五等分の花嫁

春場ねぎ/著

新刊情報
最新刊 13巻
2020年01月17日

14巻は、2020年03月20日に発売(電子書籍)

アルが独自に算出

五等分の花嫁は以下のサービスで無料で読めます。

【第1話】五等分の花嫁

マガポケ

【第2話】お宅訪問

マガポケ

【第3話】屋上の告白

マガポケ

五等分の花嫁

5人の美少女と主人公、上杉風太郎が織りなすラブコメディ。そこには読む人が感情移入できる「彼女」が必ずいます!
転校してきた美しい五つ子姉妹を無事に卒業させるというミッションを背負って家庭教師を引き受ける、そこで未来は始まった!
約束された未来から語られるそこに至るまでの物語。その夢のような日々を一緒に紐解こう!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

五等分の花嫁の記事

『五等分の花嫁』最新113話のざわつきが止まらない!

本日12/4(水)に発売の週刊少年マガジンの中で、人気連載中のマンガ『五等分の花嫁』の最新話がTwitterで話題です。※この記事にはネタバレは含みません。『五等分の花嫁』は、5つ子の誰か1人と結婚することが決まっているというストーリー。一体どの子が花嫁になるのか、100話以上、12巻までみんなで見守ってきました。ついに...花嫁が誰だかわかっちゃった?!発売日の0時からTwitterトレンド入り12/4になって間もない0時台に、「#五等分の花嫁」がトレンド入りしていました。最新の113話では、ついに花嫁となる子との確信的ともとれるシーンが・・・。推しに「おめでとう」を伝える人や一緒に悲しむ人など...反応は様々...(ツイートの中にはネタバレも含んでいるものがあるので検索する方はご注意を...)単行本は14巻で完結!とのこともうそろそろ終わっちゃうのか?!とのファンの嘆きを受けてか、作者の春場ねぎ先生が最終巻についての言及ツイートがされました。さみしい!ネタバレありのアルチャットで感想を叫ぼう!心の内を叫びたい方、同志と共感したい方、匿名で気軽に参加できるチャット「アルチャット」で好きなだけ叫んでください。👇👇登録・ログイン不要👇👇五等分の花嫁の最新話読んだ人、ちょっと集まって! 【アルチャット】

#推しが強い 『五等分の花嫁』を愛する選ばれし民が「自分だけが知っている魅力」を語った結果!

