ランウェイで笑って

猪ノ谷言葉/著

既刊15巻

身長は、158cmから伸びなかった・・・。藤戸千雪の夢は「パリ・コレ」モデル。モデルとして致命的な低身長ゆえに、周囲は「諦めろ」と言うが、千雪は折れない。そんなとき、千雪はクラスの貧乏男子・都村育人の諦めきれない夢「ファッションデザイナー」を「無理でしょ」と切ってしまい・・・!?「叶わない」宣告をされても、それでも一途に夢を追って走る2人の物語。
新刊情報
最新刊 15巻
2020年03月17日

16巻 (電子書籍)

2020年05月15日発売(アルの予想)

ランウェイで笑ってとは

『ランウェイで笑って』は猪ノ谷言葉(いのやことば)先生が描くファッションマンガです。2017年5月から週刊少年マガジン(講談社)にて連載中で、マンガ大賞2018にて6位になったり、コミック11巻の時点で累計125万部突破しています。

そして、2020年1月にアニメ化も決まている今ノリに乗っている大注目の作品です!

ランウェイで笑っての魅力

『ランウェイで笑って』の魅力は、少年マンガにしては稀なファッションというジャンルにも関わらず、涙なしでは読み進められないくらい熱く、それぞれのキャラクターたちに感情移入せずにはいられないTHE王道少年マンガなストーリーです。

パリコレモデルを目指す身長158㎝の藤戸千雪とトップデザイナーを目指す高校生都村育人が主人公のマンガなのですがとっても対照的な二人。

千雪は父親がモデル事務所の社長でビジュアルもスタイルもよく環境に恵まれているけど、絶対的に足りないものが身長。パリコレモデルになるためには少なくともあと20㎝は足りないんです。努力ではどうにもならないはずなのに諦めず努力を怠らない強さを持っています。

けんすう👀🚀

このシーンの目がやばい!

一方、育人は幼少のころから家族の為に服作りが好きでファッションデザイナーが夢でした。でも、服作りの才能はあるのに育人の家は母子家庭かつ3人の妹がいる長男でとっても貧しく、自分の夢よりも妹たちの将来の為、夢を諦め就職しようと環境に恵まれていないんです。そんな中、クラスメイトの千雪に目をつけられたのがきっかけで、どんどんデザイナーとしてのチャンスが巡ってくる育人。逆シンデレラストーリー!

はなはな

きれい 側にいなくても背中を押してくれる相手って最強

そんな対照的な二人だからこそ起こる化学反応がくすっと面白く、そしてお互いに不可能だと思われている夢に向かって影響し合いながら全力で進んで成長していく姿が最高にかっこいいんです。

けんすう👀🚀

最初読んだ時号泣しました

だからそんな二人の姿は応援せずにはいられず、不可能だと思える夢も二人だったらやってくれるんじゃないかと魅せてくれます!

そしてこのマンガ、ファッションを舞台にガッチガチのバトルを繰り広げているんですがそれを可能にしているのが圧倒的な画力と表現力!

ファッションマンガなので、服もたくさん出てくるんですが、もう、ほんとすごいんです。白黒のはずなのにきらきらして見えるんです。鳥肌ものなんです。

見てください、この世界観!!

はなはな

美しすぎる、、!

はなはな

風を感じる

はなはな

爽やか

美しすぎませんか?!

アニメ化もされたらさらに人気大爆発することなしの大注目マンガです!

はなはな

高めあえる関係

『ランウェイで笑って』あらすじ

※あらすじでは1話についてまとめています。多少ネタバレも含みます。

はなはな

圧倒的ヒロイン

藤戸千雪が10歳の時、小4ですでに158㎝、顔もスタイルも抜群で父親が社長であるモデル事務所「ミルネージュ」の期待の星でした。千雪も含め、誰もがパリコレモデルになれる逸材だと思っていたのですが、そこから1㎝も身長が伸びることもなく高校3年生を迎えてしまいます。

パリコレに出るためには最低でも175㎝必要と言われていて、千雪の158㎝というのは絶望的な身長です。周りから無理だ諦めろと言われるも絶対に諦めなかったため、父親である社長から2年前にクビを宣告されてしまいます。

