もやしもん

石川雅之/著

全13巻完結

菌が見える特殊能力を持つ、もやし(種麹)屋の次男坊、沢木惣右衛門直保。彼は東京の某農大に入学する。農大を舞台に、沢木と研究室その他の仲間達、そして菌が活躍したりしなかったりのキャンパスライフ。大学生活のモラトリアム感と、菌が満載の「もやしもん」。あなたもぜひ、かもされてみてください。カバーや本体表紙もきっちり収録!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

もやしもんの記事

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

「菌が見える大学生」を主人公とした、農大が舞台のコミカルな群像劇。 美味しいところが盛りだくさんの、豪華なお鍋みたいな作品です。 ーあらすじー ■主人公は幼い頃から「菌の姿が見え、会話もできる」という特殊能力を持つ青年。 ■家業が種麹屋であることもあり、東京の農業大学に入学します。 ■そこで出会ったのは、密造酒作りに失敗した先輩や、日本政界にパイプを持つ教授、研究室でボンテージを着る財閥のお嬢、などの濃いメンツ。 ■菌と発酵にまみれた大学生活がはじまりました! 個性的で可愛いキャラたち、発酵や食品の知識、大学生らしいノスタルジックなコミカルさ、などなど。 濃い要素がたくさん登場します。 しかし僕が勝手に「これがテーマじゃないかな?」と思っているのは、「人と自然との関係性」! 主人公の能力もそのメタファーなのではと思っています。 どういうことかというと、発酵っていういうのがそもそも「菌を従わせる」ではなくて「菌と対話する」ものなんですね。 菌は人間の言う通りには動いてくれないから、菌が何をしたいのか聞いてその要望が通るようにしなきゃいけない。 じゃないと発酵がうまくいかない。 主人公の能力もあくまで「菌と会話できる」に止まっているんですね。バトルマンガなら「菌をコントロールする」とかの能力になりそう。 なので菌と主人公の立場はあくまで対等です。悪口言われたりもします。 そんな感じで、人は自然をコントロールしようとするけど、対等に会話するって方法もあるよーみたいなことを描いているのではないかと。 そんなことを思った作品でした。 とはいえ面白いポイントの多い作品なので、大学生ライフ、発酵うんちく、ゴスロリコスプレ、などのどれかに引っかかった人はそれだけで楽しめると思います。

2019年11月21日

同じ作者のマンガ

このマンガを読んでいる人はこんなマンガも読んでいます

寄生獣

シンイチ…『悪魔』というのを本で調べたが…いちばんそれに近い生物はやはり人間だと思うぞ…他の動物の頭に寄生して神経を支配する寄生生物。高校生・新一と、彼の右手に誤って寄生したミギーは互いの命を守るため、人間を食べる他の寄生生物との戦いを始めた。

とんがり帽子のアトリエ

小さな村の少女・ココは、昔から魔法使いにあこがれを抱いていた。だが、生まれた時から魔法を使えない人は魔法使いになれないし、魔法をかける瞬間を見てはならない……。そのため、魔法使いになる夢は諦めていた。だが、ある日、村を訪れた魔法使い・キーフリーが魔法を使うところを見てしまい……。これは少女に訪れた、絶望と希望の物語。

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見

岸京一郎(きし・けいいちろう)、職業・病理医。病理医とは、生検や病理解剖などを行って、病気の原因過程を診断する専門の医師のこと。各診療科の医師は、彼の鑑別をもとに、診断を確定させたり治療の効果をはかる。医師たちの羅針盤となり、人知れず患者を救う岸。医師たちは彼について、口をそろえてこう言う。「ヤツは強烈な変人だが、極めて優秀だ」と――。

シドニアの騎士

対話不能の異生物・ガウナ(奇居子)に太陽系を破壊されて千年。人類の繁殖と生産を維持しながら宇宙を旅する、巨大なる播種船・シドニア。シドニアの最下層で育った青年・谷風長道(たにかぜ・ながて)は、衛人(モリト)と呼ばれる大型兵器の訓練生となり、歴史的名機・継衛(ツグモリ)への搭乗を許される。長道の命を賭(と)した戦いが今ここに幕を開ける!

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

ブルーピリオド

山口つばさ/著

既刊7巻

インベスターZ

三田紀房/著

全21巻完結

Dr.STONE

Boichi/著 稲垣理一郎/原著

既刊15巻

決してマネしないでください。

蛇蔵/著

全3巻完結

タグからマンガを探す