ヒストリエ

岩明均/著

既刊11巻

舞台は紀元前。奴隷の身分にありながら、豊かな教養と観察眼、判断力、そしてそれらを駆使して行動を起こす度胸を兼ね備えた、不思議な青年・エウメネスがいた。あの偉大なる哲学者・アリストテレスの逃亡を助けたりしながら、彼が目指していたのは、「故郷」と呼ぶカルディアの街……。のちにアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの、波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作が登場!
新刊情報
最新刊 11巻
2019年07月23日

12巻 (電子書籍)

2021年11月21日発売(アルの予想)

3行でわかるヒストリエ

どんなに科学が進化しようとも二度と辿り着けない舞台、それが過去。紀元前4世紀、古代ギリシャを舞台に描かれるエウメネスの波乱に満ちた生涯を描く!

その知と機転でやがてアレキサンダー大王の書記官にまでなるエウメネス。マンガを読み2300年以上前の世界にしばし思いを馳せよう

「寄生獣」で日本中を震撼させた岩明均が贈る歴史大作。第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第16回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した、ズドンと読み応えがあるストーリー展開に要注目!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

【スピンオフから歴史を見る】 読めば読むほど史実が立体的に浮かび上がってきます! ーあらすじー ・古代ギリシャの時代。一度は奴隷の身にまで落ちながら、のちにアレクサンドロス大王の書記官にまでなった男がいた。 ・名はエウメネス、ギリシア植民都市の有力者の息子として生まれ、数奇な運命を辿った彼の一生が描かれる。 この作品で推したい魅力は「歴史の立体感」! まるでスピンオフ作品のように、よく知っている世界が別の顔を見せる感覚がたまらないです。 どういうことかというと、歴史的にはど超主人公キャラのアレクサンドロス大王が重要キャラとして出てくるんですね。 でも物語の主眼が置かれるのはそこじゃない。大王の周りの人間たちの動きや当時の世界情勢なんかにスポットが当たるのです。 破格の英雄が偉業を成そうとする時、その周りにいる秀才や凡人はどうすればいいのか? 既存権力者の思惑、凋落した豪族の執念、地方権力者の夢と絶望。 そういった、年表にはおそらく書かれない様々なドラマ描かれていきます。 またそれを表現する岩明均先生のセンスもやっぱりすごい! 決して派手な絵ではないのに、見やすい線見やすい表情からキャラクターの感情が伝わってきます。 知っている物語を違う側面から見たい人にオススメの作品です!

2019年10月13日

同じ作者のマンガ

このマンガを読んでいる人はこんなマンガも読んでいます

プラネテス

SFニュースタンダード登場!! 400万年を経て人は地上より飛び立った。この宙(そら)は人の強さを試す。

弱虫ペダル

ママチャリで激坂を登り、秋葉原通い、往復90km!! アニメにゲーム、ガシャポンフィギュアを愛する高校生・小野田坂道、驚異の激コギ!! ワクワクの本格高校自転車ロードレース巨編!!

東京タラレバ娘

「タラレバばかり言ってたら こんな歳になってしまった」そんなにイケていないはずじゃないのに気づいたらアラサ―になっていた倫子。6年後の東京オリンピックまでには結婚したいと思うけど…。東村アキコの女子に対する鋭い視点と笑いがさく裂する最新作!!

シドニアの騎士

対話不能の異生物・ガウナ(奇居子)に太陽系を破壊されて千年。人類の繁殖と生産を維持しながら宇宙を旅する、巨大なる播種船・シドニア。シドニアの最下層で育った青年・谷風長道(たにかぜ・ながて)は、衛人(モリト)と呼ばれる大型兵器の訓練生となり、歴史的名機・継衛(ツグモリ)への搭乗を許される。長道の命を賭(と)した戦いが今ここに幕を開ける!

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

亜人

原作:三浦追儺 漫画:桜井画門

既刊15巻

暁のヨナ

草凪みずほ/著

既刊31巻

ジョジョの奇妙な冒険 第5部

荒木飛呂彦/著

既刊10巻

テルマエ・ロマエ

ヤマザキマリ/著

全6巻完結

アクタージュ act-age

マツキタツヤ原作 宇佐崎しろ漫画

既刊11巻

ONE OUTS

甲斐谷忍/著

全20巻完結

タグからマンガを探す