聲の形

大今良時

全7巻完結

「俺は彼女が嫌いだった」――明るく! 楽しく! 大冒険! がモットーの少年、石田将也(いしだ・しょうや)。耳の聞こえない転校生の少女、西宮硝子(にしみや・しょうこ)。2人の出会いが、教室を、学校を、そして将也の人生を変えていく――。余りにもみずみずしい青春のカケラたち。最高に切なく、心ゆさぶる物語が生まれました。

3行でわかる聲の形

聴覚障害をきっかけにいじめられる西宮硝子

聴覚障害を理由にいじめを行った石田将也

その贖罪の先にいるあなたは硝子なのか将也なのか、傍観者なのか彼女の母親なのか

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

聲の形の記事

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

【みんなと違うあの子と、仲良くできる?】 似た者どうしで仲良くなるのは簡単だけど、そうじゃない人とは難しい。 考え方や意見が違う人とはすぐぶつかりあってしまう。 「そんな人と仲良くなるためにはどうしたらいいんだろう?」ということをずっと問いかけた作品だと思っています。 ーあらすじー ・小学校に転校してきた女の子にはある特徴があった ・「耳が聞こえない」その子は、次第にクラスから浮いていく ・活発なある男子は、その子をいじめの標的にし始めた ・しかし、あるっきかけからその男子が孤立してしまう ・数年後、高校生になった女の子と男子は出会う このマンガの魅力は圧倒的なリアリティーと表現の鮮やかさ。 それを支えてくれるのが心理描写の奥深さと、繊細な絵柄です。 まず冒頭で耳の聞こえないヒロインが転校してきてからの流れ。ここからもう胸を打つほどにリアルです。 最初は受け入れようと頑張る先生と生徒が、だんだんと不満を抱えてしまう様子。「特別あつかい」が「腫れ物にさわる」になり「無視」に変わっていく空気感。 読んでいて教室の後ろのヒソヒソ声が聞こえてきそうなほどのリアリティーでした。 それを伝えてくれる心理描写の奥深さもすごいです。 主人公の男子が作中で、ヒロインにいじめっぽいことをするのですが、そこへ至るまでの変化がとても自然なのです。 最初は男子なりに普通に接していたのが、それがうまくいかないことが続き、少しずつ「その子への行動」を変え始める。 男子なりにその子への対応を検討した結果、行き着いたのがいじめな行動だったのです。 なので男子に悪意は全くありません。悪いことをしているとも思っていません。その無邪気さが逆に怖くなるシーンです。 数年後、2人は高校生になって再会します。 そして描かれるのが、大人になったからこそ感じる「他者と関係性を作り上げる難しさ」。 2人以外のキャラクターも入り乱れ、人と人との間にある糸は、さらに濃くさらに鮮やかに物語を織り上げます。 人が人と仲良くなる意味を、このマンガに見つけに行きましょう!

2019年10月04日

このマンガがある本棚

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