コミックスの累計発行部数が600万部を突破し、アルでのコマ投稿数もTOP3に入る大人気マンガ『五等分の花嫁』。キュートな五つ子と、家庭教師となったクラスメイト風太郎との恋愛コメディマンガです。「推し」をプレゼンする大会をやろう!先日『五等分の花嫁』が大好きだ!というアルのファンに集まっていただき、事前に1人1キャラ担当を決めて、推しプレゼンをしてもらう座談会を行いました。「これは争いではない」「勝ち負けはない」と平和を強調して募集し、集まっていただいたみなさん。このプレゼンは、誰が一番いいかを決めるのではなく、「他にも好きになるとしたら誰か」「心変わりするなら誰か」を判断するのが目的です。平和です。だって、みんなそれぞれかわいいじゃないですかさぁアツい布教が今、始まります!それではプレゼンスタート!大人っぽいけど目が離せない、一花 byあるちさんもともと僕は四葉派だったんですけど...今回一花のプレゼンを担当することになり、一花推しに転身しました!よろしくお願いします!「姉である」ことの魅力一花の魅力はやっぱり「姉」であること。妹の4人にも、風太郎にも姉として接しているのは一花だけなんですよね。姉として5人を支えていこう、という責任感が強いところが応援したくなります。風太郎への愛が「姉」を崩壊させる!?でもちょっと見て下さい。風太郎に告白しようとする三玖を止めるために嘘つきを演じるこの場面。風太郎を手に入れるためにここまで「あくどい」ことをするのって、一花だけなんですよね。姉としての責任感も、風太郎を手に入れるためなら放棄してしまうその危うさ。大人というよりもむしろわがままな子供のような印象を持ちました。実は誰よりも脆いのが一花なんじゃないかな...。心配...。内面の成長、そして変化ただそんな一花も、風太郎や姉妹との関わりを通して少しずつ変化が現れます。それは、今までは自分が好きな人を手に入れるために嘘をついていたのが、姉妹のために嘘をつくようになったということ。これがもどかしい...。それだったら他人を蹴落とすために嘘をつく一花のままでもよかったんじゃないか...なんて思ってしまいました。作品が終わった後も、一花が人としてどう成長していくのかをずっと見ていきたい。そんな目が離せないヒロインが一花です!姉妹の中で一番の「今っぽさ」!社会性バツグンの二乃 byくまみ『実は一番の「今っぽ」女子高生二乃の魅力!』というタイトルで次女・二乃の魅力を語っていきたいと思います!みんなの二乃のイメージまず一般的に言われている二乃のイメージ。「ツンデレ」や「負けず嫌い」ですね。あとはお料理が上手だったり。姉妹を大切に思っているのもステキですよね。二乃は5人の中で一番社会性が高い!?でも、実は二乃って一番「社会性」の高い女子高生なんじゃないかと思うんです。自分が求められている役割を理解して、やりきっている。これってすごく現代的だなあと思います。それからこんな特徴があります。ツンデレというキャラクターは昔からあるけど、二乃はツンデレと社会性をあわせ持つ令和の女子高生っぽい!(笑)さらに、二乃は謝るべき場面では素直にちゃんと謝る。そして姉妹がピンチの時にはさりげなくアシストする。更に物事を前に進める力がある。読み返してもらえば分かるんですけど、そういうシーンがすごく多いんですよ。自分をさらけ出したときの二乃のかわいさそんな社会性抜群の二乃だからこそ...自分が生きたいように生きている時の可愛さがヤバイ!金太郎(風太郎の変装)をキャンプファイヤーに誘うシーン最高!いつもは上から睨みをきかせるカットが多いんですが、この下から見上げるアングル、いいですね。風太郎!二乃を開放してくれ!自分に何が求められているかが分かるし、それに自然と順応できちゃうからこそ、少し抑制されている部分もあるのかなと思います。でも、それを解放してくれる存在が風太郎ですよね!現代的な女の子で、協調性と絆を大切にするけど、それじゃあ生きにくいから風太郎頼むわよっ!と思っています。最後に、ありのままの二乃の可愛らしさが現れているコマを紹介!ぜひ皆さんには二乃がメインじゃないシーンで二乃がどう動いているかを気にしながら読み直してほしいです。どれだけ周囲のために動いている子なのかが、きっと分かるはずですっ!殻を破って成長し続ける姿が胸を打つ 三玖 byしょーたさん僕は最初一花推しだったんですが、今回のイベントをきっかけに三玖の魅力を皆さんに伝えたいという思いが爆発しました!よろしくお願いします!五つ子イチの表情の豊かさ三玖の魅力は、まずなんといっても表情の豊かさ!1巻の時点で多彩な表情を見せてくれてます...ずるいですよね(笑)そりゃみんなが三玖を好きになるわけです。戦国武将もびっくりの軍師三玖を推す理由はもう一つ。相手に気づかれないところで頑張る所。このシーンでは「風太郎に会えるかもしれないから来たわけじゃないよ」って口に出しちゃってますけど!風林火山でいうと、「徐(しず)かなること林の如く」でしょうか(笑)たゆまぬ努力と着実に成長していく姿風太郎のチョコレートの好みを知るために努力するところもキュンとしますよね。そして、三玖が二乃に頭を下げて、料理の教えを請うシーン。犬猿の中だったのに、風太郎に美味しいチョコを渡すために素直に頭を下げる三玖。彼女の人としての成長がうかがえて素敵です。そんな三玖の頑張りを風太郎が認めてくれたこのシーンもグッとくる。ここは読者みんなの気持ちを風太郎が代弁してくれたなと思います。ありがとう!三玖を見ていればひしひしと伝わってくるように、成功は失敗の先にあるんですよ!もう好きを通り越して、三玖のような人になりたいと思えます!!以上です!圧倒的な癒やし&応援したくなる女の子No.1 四葉 byえんどうさん四葉が愛される理由は、みんなが疲れているから!?まず初めに、なんで四葉がこんなに人気なんだろう?と考えたんですが...今、たくさんの人が疲れていますよね。だから、癒し効果のある四葉を求めているんじゃないかと仮説を立てました。四葉を愛でたらすべてが解決するのかなと。四葉って嘘がつくのが苦手ですごく純粋な女の子。僕たちは正直な人を見るとやっぱり安心しますし、そういった心の癒やしを求めてる人が多いのではと感じました。人のために動く人を応援したくなる!それから四葉は自分のことは二の次で、人のために動くことが多いですよね。たくさんGiveする人のことは、まわりも応援したくなります。