それでも諦めない千雪は、何度落ちようともめげずに「ミルネージュ」のオーディションを受け続けるもやはり現実は甘くありません。

ケータロー

憧れの存在からの否定、切ない

そんな中、クラスメイトの育人の存在に気づき、育人が服作りが好きなこと、ファッションデザイナーという夢がありながらも家庭の環境で夢を諦めて就職するということを知ります。

育人が千雪に高卒でファッションデザイナーになれると思うかと聞いたとき、「無理なんじゃないの」と返した千雪だったのですが、目指したいものがあるのに生まれ持ったモノがそれを許してくれないという境遇を育人と自分自身を重ね、自分が放った言葉の重さに気づいてしまいました。

ケータロー

突きつけられる自身の思い

自分が自分を無理だって否定してしまえばそこで夢は終わってしまう。

不安を感じながらもも、やっぱり千雪はミルネージュで活躍するモデルになりたい!これは無理じゃないということを証明するべく、育人に千雪が一番魅力的に着れる服を作ってくれるようにお願いします。

ケータロー

グッとくる😭

そして育人が作ってくれた服を着て再度オーディションに挑みました!

158㎝のパリコレモデルなんて絶対にあり得ない。あり得ないはずなのに、、

はなはな

パリ!!

千雪が尊敬する元ミルネージュのパリコレモデルで今は事務所で働いている雫さんがオーディションの審査を毎回しているのですが、千雪が育人の服を着て入ってきた瞬間に可能性をみてしまいます。千雪の決意を聞き、再度契約をすることを決めました。

千雪が「ミルネージュ」にこだわる理由。それはとても大切なものだから。

はなはな

千雪にとってとても大切なもの

そして、これは千雪だけの話ではありません。千雪がオーディションを受ける前に育人が作った服でファッション誌の街角スナップで写真を撮ったのですが、その写真が人気モデルがSNSに挙げたことをきっかけに、「ミルネージュ」に服の問い合わせが殺到します!

そして藤戸社長に呼ばれる千雪と共に呼ばれる育人。

なんと、千雪に作った服のデザインを買い取らせてほしいこと、そして藤戸社長が以前、小さい頃千雪に向けられていた(才能をみる)目を育人に向け、ブランド「ミルネージュ」のデザイナーをしてみないかと誘います。

はなはな

複雑だろうなー

しかし、千雪は社長と育人に隠していたことがあって、、!?

『ランウェイで笑って』登場人物

藤戸千雪(ふじと ちゆき)

はなはな

夢は叶うものじゃなく叶える

パリコレモデルを目指す、身長158㎝の女子高生。スタイル抜群で努力も人一倍怠らないが、身長は10歳の頃から全く伸びていない。それでも諦めずに父親が社長を務めるモデル事務所「ミルネージュ」から、モデル平均身長約179㎝のパリコレ出演を目指している。

都村育人(つむら いくと)

はなはな

認めてもらうためには自分から一歩踏み出すのが大事!!

ファッションデザイナー志望の男子高校生。母子家庭の長男で3人の妹がいる。心優しく家族想いで責任感がある。小さい頃から服を作るのが好きだったが、家庭が経済的に困窮しているために、家計を支えるべく、ファッションデザイナーの夢を諦めて就職することを考えている。

柳田一(やなぎだ はじめ)

はなはな

東京コレクションで成功が世界で戦えるブランドになれるかどうかの分かれ目

ブランド「HAZIME YANAGIDA」を主宰している新進気鋭のファッションデザイナー。パリファッションウィークに出て、自身のブランドを世界に定着させるという野望を持つ。デザイナーとして独立する前は、ミルネージュのデザイナーとして勤めていた。

長谷川心(はせがわ こころ)

はなはな

心ちゃんすごいモデルです

服飾芸科大学・服飾科1年生。

181㎝の高身長で、ファッションモデルとして類稀な才能を持っているが、綾野麻衣に憧れファッションデザイナーを志している。高身長がコンプレックスで、自分に自信がなくいつもおどおどしている。でも、努力家。

綾乃遠(あやの とお)

はなはな

ストイックー!

