アルスラーン戦記

田中芳樹 荒川弘

既刊12巻

国が燃えている…。世界はどれだけ広いのか? 強国「パルス」の王子・アルスラーンは、いまだ何者でもなく、ただ好奇心にあふれていた。「頼りない」「気弱」「器量不足」と言われたアルスラーンが14歳になった時、遠国の異教徒がパルスへ侵攻。アルスラーンは初陣の時を迎える。パルス軍の強さは古今無双。この戦もパルスの圧勝に終わると誰もが信じていた……。奈落へと落ちたアルスラーンの運命! 激動の英雄譚、開幕!!
新刊情報
最新刊 12巻
2019年11月08日

13巻 (電子書籍)

2020年05月09日発売(アルの予想)

3行でわかるアルスラーン戦記

栄華を誇ったパルス王国は、王の側近の裏切りもあって侵攻してきたルシタニアとの戦いに大敗北してしまう。

初陣だったアルスラーンはかろうじて生き延び仲間と共に身を隠し、復讐戦の準備を決心する。これは王太子アルスラーンが国を取り戻す物語

小説から始まり、劇場、ビデオ、テレビ各アニメ、ゲーム化と幅広いジャンルで人気。ファンタジー世界に親しみやすいマンガ版はアルのオススメ!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

アルスラーン戦記の記事

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

【人は「生まれ」から自由になれるのか?】 バトルや人間ドラマを楽しんでいるうちに、深いテーマが体に染み込んでいく作品です。 ーあらすじー ■高い文化と精強な軍隊を誇る強国、パルス。その王太子であるアルスラーンは、武芸や勉学に励む心優しい少年だった。 ■しかし平穏は突然終わりを迎える。国王である父と共に隣国ルシタニアとの決戦に赴いたが、そこで大敗北を喫したのだ。 ■ルシタニアに包囲される首都。敵の手から逃れ辺境へと逃げるアルスラーン。 ■旅の中で経験するいくつかの出会い。信頼し力を貸してくれる者、知らなかった世界を教えてくれる者、王宮では見れなかった世界の現実。 ■これは少年が王になるまでの物語。 もうあれですね! 漫画に必要な要素が全部レベル高いですね! 絵の綺麗さ、キャラクターの魅力、バトルの迫力、時間をかけて読者の想いを育てるストーリー、などなど盛りだくさんです。 けどまーやっぱりこんな文章を書くからには自分なりの視点を書きたいので、ここでは「生まれと生き方」の話をさせてください。 どういうことかというと、この作品の根っこの方に「人は生まれ方じゃなく生き方が大事だ」みたいなテーマがあると思うんです。 ネタバレ防止のために詳しいことは伏せておくんですが、アルスラーン王子とそのライバルの関係性がまさにそんな感じです。 更に言えば、アルスラーンが奴隷を解放しようとしているのも、従者のエラムが元奴隷なのも、インドっぽい国の後継者争いであいつが勝ったのも、あのキャラが騎士になろうとしているのも、全て「どう生きるか?自分は何者として生きるか?」という問いかけがなされていると思うのです。 すごいのはそれが全然表面的じゃないというか、押し付けがましくないところ。全てキャラクターの要素や生き様を通して描かれています。 そうやって見ればおそらく最終決戦になるであろう「アルスラーン対ライバルのあいつ」の戦いは、そういった思想信条の戦いとも取れるわけです。 背景に何を見るかという問題ではありますが、そう思いながら読むと戦いが更に熱くなります。 とんでもない完成度と壮大さを併せ持つ歴史ファンタジー! 歴史ものやバトルものが好きな人は間違いなく楽しめるのでぜひ!

2019年11月06日

このマンガを読んでいる人はこんなマンガも読んでいます

宝石の国

今から遠い未来、宝石のカラダを持つ28人は、彼らを装飾品にしようと襲い掛かる月人に備えるべく、戦闘や医療などそれぞれの持ち場についていた。月人と戦うことを望みながら、何も役割を与えられていなかったフォスは、宝石たちを束ねる金剛先生から博物誌を編むように頼まれる。

はたらく細胞

肺炎球菌! スギ花粉症! インフルエンザ! すり傷! 次々とこの世界(体)を襲う脅威。その時、体の中ではどんな攻防が繰り広げられているのか!? 白血球、赤血球、血小板、B細胞、T細胞…etc.彼らは働く、24時間365日休みなく! 連載初回から大反響を呼んだ「細胞擬人化漫画」、待望の第1巻登場!

人形の国

遺跡層におおわれた巨大人工天体「アポシムズ」。危険な「自動機械」や「人形病」に侵された者たちが彷徨う極寒の地表で暮らすエオ、ビコ、エスロー達は行軍訓練のさなか、強大なリベドア帝国の兵士に追われる不思議な少女を助ける。少女から託された「コード」と「七つの弾丸」、それは世界の運命を大きく変えるものだった……!! 『BLAME!』『シドニアの騎士』の弐瓶勉が描くダーク・アドベンチャー・ファンタジー開幕!

四月は君の嘘

桜の花びら、音楽、そして嘘。君と出逢った日から世界は変わる――母の死をきっかけにピアノを弾かなくなった、元・天才少年ピアニスト有馬公生(ありま・こうせい)。目標もなく過ごす彼の日常は、モノトーンのように色が無い……だが、友人の付き添いで行ったデートが、少年の暗い運命を変える。性格最低、暴力上等、そして才能豊かなヴァイオリニスト……少女・宮園(みやぞの)かをりと出逢った日から、有馬公生の日常は色付き始める!! 胸を打つ青春ラブストーリー!!

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

同じタグのマンガ

ドリフターズ

平野耕太/著

既刊6巻

ダンジョン飯

九井諒子/著

既刊8巻

タグからマンガを探す