人を全力で応援できる人が、一番応援される時代の中で、まさに四葉はそういうキャラクターだなと思います。そんな四葉が「自分史上一番頑張った」と言っていたテストで報われた時は、本当に嬉しくなりました...。そして、四葉の本質は、彼女の過去を知ることでより深く知ることが出来ます。四葉の四つの心の変化に気づいて!過去の葛藤と姉妹の救いがあったからからこそ、今の四葉がある。四葉の心情は、戸惑い、焦り、拒絶、救いを経て今に至っています。まず、5人の中で最初に自我を持ったのが四葉。「なんで5人はいつも一緒にいなきゃいけないんだろう?」と戸惑いを覚えます。その後、京都での一件もあり今ではトレードマークのリボンをつけてみたり、「周りの4人と私は違うんだ」という焦りが少しずつ大きくなっていき...、つい姉妹の親切心も拒否するようになってしまいます。今まで見てきた四葉とはかなりギャップを感じますね...。その後、四葉は見下してたはずの4人に救われることとなり、今の四葉へと変わっていったんですね。4人に救われた過去があり、それぞれの気持ちを知っているからこそ、今は自分の気持ちを押し殺している。葛藤の先の抑制風太郎に好きな人ができたら全力でお手伝いしますよ!と言った後に、このありえませんの表情の対比。ここまで自分を押し殺さなくても...と思うし、僕が過去を知ってしまったからこそ、更に応援したくなってしまいます。四葉には見るだけで頑張れる、特大な癒やし効果があると心から確信しています!真面目で努力家、今後が気になる五月 byえーきさん真面目で食いしん坊なところがかわいい!癖のあるロングヘアと星柄のヘアピンがトレードマークの五月。まずかわいいのが真面目で勉強熱心なところ。ただ要領が悪いんですよね...。なかなか上手くいかず、風太郎と衝突することもあります。このシーンでは、完全に風太郎の言い方が悪いですが(笑)2つ目は、食いしん坊なところ。姉妹は5人の体重の合計が250kgという設定だけど、彼女だけ摂取カロリーが明らかに多い(笑)でも、女の子らしく体重はちゃんと気にしてる所がイイですね!そんな五月ですが、他の姉妹とは少し違う立ち位置にいます。それは、五月だけが風太郎の家に何度も出入りしていること。風太郎の妹の「らいは」と個別に連絡して会ったり、カレーをごちそうになったり。二乃と喧嘩して家出をした際には、なんと風太郎の家に泊まりました。彼女かよ!(笑)つまり風太郎の事情を一番把握しているのが五月です。事情が分かっているからこそ、外から見てアタフタする五月も可愛い!風太郎のこと....好き?今のところ、姉妹の中で唯一風太郎にハッキリとした好意を抱いていないのが五月ですが、少しずつ目に見える変化が現れてきます。3巻で風太郎の手を握れるか?というシーンがあるのですが、ここでは「やっぱ無理ぃ・・・」とどよーんとしてますね。だけど11巻では「ドキン」と反応しながら、実際に手を握ってウォータースライダーを滑っています。これから五月の気持ちがどういう方向に動いていくのか...注目ですね!「推し増し」「推し変」はあったのか!?さて5人のプレゼンは終了!感想戦と「推し増し」、「推し変」があったかどうかを言い合います。自らの推しは変わるのか、それとも増えるのか。はたまた変わらないのか...!?参加者たちの心境の変化を発表してもらいましょう!あるちさん(一花推し)「本当にみなさんの熱量がすごくて、あと5回は読み返さないといけないと思っています(笑)そして、推し変ですが...しません!」「ただ、推し増しで四葉を選びます!一花と四葉は、一歩引いた立場で物事を見てるという点で共通点があるなと感じました。そしてポジティブな部分だけじゃなく、自らのネガティブな一面もさらけ出してくれている2人でもあります。そんな2人をこれからは応援し続けていこうと思います!」くまみさん(二乃推し)「皆さんのプレゼンを聴いて、新しい発見が沢山ありました!ありがとうございました!私は今までは二乃を推していましたが...推し変します!...一花です。今日のプレゼンを聞くまでは、実は一花には全く興味がなかったんですが...彼女は今のままじゃ報われないんじゃないかなと感じました。だから、これから応援していきます!」しょーたさん(三玖推し)「今まで生きてきた中で、こんなに人のプレゼンをちゃんと見たのは初めてです(笑)」「さてやっぱり僕は、どうしても三玖です。ただ、推し増しとして...一花かなと。一花はもともと好きだったんですが、修学旅行変で闇落ちしちゃった時に少し嫌いになってしまって...。でも今回のプレゼンを聞いて、それも含めて好きでいたいなと思えました!2人とも応援していきます!」えんどうさん(四葉推し)「僕は四葉から変わらないんですが...推し増しとして、五月を選びます。」「理由は、この先の展開が読めない2人だからです。一花、二乃、三玖の3人はなんとなくキャラクター性が出きった気がするんですね。ただこの2人は、まだこの先どうなるかが予測しにくい。だからこそ、応援していきたいと思います!」えーきさん(五月の推し)「うーん。もう、全員推させて下さい!(笑)」「こればっかりはもう仕方ないです。その子のメインの回を読むごとに推しが変わってしまうくらいなので...。本当に5人とも魅力的なキャラクターですし、これからは全員を応援していきます!」キャラクターにフォーカスして読み返してみよう読者のみなさんは、プレゼンを見て変化はありましたか?それぞれのキャラクターがもつ「危うさ」や「かわいらしさ」、「成長ぶり」に改めてフォーカスしながら読み直すと、まだ気がついていない『五等分の花嫁』の魅力を発見できるかもしれません。そして、もし「私だけが気づいた魅力!」があれば、「このマンガの好きなところ」や「コマ投稿」で教えて下さい。座談会の最後は記念撮影!みなさんありがとうございました!会員制コミュニティ「アル開発室」メンバー募集中!今回集まっていただいたメンバーは、アルが運営している会員制コミュニティ「アル開発室」のメンバーです。日替わりで「アルの今」やマンガ企画の裏側などのコンテンツを共有し、アルを応援していただいています。アプリやWebから「見えているアル」だけでなく、形になる前や裏側、未来の話を一緒にしながらもっとマンガを楽しくしていきましょう!ご興味のアル方はぜひご入会ください。初月無料です。https://salon.jp/alu

