのかと思うシーンもありますが、それが何となく許される空気感はまさにモラトリアムです!また、いつも自由で楽しそうな彼らですが、将来の進路、親からの束縛、昔からのコンプレックスなど様々なことに悩み、その答えを見つけようともがく姿も描かれます。そんなモラトリアムの中でゆっくりと大人になっていく彼らの歩みもぜひご覧ください!---🏆🏆🏆---2019年に読んだマンガで最高だった3冊を選んでSNSでシェアしよう!ログインなしですぐできる!ハッシュタグは #2019年私のマンガBEST3

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

「菌が見える大学生」を主人公とした、農大が舞台のコミカルな群像劇。 美味しいところが盛りだくさんの、豪華なお鍋みたいな作品です。 ーあらすじー ■主人公は幼い頃から「菌の姿が見え、会話もできる」という特殊能力を持つ青年。 ■家業が種麹屋であることもあり、東京の農業大学に入学します。 ■そこで出会ったのは、密造酒作りに失敗した先輩や、日本政界にパイプを持つ教授、研究室でボンテージを着る財閥のお嬢、などの濃いメンツ。 ■菌と発酵にまみれた大学生活がはじまりました! 個性的で可愛いキャラたち、発酵や食品の知識、大学生らしいノスタルジックなコミカルさ、などなど。 濃い要素がたくさん登場します。 しかし僕が勝手に「これがテーマじゃないかな?」と思っているのは、「人と自然との関係性」! 主人公の能力もそのメタファーなのではと思っています。 どういうことかというと、発酵っていういうのがそもそも「菌を従わせる」ではなくて「菌と対話する」ものなんですね。 菌は人間の言う通りには動いてくれないから、菌が何をしたいのか聞いてその要望が通るようにしなきゃいけない。 じゃないと発酵がうまくいかない。 主人公の能力もあくまで「菌と会話できる」に止まっているんですね。バトルマンガなら「菌をコントロールする」とかの能力になりそう。 なので菌と主人公の立場はあくまで対等です。悪口言われたりもします。 そんな感じで、人は自然をコントロールしようとするけど、対等に会話するって方法もあるよーみたいなことを描いているのではないかと。 そんなことを思った作品でした。 とはいえ面白いポイントの多い作品なので、大学生ライフ、発酵うんちく、ゴスロリコスプレ、などのどれかに引っかかった人はそれだけで楽しめると思います。

2019年11月20日

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