服飾芸華大学・服飾科4年生。

圧倒的天才学生デザイナーで、すでに祖母である綾野麻衣のブランド「Aphro I dite」で働いている。抱きしめるだけで3サイズを当てる特技をもつ。とってもストイック。

藤戸研二(ふじと けんじ)

千雪の父であり、モデル事務所ミルネージュの社長。

はなはな

千雪のパパ

雫(しずく)

千雪の憧れの存在。かつてミルネージュから初めて出たパリコレモデル。今はミルネージュで働いている。

はなはな

もはや親が子をみるよう

都村ほのか

都村家の長女で、高校生。成績優秀で先生からはどこの大学でも目指せると言われているけど、育人が夢を諦めて就職しようとしていることを知り、進学を悩んでいる。

都村葵(つむら あおい)

都村家の次女で、中学生。バレーが上手で人気者。強豪校からの誘いを遠征費が高いって理由で断っている。

都村いち花(つむら いちか)

都村家の三女で、保育園に通っている。育人の作る服が大好き。

はなはな

都村一家

綾野麻衣(あやの まい)

世界的デザイナー。ブランド「Aphro I dite」の社長。

はなはな

トップデザイナー

『ランウェイで笑って』名言

夢は叶うものじゃなくて叶えるもの… 気持ちが負けたら運も負ける だからわたしは口に出す 言葉にしなきゃ叶うものも叶わない

引用元:(千雪・1巻)

千雪は夢を口に出す。自分を奮い立たせるために学校でだって夢を叫ぶ!それが彼女の強さの秘訣です!

服が心を引っ張ってくれる感じ… 服は人を変えられる

引用元:(育人・1巻)

育人が服を大好きな理由の一つ。

好きの先に何か見つけねーと待ってるのは挫折だけ

引用元:(柳田・3巻)

柳田が育人にどうしてデザイナーになりたいのか質問した際にしたアドバイス。ちなみに柳田の野望は、パリファッションウィークに出て”HAJIME YANAGIDA"を世界に定着させること!

やりたいことはやるべきで…認めてもらうためには自分から一歩踏み出す

引用元:(育人・4巻)

育人が心に、マネージャーに認めてもらうために芸華祭のファッションショーに出ようと訴えかけているときのセリフ。育人が千雪の姿を通して学んだ言葉です。

コネの後に結果を出すのが本物だ

引用元:(柳田・11巻)

人脈を使うことは何も悪くない。コネがあればなんでも楽に進むとは限らない。だから結果を出すために努力は惜しまない。それが柳田一!

作品を楽しむためのキーワード(ファッション用語)

パリコレ(パリコレクション)

服飾ブランドが行う新作発表会の総称。パリを含めた五大コレクション(パリ、ミラノ、ロンドン、NY、東京)に出場することが世界中のショーモデルやファッションデザイナーの夢となっている。

ショーモデル

服の魅力を最大限に魅せることなので、ビジュアルも大切だが背の高さや手足の細長さが最も重要視される。

ランウェイ

ファッションショーの間、モデルたちが服やアクセサリーのデモンストレーションを行う舞台。いわゆる花道。

ミルネージュ

千雪の父親が社長を務めるモデル事務所。アパレル産業や化粧品業界にも進出している。ブランドの名前の由来はフランス語で「千の雪」。

ブランドコンセプト

ブランドを一言で表す”概念”のこと。フランスの有名ブランド・シャネルのコンセプトは「女による女のためのモード」。

モード

パリ・コレクションなどにおける最新の表現方法。日本では「非凡なおしゃれ」という意味でも使われている、定義づけが曖昧な用語。

ファッションデザイナー

ファッション関連の中でも、「花形職業」と言われている仕事。服飾・ファッション分野のデザインを専門とする者を指す。

パタンナー(パターンメーカー)

ファッションデザイナーのイメージしたデザイン画を元にアパレル・ファッション分野の型紙(パターン)を作ることを専門とする者を指す。

ちなみに、日本ではパタンナーは「ファッションデザイナーのアシスタント的ポジション」との偏見をもたれがちだが、ファッションデザイナーとパタンナーは対等の関係。

猪ノ谷言葉(いのやことば)先生の情報

猪ノ谷先生の詳しいプロフィールはあまりないのですが、『ランウェイで笑って』公式Twitterの情報によると2019年11月時点で26歳になられたそうです。

2015年、『星に願いを』で講談社が主催する第95回新人漫画賞で特選を受賞。(なんと史上4人目!)