君の推しは誰だ!?可愛さ溢れる“五つ子”ヒロインたち達と送る青春ラブコメ『五等分の花嫁』

個性豊かな5人のヒロイン達の魅力ヒロインが5人。更にそのヒロインたちは、世にも珍しい五つ子の女子高生。この設定だけで既にトキメキが止まらない!頼れるお姉さんの長女・一花(いちか)。家族想いが故に主人公との衝突も多い次女・二乃(にの)。大人しく見えるが、熱い想いを内に秘める三女・三玖(みく)。天真爛漫なムードメーカーの四女・四葉(よつば)。真面目で頑張り屋さんの五女・五月(いつき)。可愛さ溢れる五つ子ちゃんたちの日常を見逃すな!随所に散りばめられている巧妙な伏線実はこの漫画、ただのラブコメではない。ミステリー顔負けの伏線が随所に散りばめられているのだ。第1話では既に主人公の風太郎が五つ子の誰かと将来結婚することになることが分かっている。しかし、それが五つ子の誰なのかはまだ読者も知らない(五つ子で皆顔が同じなので、花嫁姿を見ても区別がつかない!笑)将来風太郎の花嫁になるのはいったい誰なのか、というのは全ての読者が気になっているところだが、その伏線や考察材料が各所に散らばっているのだ。(第1話のこのシーンも、背景に隠されたストーリーがあったり、、、!?)ストーリーも緻密に練られた、何度も何度も読み返したくなるマンガなのだ。こんなラブコメ初めてだよっ!!人気爆発中!花嫁展も開催!五等分の花嫁の人気は現在爆発中だ。アニメの第2期の放送が決定しただけではなく、五等分の花嫁展東京と大阪で開催!東京では2019年8月17日〜9月1日、池袋 サンシャインシティワールドインポートマートビル4F 展示ホールAにて開催中!その後大阪で2019年11月9日〜11日17日まで、大阪南港 ATC Gallery(ITM棟2F)で開催。チケット情報など詳細は公式サイトをチェック!この大人気の波に君も乗るしかない!五つ子ちゃんたちの可愛さを、ぜひ共に語り合おうではないか!!

