ファイアパンチ

藤本タツキ/著

全8巻完結

『氷の魔女』によって世界は雪と飢餓と狂気に覆われ、凍えた民は炎を求めた──。再生能力の祝福を持つ少年アグニと妹のルナ、身寄りのない兄妹を待ち受ける非情な運命とは…!? 衝戟のダークファンタジー、開幕!!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

予測不能の一言! あらすじはこんな感じ! ・世界の全てが雪に閉ざされ、人々はわずかな資源を奪い合う世界 ・「体を再生できる」という能力を持つ兄と妹は、禁断の方法で村に食料を提供していた ・しかし、ある日訪れた炎の能力者に村を焼かれ、妹も死んでしまう ・残された兄は、消えない炎に再生する体で耐え続け、炎の能力者への復讐を始める とにかくまー話が予想できない作品です。 そしてめちゃくちゃ面白いです。 普通こういった復讐劇だったら復讐対象にいかに近づいていくかとか、どんな復讐スキルを手に入れるかとか、そういったプロセスの描写で魅せる作品が多いと思います。 しかしこのマンガはもー、そんな一本道全然歩かせてくれない。 主人公の仲間は作品の中で勝手に映画を撮影し出すし、敵のボス的なやつが妹そっくりで殺せないし、復讐相手はなんか隠居みたいになってるし。 そして主人公本人もそこまで目的意識が明確じゃなくて「あれ、俺何したいんだろう?」みたいになることがよくあるんですよ。 (体が燃え続けているからあんまり思考できない) なので読み手側は「おい、どうなるんだ?俺たちはどこへ連れて行かれるんだ?」と不安を覚えることもたびたびです。 しかしその不安が悪い意味で裏切られることは決してありません。 行き先不明のフラついた車ですが、そのドライブと目的地が面白いものであることは保証します。 どうぞこのスリリングな物語に乗り込んでみてください!

2019年09月08日

同じ作者のマンガ

このマンガを読んでいる人はこんなマンガも読んでいます

AIの遺電子

人類の夢…テクノロジーの結晶・ヒューマノイド。人さながらに「病」を抱える彼らには、人とは違う「治療」の選択肢があった…。悩めるAIたちに寄り添う新医者・須堂の物語、開幕!近未来系ヒューマノイドSF医療物語!

まんがで読破

「弱虫は幸福をさえおそれるのです」 波乱の人生を歩んだ文豪・太宰治が、死の直前に書き上げた傑作自伝的小説を漫画化!【あらすじ】「人間はなぜ生きなければいけないの?」世間を恐れ、道化を装い、周囲を欺き、ありのままの自分を隠してきた少年・葉蔵。やがては蔵は拒否することのできない青年へと成長していく。愛を求めながらも他者への恐怖に苦悩する孤独な生涯とは?太宰 治(1909~1948)青森県出身。東京帝大在学中に、左翼運動にかかわる。女性問題、薬物中毒、数度の自殺・心中未遂など、波乱の青春時代を送る。運動絶縁後は執筆に集中し、多くの傑作を発表。自伝的小説「人間失格」完成の一ヶ月後、玉川上水にて入水。その作品の他に「走れメロス」「斜陽」等。

寄生獣

シンイチ…『悪魔』というのを本で調べたが…いちばんそれに近い生物はやはり人間だと思うぞ…他の動物の頭に寄生して神経を支配する寄生生物。高校生・新一と、彼の右手に誤って寄生したミギーは互いの命を守るため、人間を食べる他の寄生生物との戦いを始めた。

四月は君の嘘

桜の花びら、音楽、そして嘘。君と出逢った日から世界は変わる――母の死をきっかけにピアノを弾かなくなった、元・天才少年ピアニスト有馬公生(ありま・こうせい)。目標もなく過ごす彼の日常は、モノトーンのように色が無い……だが、友人の付き添いで行ったデートが、少年の暗い運命を変える。性格最低、暴力上等、そして才能豊かなヴァイオリニスト……少女・宮園(みやぞの)かをりと出逢った日から、有馬公生の日常は色付き始める!! 胸を打つ青春ラブストーリー!!

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

ゴールデンカムイ

野田サトル/著

既刊21巻

亜人

原作:三浦追儺 漫画:桜井画門

既刊15巻

ワンパンマン

ONE原作 村田雄介著者

既刊20巻

のだめカンタービレ

二ノ宮知子

全25巻完結

進撃の巨人

諫山創

既刊31巻

約束のネバーランド

出水ぽすか/著 白井カイウ/原著

既刊18巻

先生の白い嘘

鳥飼茜/著

既刊8巻

奈落の羊

きづきあきら サトウナンキ

既刊6巻

タグからマンガを探す