『ランウェイで笑って』は連載デビュー作品です。

今はまだ謎のベールに包まれている猪ノ谷先生ですが、デビュー作品とは思えない画力と物語!これからの先生の更なる活躍に胸が躍ります!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

ランウェイで笑っての記事

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

【理不尽を努力でねじ伏せる物語】 「人生は自力で切り開く」 「長い道のりを超えてでも遠くへ行きたい」 「グチを言うなら解決策を探す」 そんな人に読んでほしい作品です。 ーあらすじー ■主人公は2人の高校生。パリコレモデルを目指す女の子と、トップデザイナーを目指す男の子。 ■男の子は経済的な理由から夢を諦めようとしていた。 ■女の子はモデルとしては絶望的に身長が足りなくても、1ミリも夢を諦めなかった。 ■2人は出会い、やがてそれぞれの目指すところへ向かう。いくつもの障害を、努力と工夫でねじ伏せて。 華やかなファッション業界を舞台にした、とても泥臭くて熱い作品です。 自分の目指したいところがあっても、必要なものを持っていないことがあります。 それはこのマンガで言えば勉強するための資金だったり、20センチの身長だったり。 それが「生まれついてのもの」「どうしようもないもの」であるほど、理不尽さを飲み込むために喉が焼けつきそうな思いをしないといけません。 テストの点数に、ボールや足の遅さに、絵の上手い下手に、その灼熱の理不尽を飲み込んだ人もいると思います。 だからこそ「飲み込まない」という生き方をしている人を見ると、胸を熱くする。 どれだけ壁が高くても、レンガを積みはしごを掛け、ドリルで穴あけも試したりしながら、その向こうを目指す。 その理不尽を、絶対に飲み込まない。 これは、綺麗な絵柄でつづられる血と汗と泥にまみれた物語。 人生を自分で切り開きたい人に、ぜひおすすめです!

2019年12月26日

このマンガを読んでいる人はこんなマンガも読んでいます

彼方のアストラ

宇宙への往来が当たり前になった近未来。高校生のカナタ、アリエスら9名は“惑星キャンプ”に旅立つ。未体験の宇宙旅行に胸を躍らせながら惑星に降り立った彼らを待ち受ける、予想外の事態とは!? 近未来SFサバイバルストーリー、始動!!

監獄学園

女子1000人:男子5人!! その学園は男(ヤロウ)共にとって天国か地獄か。誰も見たことがない牢獄高校(ハイスクール)コメディ始業!! 伝統ある全寮制の女子高・私立八光(はちみつ)学園。このお嬢様学校が本年度から男子を入学させることとなった。しかし入ってきた男子はたったの5人。そのうちの一人、清志(キヨシ)は女だらけの環境に胸躍らせていた。その先に驚愕の未来が待っているとは知らずに……。

マージナル・オペレーション

ラノベやゲームを愛好するニート・新田良太(あらた・りょうた)。7年続けたニートの立場に耐えかね一念発起、ネットで見つけた外資系軍事企業PMSCsの好条件に魅力を感じ出来心で応募するが……。30歳ニート、異国で知る世界の現実に震える! 『ガンパレード・マーチ』の芝村裕吏が描く人気小説に、気鋭のイラストレーター・キムラダイスケが挑む! これまでのミリタリーアクションとは一線を画す、このうえなくリアルな戦場成長シリーズが開幕!

甘々と稲妻

妻を亡くし、ひとりで娘の子育てに奮戦する数学教師・犬塚。料理が苦手で小食で味オンチな彼は、ひょんなことから教え子・飯田小鳥と、一緒にごはんを作って娘と3人で食べることに!! 月刊「good!アフタヌーン」誌上で連載開始当初から話題沸騰! 愛娘&女子高生と囲む、両手に花の食卓ドラマ、開幕です!!

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

同じタグのマンガ

服を着るならこんなふうに

縞野やえ/著 MB/著

既刊10巻

海月姫

東村アキコ

全18巻完結

海月姫

東村アキコ

全18巻完結

ジェリービーンズ

安野モヨコ/著

全4巻完結

タグからマンガを探す