読みはじめたらひとりごとが止まらない!五つ子の美女たちがかわいすぎる『五等分の花嫁』

夢に出てくるくらい世界観に引きこまれるマンガがあります。起きた瞬間、「なんで夢なんだよ!」と悔しくなってしまうほどに。それは『五等分の花嫁』というラブコメディーマンガです。『五等分の花嫁』のあらすじ成績優秀で、家が借金を抱える高校2年生の風太郎に好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込みます。家庭教師の相手はなんと五人!しかも五姉妹!まさかの五つ子!そして全員が美少女だったのです!一方、勉強嫌いで落第寸前という共通点も…。そんななか、依頼者である父親に「五つ子全員を高校卒業に導かないとクビ」という条件をだされ絶体絶命。物語が進むにつれ巻き起こる風太郎と五つ子の間、そして五つ子同士間の(時には嬉し楽しい)トラブルを乗り越えながら、彼らは成長していきます。その果てにある物語のゴールは、第一巻の冒頭に描かれたあの名シーン!『五等分の花嫁』の主要登場人物!家が貧乏な高校二年生・上杉風太郎借金返済のため、家庭教師のアルバイトをすることになった風太郎。成績は優秀で100点とるのが通常です。優秀である一方、蔭口を言われてもノーダメージなくらいマイペースな一面もあります。「え?なんだこいつ?」と、筆者もつい口に出してしまいました。五つ子の長女・中野一花五姉妹の長女、一花。面倒見のいいタイプですが、部屋が汚かったり寝るとき服を着てなかったりと、だらしない一面も持っています。五つ子の次女・中野二乃強気な言動で家庭教師の風太郎とよくぶつかるキツい性格の次女の二乃ですが、もっとも姉妹を思いやる優しい面もあります。強気なキャラクターからは意外かもしれませんし案外定番!かもしれませんが、五つ子の炊事を担当していて料理が得意なのも魅力です。五つ子の三女・中野三玖最初は口数が少なく、クールな印象の三女、三玖。実は戦国武将が好きというマニアックな一面もあり、風太郎と戦国武将しりとりをするシーンでは、クールな印象とのギャップにグッときました。五つ子の四女・中野四葉五つ子の中で一番子供っぽく、元気あふれる四女の四葉。人から必要とされるとうれしくて、断れない性格です。周りに合わせすぎてしまい自分がわからなくなってしまったシーンでは、ついウルっとしてしまいました。五つ子の五女・中野五月五つ子の中で一番のがんばり屋の五女、五月。しかし、むなしくもなかなか結果のでない不器用な性格なので、「五月がんばれ…!」と思わず応援してしまいます。また、忘れちゃいけないのが、食べるのが大好きなこと。食いしん坊に悪い子はいません!キュンキュンするシーンから、考えさせられるシーンまで「現実世界じゃまず言われないだろうけど、実際に言われてみたい…」という、絶妙なセリフ。「自分の夢、やりたいことってなんだろう?」と突然考えさせらえたり。笑えるちょっとエッチなシーンも。没入感は100%!つい風太郎の目線でドキドキしてしまったり、第三者目線で「いやー、それはダメだろ!」とついつっこんでしまったり、口から声が漏れてしまうくらい悲しんだり。ひとりごとが出てしまうくらい物語に入り込んでしまうマンガなので、仕事に疲れていて、何かにのめりこむ充実感を味わいたい人はぜひ読んでみてください。『五等分の花嫁』は、ただのラブコメディーじゃない!

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみて下さい!

このマンガがある本棚

このマンガを読んだ人におすすめ!最高必読のオススメマンガ

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